お世話になっております。陰陽課です (メディアワークス文庫)

  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年11月25日発売)
3.48
  • (3)
  • (9)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :141
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048655019

作品紹介・あらすじ

妖怪だって市民です! 京都の町を舞台に、妖怪たちの生活を守る新米公務員の奮闘記!

念願の公務員に採用され、京都市役所で働くことになった火乃宮祈理。入庁式を終えて彼女が配属されたのは、通称・陰陽課。京都の町には人間に紛れて暮らす妖怪がたくさんいて、そこは市民である彼らの生活を守る部署だというのだ。
混乱する祈理の教育係についたのは、白銀の髪に赤いシャツでガラの悪い、公認陰陽師の五行主任。妖怪の次は陰陽師……? と、訝しむ祈理は、陰陽師らしからぬ風貌の五行と、町を治める鬼や狐の親分との顔合わせに向かうことになるのだが……。
不良陰陽師×マジメ女子の凸凹コンビによる、不思議な公務員生活が始まります。

お世話になっております。陰陽課です (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絶対城先輩シリーズはややシリアスですが、こちらは思いっきりコメディで面白かったです。

    メディアワークスさんはお狐に思い入れがあるのだなぁ。黄金さまといい、今回の天全さんといい。
    みんなモフモフしていて、ぬいを出してくれればいいのに!!

  • 【妖怪だって市民です! 京都の町を舞台に、妖怪たちの生活を守る新米公務員の奮闘記】

     念願の公務員に採用され、京都市役所で働くことになった火乃宮祈理(ひのみやいのり)。入庁式を終えて彼女が配属されたのは、通称・陰陽課。京都の町には人間に紛れて暮らす妖怪がたくさんいて、そこは市民である彼らの生活を守る部署だというのだ。
     混乱する祈理の教育係についたのは、白銀の髪に赤いシャツでガラの悪い、公認陰陽師の五行主任。妖怪の次は陰陽師……?と、訝しむ祈理は、陰陽師らしからぬ風貌の五行(ごぎょう)と、町を治める鬼や狐の親分との顔合わせに向かうことになるのだが……。
     チンピラ陰陽師×マジメ女子の凸凹コンビによる、不思議な公務員生活が始まります。

  • 「新入職員、初出勤日に戻橋で妖怪に襲われしこと」
    所属するはずの課がある建物を探していた時。
    見えない何かに恐怖だけ感じるというのは、とてつもなく怖い体験だろうな。
    ましてや、その正体を知らないとなると恐怖が増すだろうな。

    「新人、狐に化かされしこと」
    食事中に起こった不思議な出来事。
    何事も無く突然世界が変わったら誰だって驚くだろうな。
    あんな長い呪文をあの短時間でよくメモして、冷静に呪術を行うことが出来たな。

    「怪しき女、洛中を騒がせしこと」
    街中で噂になっている異人の正体は。
    いくら相手の事が心配だったとしても、もう少し探す方法は無かったのだろうか。
    彼女自体が無害な事を知って知らせない彼も意地が悪いな。

    「公認陰陽師、呪詛を除きしこと」
    課長を脅し呪った方法は。
    いくら心配をかけたくないといえ、こんな状態になるまで放置しては駄目だろう。
    呪詛をかけた者は自分の気配を悟らせない隠し方をする等、頭の良い相手だな…。

    「新入職員、式神を得しこと」
    課長を脅し課を潰した犯人は。
    この場合誰が得するのか、普通に考えただけでは分からないだろうな。
    書類の偽造だけで無く、規則まで偽造してバレずに貫き通した彼女はある意味一番とてつもないかもしれないな。

  • 公務員と妖怪をたしあわせた話。

    五行先輩の正体、けっこう意外だったし、ヤンキーの割にかわいいというか、弱い部分もあって好きになれた。

    そういったキャラが好きな人は楽しめそう。

  • 乱暴に見えるけど、実は気にしてくれる先輩。温かく包むように、でもいざとなるとキチンと怒ってくれる上司。
    堅物で融通の利かない主人公。
    よくあるパターンだが、安定の面白さはあった。
    主人公の更なる成長が、楽しみ。

  • 女子小中生向け?みたいな感じでしたが、わりとおもしろかったです。



    しかし

    予想が外れました。

    AのSMさんだと思うよね?
    まさかの展開でしたが、続編作るには良い設定かもですね。

  • 【献本当選本】現代ファンタジー小説です。主人公は新卒採用された京都市役所の職員。教科書を文章まるまる暗記してしまうような、絵に描いたような優等生で、公務員らしい公務員だなという印象です。この主人公の真面目ちゃんでTHE公務員な面がとても活きていたことと、公的な機関と妖怪が係るというのがとても面白かったです。妖怪だって市民なんだ。京都で言われれば、なるほどなぁ流石京都だなぁと頷いてしまいそうです。続編もあるようなので購入したいと思います。

  • 京都市役所に採用され、千葉から来た火乃宮祈理(^^)配属先はなんと陰陽課(=いきいき生活安全課)!Σ( ̄□ ̄;)妖怪好き、古典好きならともかく、知識や土地勘が殆んどない祈理がいきなり陰陽課なんて‼しかも規則重視の堅物(-""-;)と思って読んでいたけれど、最後はそういう事だったんだ‼(^o^)と収まり方に納得♪まとめ役の課長、公認陰陽師の主任と共に、これからも祈理には頑張って欲しいp(^^)q

  • 京都にはきっとこっそりあると思う課。

  • 文章が安定しているね。でも中途半端に実在地名出されると、アラがでる

全15件中 1 - 10件を表示

お世話になっております。陰陽課です (メディアワークス文庫)のその他の作品

峰守ひろかずの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

お世話になっております。陰陽課です (メディアワークス文庫)はこんな本です

お世話になっております。陰陽課です (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする