安達としまむら (5) (電撃文庫)

著者 : 入間人間
制作 : のん 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年11月10日発売)
3.96
  • (7)
  • (11)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 93人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048655057

作品紹介

高校二年の夏休みはイベントがいっぱい。
安達としまむら、二人で過ごす二度目の夏。

夏休みはしまむらと会えなくなる……お祭りに行ったり、プールで泳いだり、一緒にアイス食べたり、やりたいことがいっぱいありすぎて……そうだ、やりたいことリストだ!
かきかきかきかき……。
夏休みはいいものだ。なにがいいって朝、無理して起きなくていい。でも、やることがなくて、時間が過ぎるのが遅い。安達は何をしてるんだろ。バイトかな。っと、電話だ。花火大会? 別にいいけど──。
安達としまむらの夏休み。去年とは少し違う、高校二年の夏休みが始まる。

安達としまむら (5) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 溜め込んで、ついに爆発した桜さん。
    こういう状態、結構好きだからしばらく続くといいなぁとか思ってたら、すぐに治っちゃって残念。

    それと微妙な今の状態があまり好ましくない。安達に感情移入し気味になってる。

    しまむらの「…めんどくさいなぁ…」に、読んでて目の前が暗くなる。このときのしまむら側の心情描写が読みたくて仕方ない。

  • 安達ちゃんの電話での叫びが長くて驚きましたが、とても心に突き刺さりました。言いたいことは山ほどあるのに、言葉にできない。それでも言わなくちゃならない。そんな想いが一文字一文字から伝わってきました。
    みんなと遊びに行った時のあの感覚も理解できてしまって、安達ちゃんに感情移入をし過ぎてしまい、読むのが辛かったです。でも花束を渡すのはどうかとは思いましたが(笑)。

  • この巻は安達の独壇場でした。にしても、安達の感情の爆発をどう受け止めたのでしょうね、しまむらは。

  • 5ページに渡る修羅場セリフに「はーめんどくさいなあ」だけで返す百合はこれだけ。喧嘩イベントにすらならなく、関係性の認識においての差異が浮かび上がる。しまむら怖い。

  • シリーズ5作目にしてようやく巡ってきた夏!
    夏祭りや花火大会とか、なんとなく楽しいイベントを連想したけど、思いの外シリアスでした。
    安達にとって苦い夏になるかそれとも……? って所で夏休み後半へ続く。
    安達が積もり積もった感情をぶちまけるあたり、しまむらに対する愛が重い!

  • 購入して読み。

    めんどくさいウザキャラになってしまった安達。
    女子同士の関係ってそういうときがあるよなー、とわが身を顧みたりして。相手にこっち向いてほしくて、相手が離れるのが怖くて執着してしまうというか。
    しまむらは相変わらずマイペースではあるものの、これで安達に愛想つかすかなーと思ったらわりとさっぱりと水に流してしまったり。でもしまむらは二人の関係に他の誰かを巻きこむことを望んでいたりして。

    話はさておき、家族に関する描写が相変わらず秀逸というか。思っていたことを上手に言語化されていてすっきりというか。↓
    義務感って、家族に感じてはいけないものの筆頭だと思う。だから妹だから面倒見ているというのは、間違っていないようで引っ掛かりを覚える。順番は間違っていないけど、そのままでいいのかなと。(p91)

  • 今回はいつものゆるふわ感(一部暴走)ではなく、暴走が表に出て、若干ビターな雰囲気だった。そしてこのまま「続く」展開になるとは。安達の方は答えを自分なりに見つけて前に進むみたいだけど、しまむらの方が淡々としてるだけにどうなるか。こんな展開だけに、章間の永藤&日野が微笑ましく読める。

  • ウワーッ
    いやあ…今回心臓痛かった。
    119ページを読んだ時は「うわっやっちまった…いつかはこうなるとは思っていたけど…」と冷や汗かきつつどこかスッキリしたような気もしていたけど、120ページ目をめくった時には思わず一度本を伏せて顔を覆いました。気を取り直してもう1ページめくった時は「あっこれもしかして夢オチかな?」とか考え始めましたがマジでしたね。あ、安達ぃぃぃ……。
    終わった…と思って絶望的な気持ちになりましたがなんと終わってなかった。やったね安達!むしろなにも始まってなかった。ドンマイ安達!
    安達が変わればすべて上手くいく。最初から分かっていたことだけど、安達が変わろうとするとは思ってなかった。変わろうとして、結局たどり着いた最後の安達の叫びは、大変ぐっときました。確かに。そうだ。そうだよな…。これだから安達は大好きです。

全8件中 1 - 8件を表示

安達としまむら (5) (電撃文庫)のその他の作品

入間人間の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

安達としまむら (5) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする