ゼロから始める魔法の書 (5) ―楽園の墓守― (電撃文庫)

著者 :
制作 : しずまよしのり 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.35
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048655651

作品紹介・あらすじ

ゼロの名を騙る謎の魔女が登場?
魔女×教会の対立が激化する、人気魔法書ファンタジー第5弾!

【ゼロの書】の拡散を目論む謎の組織〈不完全なる数字〉の調査のため、海運国家テルゼムを訪れたゼロたち。しかし、そこにはゼロの名を騙り、村々を襲う銀髪の魔女の噂が駆け巡っていた――。
ネズミの獣堕ちである少女リーリと出会い、その身をかくまわれつつ偽ゼロの影を追うゼロたち。そんな彼らの前に“ゼロの討伐”を命じられた教会の裁定官が現れる。
“背徳”の罪状を持つ裁定官。彼女は、美しき女性を墓に生き埋めにすることが趣味の“墓堀り人”なる異名を持つ人物で……。

くすぶり続ける魔女と教会の不穏な争いが静かに加速する、話題の魔法書ファンタジー第5弾が登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おお!話が動いた感じ。面白かった!

    前巻では活躍どころの薄かった神父の見せ場も豊富にあったし。
    サナレの鬼畜ぶりが遺憾なく発揮されてきているし。
    教会と魔女のウィンウィンな関係に楽しくなってきたし。

    何よりストーリーにキレが加わりだした。
    しかし。確か前巻にもあったのだけど、脱字に萎えます。しかも四版にして改善されてない。
    電撃文庫って角川書店ですよね……。
    そうそうお目にかかることのない書籍の誤字脱字が出てくるのは、なんか、残念ではある。

    ひとまず一気買いした所までは読み終えたのだけど、次巻への橋渡しが非常に気になる場面で終わったので、続き……読む!

  • 戦うミニ◯ちゃん登場(違う)。教会側もかなり腐ってるけど、ただそれらを正すのではなく、ゼロ独自の価値観で切っていく展開は面白い。シャベルを円匙って言うのは知らなかった。傭兵に絶大な信頼を寄せているけど、その期待に応えられるほどでもないとか思ってしまうのは、昨今の俺TUEE系ラノベに毒されているからだろうか。

  • あとがきの一言、攻めるなぁ、しずまさん(笑)今回の獣堕ちはネズミっ子。かなり幼い容姿・言動ながら芯はしっかりしてそうです。思わぬかたちで同行者も増えたことだし。しかし剣と魔法のファンタジーであんな銃火器を目にするとは思わなかったぜ…試作段階でアレとは教会の闇も相当なんだろうな。まぁ“隠匿”神父以上の強烈な裁定官がいる時点でお察しか。いつもは反発しあってる傭兵と神父がちょいちょい同調するのが面白かった。ゼロはそこまで無茶振りしてなかったと思うけど(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

ゼロから始める魔法の書 (5) ―楽園の墓守― (電撃文庫)のその他の作品

虎走かけるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする