やくしょのふたり (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.60
  • (2)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048655743

作品紹介・あらすじ

“お役所仕事”なんて一切なし!?
元気な明日は若い二人が作ります……たぶん。

矢田聡司、社会人3年目。勤めていた会社から急な出向を命じられた不幸な彼は、初日の通勤中、痴漢に間違われたところを美女に助けられる。
彼女の名は鏑木彩佳。感謝する矢田が身の上を明かした瞬間、彼女は不機嫌も露わに去ってしまう。その理由がわからず困惑する矢田だが、出向先の同僚として不機嫌な美女と運命の再会を果たすことに。
そんな矢田の新しい仕事とは、『消費者省』という商品の安全性を守るために作られた『国の役所』で働くこと。ハードな職場で訳ありクール美女と凸凹コンビを組むことになった彼は、次第に彼女が抱える秘密を知っていくが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前に販売製品が原因の死亡事故がありながらリコール隠しで世間からバッシングを受けた企業に勤めていた青年 矢田、そんな彼が出向を命じられたのは消費者庁に新しく創設された部署、矢田はそこで皮肉なことからリコール隠しを行っている企業を取り締まる仕事につく。彼がそこで出会ったのは子供の頃よく一緒に遊んでいた少女と瓜二つの女性 鏑木、勤務初日に彼女に助けられた矢田だったが、矢田の素性を知った鏑木は強い嫌悪感を示す。しかし上司命令でコンビを組むことになった二人、鏑木はしぶしぶながらも矢田と共に行動を開始する。そして二人は大企業がかつて起こした事故に関わる事案に取り組むことになるのだが…そこには鏑木の過去が絡んでいて。

     本作はリコール隠しをテーマにしており、実際にこんな攻防が企業と省庁間で行われているのかと興味深かった。本当はこんなことはあってはならないはずなんですけどね。
    登場人物のなかでは個人的に同僚の凜が好ましかった。あのしゃべり方と雰囲気はストライクでしたね。また鏑木さんの所々で見せる天然?は思わずクスッとしてしまった。続編があるのか分からないが、個人的には期待したい。

  • 表紙とタイトルから明るく楽しいお仕事小説♪と思って読んでいたら、なんと消費者省のリコール隠しを暴く、手に汗握るドキドキ小説だった!(;゜∇゜)なんだか本当にありそうな話で恐ろしい(--;)最後は正義は勝つ!って感じでスッキリ(^o^)

  • 表紙がいかにもライトノベルだし、メディアワークスさんだし、軽い話かと思えば、取り扱っているテーマは“リコール隠し”
    内容が本当にありそうな気がして怖い。

    そこに主人公2人の過去の話が絡んでくるのだけど。エピローグになって突然ラブ要素?部署内で信頼と絆を深めていくのは分かるけど、そこまで発展させるものって、本編では感じなかった。

  • ライトなお仕事小説が持ち味の作者による新作。
    今作はいつもよりちょっとシリアスなリコール隠し問題を扱っている。

    リコール隠しの真相を暴くスリル有り、
    大人の男女の恋模様有り、
    いつも通り一発逆転ありのツボを押さえた構成でなかなか読ませる。
    ……のだけど、なんというかいつもほど惹き込まれなかったかなあ。

    その原因はたぶんいろんな意味で唐突だからなのだ。
    主人公が子供の頃の少女の想い出を思い出す過程もヒロインに会う前なのは順番が逆だろうと思うし、
    リコール隠しの犯人がいきなり殺人も辞さない犯罪を起こすところもいかにも唐突。
    ラストのヒロインの秘密の告白ももうちょっと伏線を張っておくべきだったと思う。
    その辺がもうちょっとうまく描かれていればなあとちょっと残念だ。

    とは言え、好きな作者なので、今後も楽しいお話を読ませていただきたい。

  • 【“お役所仕事”なんて一切なし!? 元気な明日は若い二人が作ります……たぶん。お役所恋愛ストーリー!】

     矢田聡司、社会人3年目。勤めていた会社から急な出向を命じられた不幸な彼は、初日の通勤中、痴漢に間違われたところを美女に助けられる。
     彼女の名は鏑木彩佳。感謝する矢田が身の上を明かした瞬間、彼女は不機嫌も露わに去ってしまう。その理由がわからず困惑する矢田だが、出向先の同僚として不機嫌な美女と運命の再会を果たすことに。
     そんな矢田の新しい仕事とは、『消費者省』という商品の安全性を守るために作られた『国の役所』で働くこと。ハードな職場で訳ありクール美女と凸凹コンビを組むことになった彼は、次第に彼女が抱える秘密を知っていくが……。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

第6回電撃hp短編小説賞銀賞を受賞し、デビュー。IT企業勤のかたわら執筆活動を行う作家。

「2017年 『あやかし会社の社長にされそう。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やくしょのふたり (メディアワークス文庫)のその他の作品

水沢あきとの作品

やくしょのふたり (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする