博多豚骨ラーメンズ (5) (メディアワークス文庫)

著者 : 木崎ちあき
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年12月25日発売)
4.00
  • (8)
  • (16)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 101人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048656771

作品紹介

博多で起きる連続児童誘拐事件の陰に、復讐屋を狙う復讐劇が開幕!

人口の3%が殺し屋の街・博多。三大祭りで活気づく街で、小学生を狙う連続誘拐事件が発生。様々な犯人像が憶測される中、馬場探偵事務所にも行方不明児童の捜索依頼が舞い込む。林とともに調べを進めるうち、復讐屋ジローを狙う闇組織と、ある殺人鬼の存在が浮かび上がり……。「復讐は復讐をよび、連鎖していく――」
そしてついに、ジローの助手ミサキにも魔の手がのびる。ミサキの行方を追う馬場、林、榎田も、ジローを襲う復讐劇に巻き込まれていき――。
コミカライズも決定!! 第20回電撃小説大賞<大賞>受賞、大人気シリーズ第5巻!

博多豚骨ラーメンズ (5) (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 連続児童誘拐事件の陰に、復讐の連鎖がはじまる…。
    人口の3%が殺し屋の街・博多。三大祭りで活気づく街で、小学生を狙う連続誘拐事件が発生。様々な犯人像が憶測される中、馬場探偵事務所にも行方不明児童の捜索依頼が舞い込む。林とともに調べを進めるうち、復讐屋ジローを狙う闇組織と、ある殺人鬼の存在が浮かび上がり…。「復讐は復讐をよび、連鎖していく…」そしてついに、ジローの助手ミサキにも魔の手がのびる。ミサキの行方を追う馬場、林、榎田も、ジローを襲う復讐劇に巻き込まれていき…。

  • 復讐屋ジローとミサキにフォーカスした物語。ミサキを裏社会の人間にはしたくないジローと、ジローの役に立ちたいと焦るミサキ。二人が迷い、悩んだ末に出した答え、選択と覚悟。ミサキの過去があまりにもつらい。道化師・メケの今後も気になる。

  • このシリーズでじーんとするとは。5巻も面白かったですが、ミサキの過去が辛かったです。ジローさんと出会えて、家族になれてよかったと思いました。ジローさんとミサキ、お互いを思いあってていいなぁ。血の繋がりは無くとも、2人は家族です。ジローさん素敵だ。新キャラ・メケも気になる存在です。ミサキのお友達としてジローさんに紹介されるのだろうか…。メケ、ラーメンズに入ってほしいな。馬場さんと猿渡の対決は毎回笑ってしまうので、いつまでも決着がつかないといいなと思いました。続きも楽しみです。

  • ジワジワ泣いた
    ジローちゃんいい人すぎか…

    相変わらず収まり方というか、ピースのはまり方がとても良かった
    スッキリした

  • 復讐屋ジロー&ミサキ親娘の話。
    リンちゃんがいつもより、かっこよかったなぁ。

  • 主役はミサキちゃん。
    貴方の将来は決まった!
    またメケ君との話しも期待。

  • ジローとミサキは信頼で結ばれているから離れるわけない。これからも成長を見守れるのが嬉しい。
    それにメケいい奴だからまた出てきてほしいしもちろん馬場のかっこいいとこをもっと見たいです。

  • 話のテンポ良く一気読みしちゃいました!

  • あとがきにもある通り、前巻とは真逆の雰囲気です。ピエロのキャラが良かった!今後も登場しそうな予感。かなり軽く読めます。

全15件中 1 - 10件を表示

博多豚骨ラーメンズ (5) (メディアワークス文庫)のその他の作品

木崎ちあきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする