レッドスワンの奏鳴

著者 :
制作 : ワカマツカオリ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.20
  • (11)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048657105

作品紹介・あらすじ

最高の舞台で、忘れられない闘いを。 日本で一番熱い冬が、今、始まる――!

高校サッカー界、最大の祭典。
冬の全国高校サッカー選手権への出場を22年振りに決めた赤羽高等学校サッカー部『レッドスワン』。
その初戦の相手は、二年連続で選手権を制覇している最強校・鹿児島青陽だった。
選手層でも、経験値でも、下馬評でも、青陽はレッドスワンを圧倒している。
しかし、絶対王者を前にしても、チームの覚悟と決意は微塵もぶれなかった。
誰が敵であっても<知性>を武器に打ち倒す。
レッドスワンはどんなチームよりも頭を使って、優勝だけを目指すのだ。

それは、誰にも忘れられない冬になる。
レッドスワンサーガ、死闘と飛翔の最終幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018.8.28読了。

  • この作品は最後まで次の展開にはらはらしました。あと、セカンドシーズンが来月から始まるらしいので楽しみです♪

  • 3冊目。サッカーのルールは分からなくても、試合の描写を読んでいると手に汗握る。あとがきで、続きがあるかもということが書かれていたので、とても楽しみにしている。
    2016/11/7

  • ・前巻までの伊織「優雅-!サッカーしようぜー!」
    ・今回の優雅「楓、サッカーしてくれ」
    ・七海さんの(CV雨宮天)感
    ・やっぱり世怜奈先生にLOVEんなるのか!それが綾崎節!!
    ・父と息子の確執、これもまた綾崎節
    ・ファーストシーズン!?

  • 最高。楽しかったです。世怜奈先生また会いたい。優雅の未来も楽しみ。「起きてもいない明日のことを悩んだって足がすくむだけだ」あとがきが良かった。セカンドシーズン楽しみにしています。

  • いつもの綾崎作品と違って、今回は高校サッカーを題材にした作品。
    ある程度サッカーの知識があればスラスラと読める。舞原家の流れるような毒舌が小気味よい。
    レッドスワンの今後が気になる。

  • 【最高の舞台で、忘れられない闘いを。 日本で一番熱い冬が、今、始まる――!】

     高校サッカー界、最大の祭典。
     冬の全国高校サッカー選手権への出場を22年振りに決めた赤羽高等学校サッカー部『レッドスワン』。
     その初戦の相手は、二年連続で選手権を制覇している最強校・鹿児島青陽だった。
     選手層でも、経験値でも、下馬評でも、青陽はレッドスワンを圧倒している。
     しかし、絶対王者を前にしても、チームの覚悟と決意は微塵もぶれなかった。
     誰が敵であっても<知性>を武器に打ち倒す。
     レッドスワンはどんなチームよりも頭を使って、優勝だけを目指すのだ。

     それは、誰にも忘れられない冬になる。
     レッドスワンサーガ、死闘と飛翔の最終幕!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

綾崎 隼(あやさき しゅん)
1981年新潟市生まれ。
2009年『夏恋時雨』で、第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞。同作を『蒼空時雨』に改題し、2010年メディアワークス文庫よりデビュー。
主な著書に、「花鳥風月シリーズ」「ノーブルチルドレンシリーズ」、トイズファクトリー・秋赤音とのコラボレーション企画を収録した『INNOCENT DESPERADO』などがある。

綾崎隼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする