ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆 (電撃文庫)

著者 : 上遠野浩平
制作 : 緒方剛志 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016年3月10日発売)
3.39
  • (3)
  • (7)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048658317

作品紹介

君は世の中が間違っていると思ったことはあるかい――?
ブギーポップ、待望の最新刊登場!

君は世の中が間違っていると思ったことはあるかい? もし不満があるなら君は反逆しなければならない。だが気をつけなきゃならないのは、君の行動でとても迷惑する人が出ることと、このぼく、ブギーポップに殺されてしまうかも知れないってことだ――統和機構内部の勢力争いに巻き込まれてしまった織機綺と谷口正樹。若い恋人たちに科せられた試練は、自分自身をも裏切るいびつな心の影と直面することだった。お互いのためと考えながらも、決断できない弱い精神が二人を苦しめる。その中で浮かび上がってくるのは、かつて世界を滅ぼしかけた危険な呪いと、己を見失った人々の混乱した焦燥――思考に潜むオルタナティヴ・エゴという罠から、綺たちは脱出して正しい道を見出すことができるだろうか……?

ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マキシム・Gの登場

  • 織機綺と谷口正樹の話。谷口くんはこんなに出来た人だったかなと、記憶があやふや。とうとうロボット物になったかと思った。この先シリーズはどこへ向かうのだろう。

  • 久しぶりに絢と正樹の話で楽しかった。自分にもあるなぁ、なんか乱逆してるんだけどそこに意志がないような。
    竹田先輩の話もそのうち出ないかなと期待。

  • ここ数年、正篇のおさらいっぽい話が続いているので、初期の忘れがちな設定を思い出させてくれるのはいいのだけど、それでもなんだかと思ってたので、少し話が進んでくれたのは実にありがたかった。

  • 統和機構のアンチタイプとカウンターズの抗争に巻き込まれるかミール、織機綺。
    ミニマムとマキシム・Gも登場し、一時マキシム・Gは世界の敵となりブギーポップと戦う。
    最終的に統和機構に復帰することとなった綺。監視としてメロー・イエローがつけられる。

  • 久し振りにブギーっぽい内容にまとまってた

  • http://wp.me/p7ihpL-2J
    オルタナティヴ・エゴとは何か?
    末間はエゴそのものは、人間の意思として必要なものであるという。
    とすれば、オルタナティヴ・エゴはエゴの中の一種であり、エゴの中でもネガティブなものということかな?
    自分自身で考えていると思っているつもりになっている、もしくは思い込み、といった側面を多分にもっているもので、何か他人の考えや概念を自分の中に置き換えている状態を、自分自身では気がつくことなく自身の意思として考えているから、中身がない、無目的ということになるのかな・・・
    だんだんわけがわからなくなってきた。

  • ううむ。わりと気に入ってたキャラなんだが、表舞台に戻ってきたか。

    あまりに世界が複雑に広がりすぎてて、正直ついていけなくなりつつある。
    誰か関連図を。

  • 久しぶりの綺ちゃん話。

    ブギーポップ最初のお話が世紀末だったので、
    今回は20年近く前におこったお話ということになるのかな。
    うわ、みんなアラフォー……

    そんなことを微塵も感じさせない、読みやすい文体。
    ブギーもちゃんと出てきてくれたし。

    次作も楽しみです。

  • ブギーポップらしい話だった。この作品に出てくる能力者は基本的にエゴイストだし、この話もまさにエゴとエゴの戦いだった。
    しかし、このシリーズはどこに行き着くのかな?

全12件中 1 - 10件を表示

ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆 (電撃文庫)のその他の作品

上遠野浩平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆 (電撃文庫)はこんな本です

ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする