くじらな彼女に俺の青春がぶち壊されそうになっています (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048658805

作品紹介・あらすじ

彼女の正体は……くじら!?
え? ビューッって潮を吹く、あれ?

「先輩、くじらぶかですよね」
「は?」
「先輩はくじらぶかです。だから、マッコウクジラ団に入ってください」
「くじ……? マッコウ?」
「絶対ですよ!」
このように、謎の新入生(女子)に絡まれたことから、俺の平和な高校生活は崩壊していくのだった……。
「よく分からないけど、なんだか楽しくなりそうだね。未知なる発見ができるよ。世界不思議発見だよ」(友人のとと)
お前、面白がってるだろ……!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トンデモ部活系の話かと思いきや、校内で発生する事件の解明に話は進み、最終的にはがっつりバトルになるという展開。マイナーな海洋生物をスタンド役にしているものの、とと以外はあまりその設定が活きなかった印象。日本神話が絡んでくるのは面白いと思ったが、兄弟関係が逆転したのは若干謎。あと、主人公が弟の記憶をなくしていた経緯もよく分からなかった。ととのマイペースっぷりが好き。母親の身勝手なやり方に振り回され、兄にも忘れ去られていた陸呂は不憫だと思う。

  • どこかで見たことある展開だな

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2016年に『くじらな彼女に俺の青春がぶち壊されそうになっています』(電撃文庫)でデビュ‐。

「2018年 『こちら市役所市民課ヒーロー係です。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀南の作品

ツイートする