ゼロから始める魔法の書 (6) ―詠月の魔女 (上)― (電撃文庫)

著者 : 虎走かける
制作 : しずまよしのり 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016年4月9日発売)
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048659130

作品紹介・あらすじ

詠月の魔女・アルバスとの再会――
ゼロと獣の傭兵の旅の物語は、始まりの地〈ウェニアス王国〉へ!

"魔女"と"教会"を凄惨な戦争へと導こうとする謎の組織〈不完全なる数字(セストゥム)〉を追うゼロと傭兵。わずかな手がかりを追い、ゼロの故郷である〈弓月の森〉を訪れる一行だったのだが――"十三番"の名前を口にした瞬間、彼らは闇の中に放り出されてしまう……。
十三番の操る"強制召喚"によってゼロたちが導かれた場所、それは魔法国家へと変貌を遂げたウェニアス王国だった! 
国家主席魔法使いとなった詠月の魔女・アルバスと邂逅を果たす一行だったが、国とアルバスを取り巻く環境はどこか不穏な空気に包まれていて……。

電撃文庫が贈る人気魔法書ファンタジー! アルバス、十三番との再会が思わぬ波乱を呼ぶ第6弾が登場!!

ゼロから始める魔法の書 (6) ―詠月の魔女 (上)― (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビューは下巻にて。

  • 上下巻構成だったので下巻が出てから読み始め。十三番に会うために弓月の森に行ったらいつの間にかウェニアスにいた。何をい(ry 一行は久しぶりにアルバスと再会もどうにもギクシャク(というかアルバスが若干構ってちゃん?)してる感じで。そうこうしてたらやっぱり裏で糸を引いてるのはサナレ=<不完全なる数>だったとさ。闇は深くなっていく一方な展開ですが、これをどう決着させるか楽しみ。あと、思った以上にリーリはできる子。

  • やや展開が強引なところはあれど、纏まっていて見せ場が所々にあるのであれよと言う間に読めてしまういい巻だった。

全3件中 1 - 3件を表示

ゼロから始める魔法の書 (6) ―詠月の魔女 (上)― (電撃文庫)のその他の作品

虎走かけるの作品

ゼロから始める魔法の書 (6) ―詠月の魔女 (上)― (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする