新米姉妹のふたりごはん (2) (電撃コミックスNEXT)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.09
  • (19)
  • (15)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 215
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048659970

作品紹介・あらすじ

一緒に生活を続け、少しずつ距離を縮めていく、サチとあやりの新米姉妹。普段料理をしているのはあやりだけど、サチも料理をする必要が出てきて……? 果たしてサチの料理チャレンジはうまくいくの!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • -

  • 半年以上インターバルがあったので、設定ちょっと忘れかけてましたが、
    読み始めたらすぐに引きこまれてしまいました(´ω`)。
    何というか、キャラクターに品がありますね。
    とてもかわいく微笑ましい物語です。このまま平和にいってほしいなぁw。
    物語とは直接関係ありませんが、エピソードの間に挿入される
    レシピページの文字が小さくて読みにくいのは少し残念です(´・ω・`)。

  • 【あらすじ】
    一緒に生活を続け、少しずつ距離を縮めていく、サチとあやりの新米姉妹。普段料理をしているのはあやりだけど、サチも料理をする必要が出てきて……? 果たしてサチの料理チャレンジはうまくいくの!?

    【感想】

  • 2巻まで読了しました。

    ネタが大分庶民的なラインに落ち着いてきた感があります。前巻は生ハムの原木といいラクレットチーズといい、積極的には手を出しづらい料理だったので、それに比べれば「ローストビーフを一から」「生だこ使ってたこ焼き」くらいならまだ手を出しやすい。
    ま、贅沢には変わりないですがね。この姉妹、いつもどんだけ生活費もらってるんだ?

    しかし、ベランダでハーブ育てたりお弁当に飾り切りの工夫をしたりするあたり、もはやあやりちゃんは女子高生というより主婦ですよ主婦。しかも、主婦は主婦でも桁外れにスペックが高い主婦ね。

  • 新米の姉妹が仲良くなって、お姉ちゃん側の友達とも仲良くなっていきます。妹ちゃんが凄く可愛いし、お姉ちゃんもやっぱり可愛いw妹ちゃんの料理への知識が凄くていつも感嘆してます。お姉ちゃんがいつもお腹を鳴らせちゃう気持ちが分かるw次作も買いたい!

  • 可愛い以外の言葉が霧散するな、この二人は…
    カップルかよー
    可愛いよー

    誕生日の回が良かったな
    「いいんですよ、誕生日ですから…」
    女神かよ…

  • やっぱり料理関係の作品は、こっちに美味しそう!って思わせるかどうかが勝負。そしてその点においてこの漫画は素晴らしい。
    作る役の妹と、食べる役の姉で分かれているのもその原因の一つかもしれない。
    一巻は書店の試し読みで読んでしまったけれど、次回見かけたら是非買いたい。

  • 相変わらずかわいい女の子が本格的な料理を作っていて、そのギャップがいいです。
    ただ、お弁当を作ってもらう話で、あの量じゃサチちゃんには少ないんじゃないかなあ、なんて思ってしまったり。

  • エッグカッターを再登場させサチの成長も描いたプリン回、家庭での映画鑑賞に一花添えるフライドポテト回、お誕生日の特別感たっぷりなローストビーフ回、ラストの余韻が巧みなたこ焼き回、愛のかたまりで殴り続けてくるお弁当回、どれも最高でしたな。

  • 食を通じて百合を語る。そんな話があってもいい。

全13件中 1 - 10件を表示

新米姉妹のふたりごはん (2) (電撃コミックスNEXT)のその他の作品

柊ゆたかの作品

新米姉妹のふたりごはん (2) (電撃コミックスNEXT)を本棚に登録しているひと

ツイートする