三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.20
  • (6)
  • (29)
  • (44)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 296
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048663274

作品紹介・あらすじ

ある総合商社のお荷物部署・グループリソースメンテナンス課。毎夜、会社の経費で不要な食事を繰り返しているというウワサから、人はそこを「グルメ課」と呼ぶ。入社1年目の新米経理部員・山崎ひなの。彼女はグルメ課の浪費実態を暴くべく1ケ月限定での異動を命じられるが、案の定そこは社会人らしからぬ人々の巣窟だった…。ひなのは一刻も早く課を潰そうと食事会に潜入するのだが、そこには意外なミッションが隠されていて-。読めば読むほどに味の出る、おいしいお仕事ストーリー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 商社の総務部グループメンテナンス課(通称グルメ課)。
    ここの経費がおかしい、ということで偵察で飛ばされた主人公。

    社内の悩める人に、その解決の糸口となりそうなお店を選んで
    飲み食いしているうちに、解決。という、うまく行き過ぎな感じ
    はあります。
    でも登場するお店が実在するというので、そういう企画は面白いです。

  • いろいろできすぎな気はするも
    グルメ課の活躍は面白い。
    特に最後の展開はスカッと。
    しかし美味しい店いっぱいな都会はいいなあ..

  • メディアワークス文庫の巻末の広告(?)でタイトルを見て、ひじょうに気になっていた本。
    以前蔵書を検索したらヒットしなかったのであきらめていたら、いつのまにか蔵書に増えていた・・・!
    ちゅうことで喜んで読んだのも前述のとおり。
    ほしたら、なんとそれがシリーズ3作目やったのも、前述のとおり・・・。
    ええと・・・。なぜ・・・。なぜ、(現時点では)3冊しか出ていないシリーズの、3冊目だけ蔵書に加えてるの・・・?

    (図書館あるある)

    連作短編なので、3冊目だけ読んでもそれなりには楽しめたけれど、1冊目と2冊目も購買リクエストをお願いしました。
    ピッカピカの文庫が届きましたよー!
    そして購買リクエストをかけて購入してもうたものの、私のあとは誰も予約をしていないようなので
    「えェ・・・。大丈夫か・・・」
    と、思っていたけれど、新刊リストに掲載された瞬間リクエストが入ったので、私のほかにも「読みたい」と、思う市民がいてはったようで、よかった、よかった・・・。

    以上、図書館事情で御座いました。

    (どうでもいい)

    ほんで、内容ですけれども、あー、うん、なんやろう。グルメ課がなんで立ち上げられたか、は、フワッと理解できた気がするけど(いやいやフワッと!?)、流さんと静さんの怪しすぎる過去はまったくわからんかった。
    これは、敢えてか。
    敢えてのケムマキか。

    ゴハンを食べながらリサーチする、と、いう流れはわからなくもない。
    確かにそういうときのほうが気を許しやすいやろうしね~(現実感たっぷりの感想)。

    でも、最後のグルメ課を存続させるかどうかのオチはちょっとついていけなかったわー。
    夜奈村専務(ヒネッた名前が多いな・・・)が主張を180度変えたのが(この話の一番のキモのはずなのに)ついていけなかったのよー。残念。

    まあこういう話って、登場人物と解決してほしい事情が面白いか面白くないかで読了感が違ってくるので、各章によって面白い話もあり、ちょっと足りない・・・、ちゅう話もあり。
    それでも楽しめるのが連作短編のいいところ、読みやすいところやけれども、それでもこの本は買うほどではないかな・・・。

    (酷評か)

    いやいや、図書館で借りて読むには最高に楽しめる。
    もしかすると作中に登場するお店がすべて東京なのも、「借りて読むだけで充分」な、所以なのか。笑

    そもそも渋谷(たぶん一度ぐらいしか行ったことがない)のセンター街が「バスケット通り」と、名前を変えたとか知らんかった。
    ちゅうか、バスケット通り? え、なんでバスケット??


    おいしそうな食べ物が出てきて、それをおいしそうに食べる小説は最近のブームであれこれ読んでいるけれど、この本はおいしそうな店をおいしそうに紹介する、って感じかも。

    (似てるけどびみょうに違う)

    「食べたいな」
    と、思うよりは
    「(その店に)行きたいな」
    と、思う具合。

    (まあ、だから地方在住の身としては、「ふうん」と、思ってしまうところがおおいにあるんやけど)

    そしてこの本は、その食べ物の値段を書いていないところも
    「結構高いんやろうな・・・」
    と、思ってしまう関西人。笑

    ビールのお店もいいけど、燻製のお店がひじょうに気になりました。


    おいしいお店も登場して、作中はいい人たちばっかり登場する小説。
    これほど、読んでいて気持ちのいい話はないよね。

    ひなのちゃんのポジティブさも大変好きだ。
    経理部からグルメ課に左遷されるなんて、私やったら面倒臭いぐらい落ち込むで・・・。(;^ω^)

    それを、経理部に戻れるように頑張ろうとか、グルメ課のいいところを見付けちゃうところとかも、いいなあ。
    やっぱり、おいしいものをおいしいと食べるパワーはポジティブさにつながると思う!
    うんうん、見習わなきゃな~!


    ■■■■


    ■アーバン

    多く複合語の形で用い、都市の、都会的な、の意を表す。


    ■ティーザー広告

    ティザー広告とは、広義では、ある要素を顧客に明らかにしないことによって注意をひこうとする商業広告の一手法で、狭義では「本来、広告で伝えるべき商品についての要素のいくつかを意図して明らかにせず注目を集める広告手法」と定義することができる。英語のteaser(じらす人)から命名されている。覆面広告とも言う。ウェブサイトを使った場合にはティーザーサイト、ティザーサイトと呼ぶ。


    (2017.6.10)

  • 総務課にあるグループリソース課。
    略してグルメ課。
    彼らの裏の仕事は、悩める社員をおいしい食事と共に解決。
    そこに経理課からスパイとして送り込まれた女の子のお話。

    サクッと読めて、余韻に美味しそうな料理のイメージが残る。
    利益に繋がらない事務部門が会議食事代を毎月計上するのは会社にとって圧迫でしかない。
    けれど、社員のモチベーションや悩みを解決する手段として、ということならそういう使い道があっても良いのではないか?と思った。

    こん詰めるより、たまには外食して刺激をとるのも結構大事。(*´꒳`*)

  • 随分長くかかってしまった。。。
    まぁ・・・そんな部署あるかーっ!!って言うファンタジー会社譚。
    月菓はとても欲しい。

  • 経理部からよくわからない総務部グループメンテナンス課へスパイとして異動となったひなのちゃん。なぜ経費を使って食事をしているのか?3章に理由はありましたが、それならそうともっとやり方はあるんじゃないかなと思ったり。専務の決定が覆すのも、取引についてそんなに上がコロコロ意見変えて大丈夫なのかと社員目線で読んでしまいました。せっかく手続きしたのに...大混乱だったのに...専務は社員さんに好かれてなさそう。出てくるお店は実在のお店と知ってすごく行きたくなりました!特に味醂!飲んでみたい!どれも東京なので残念ですが、行く機会があればぜひいってみたいです。
    h29.6.10

  • 仕事小説としては微妙でしたがとにかくごはんが美味しそう。
    実在するお店だというのも心くすぐられますね。

  • 商社の訳あり部署に異動になった女の子が頑張るお話。ちょっとミステリ風味。
    2016/10/8

  • 料理で日常の業務支障な事件解決。
    ですが実在のお店の料理など使用。お酒も。

    こんなに都合よくいかないでしょう。
    続きに期待。

  • グルメ課って略称だったのね。実際のお店が出てきて楽しい。神保町久々に行ったタイミングで読んだから、さぼうる行っとけばよかったと後悔。気になったのに…。

全33件中 1 - 10件を表示

三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 (メディアワークス文庫)のその他の作品

百波秋丸の作品

三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする