ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.81
  • (63)
  • (87)
  • (69)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1208
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048665056

作品紹介・あらすじ

"公理教会"の象徴である白亜の塔"セントラル・カセドラル"。隔離された大図書室の賢者"カーディナル"の助けを借り、ユージオは整合騎士となってしまったアリスを"本当の姿"に戻すため、キリトはこのアンダーワールドの消滅を回避するため、最高司祭"アドミニストレータ"の待つカセドラル最上階、一〇〇階を目指す。そして到達した九十九階。キリトとアリスの前に現れたのは、整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべたユージオだった。躊躇いなく剣を抜くユージオを、やむなく迎え撃つキリト。旅立ちの日、遠い雷鳴に感じた戦いと別離の予兆は真実となってしまうのか。キリトの必死の呼びかけは、記憶を封じられたユージオに届くのか。アリシゼーション・人界編、完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アリシゼーション編第1部官というところでしょうか。やはり『キリトさん』と言えば二刀流ですよね!…それにしても、アドミニストレータ最高司祭猊下は、いったい外の世界の情報をどこまで把握していたのか?…気になりますね。

  • アリシゼーションのアンダーワールド版最終巻。メインキャラのユージオ、カーディナルが姿を消してしまう。そしてアドミニストレーターは……。少々うんざりしてきたので半ばほど読んだところで放置していたが、再開したら一気読みだった。

  • ひと言で本巻を表わすなら、激闘。

    アリスが見せる意志、シャーロットがもたらす一筋の希望、カーディナルの捨て身の支援、そして自らの使命を悟ったユージオが呼び覚ますキリトの不屈。

    途中で読むのをやめられませんでした。

  • アリシゼーション編はVR感が強すぎるのかどうにも入りこめず、アインクラッド編のような面白さや勢いがなくなって来てるのが気がかりですが。
    その《人界編》ももう少し続くんですね。Web版読者によればここから盛り上がるらしいので巻き返しに期待です。

  • 中学校図書館にて

  • これアニメでみたら絶対泣けると確信できる

  • 戦闘が長い

  • これでラストかと思っていたら、まだつづきが、、、
    反則的な強さのアドミニストレータ
    それに対する、カーディナル、ユージオ、アリス、そしてキリト。一人一人の想いが描かれていて、読み応えがあり面白い。

  • ようやく終わったと思ったらまだ続くのか…

  • 喪失と完結の14巻目。
    今までのスピード感とは一転して、濃厚な1冊だった。
    場所はほとんど変わらないのにめまぐるしく変わる状況と戦況がテンポよくスイスイと読ませてくれる。
    物語の進め方と引き込み方は本当にすごい。
    まだまだいろいろありそうなので楽しみ。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第15回電撃小説大賞<大賞>受賞者

「2021年 『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインIV』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川原礫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×