エロマンガ先生 (2) 妹と世界で一番面白い小説 (電撃文庫)

著者 :
制作 : かんざき ひろ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.93
  • (28)
  • (37)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 319
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048665315

作品紹介・あらすじ

『兄妹の夢』を叶えるため『妹小説(仮)』の出版を目指す俺とエロマンガ先生-和泉紗霧。担当編集を説得するべく、和泉兄妹は協力して企画書を作り始めるが-そこに次々と大騒動が巻き起こる!『発売日は一年後です』容赦なく現実を突きつけてくる担当編集。『かくまって頂戴!』締め切りから逃げ続ける売れっ子作家・山田エルフ。『和泉ちゃんと同じものを好きになりたいんです』『やつをラノベにハメる』妹のクラスメイト・めぐみと、本屋の娘・智恵の初遭遇。とある理由から、どうしても今年中に新作を発表したいマサムネは、優勝者に出版枠が提供される『ラノベ天下一武闘会』に挑む!だがそこにレーベル最強の宿敵が参戦してきて…!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <b>いやいや、これはこれで楽しい作品なのではないか?</b>

    千葉市もとい足立区の自宅にヒロイン達(今回も新ヒロイン登場)が集合。
    前作にない、かんざきひろ氏の直接的表現のイラスト(2ページ)もお得。
    コミカライズも始まったようで、アニメ化したら、それこそローティーン層に受けるのではないか。
    などと思う。

    相変わらず、ラノベ執筆までの着想、動機づけまでの登場人物たちのやりとりが全てである。
    ラノベの内容が詳細に語られる訳ではない。
    「バクマン」に似ているが、カタルシスを得られるまでの納得感が決定的に不足していると感じる。

  • 自分にはストライクのラノベなんだろうなw
    すごく面白いわ。

  • まさむねとムラマサの勝負がつくところまで

  • 読了。おもしろーーーーーーーい!
    後半アツかったな。ちょっと読むつもりがページを捲る手が止まらなかった。

    アニメの視聴を2巻中盤で止めてたんだけど正解だった。310ページのシーンとか、映像でも見たいけどこれは活字で読んでよかった。

  • 面白かった…かな。マサムネ無双なのはよいとして、裏テーマ的なものが見えてきたかも。

  • ますます快調な妹小説。ヒッキーな妹・沙霧に続いて、お隣に住むロリな同業者の山田エルフ、さらに和服美人の先輩作家・千寿ムラマサまで現れて、いよいよハーレム状態。しかし、イチャラブだけではない、それを超える仕事愛が心を打つ。

  • エロ漫画先生モードの沙霧の行動がヤバすぎる。

    エルフとSkype越しにゲームをし、
    イラストを描く約束としてスカートをたくし上げさせる。
    めぐみが友達のとっかかりとしてラノベを貸して欲しいと。
    その対価としてめぐみはパンツを脱がされる…
    どういう状況なんだ、それは。
    そして、沙霧と約束した「アニメ化計画」を成功させるべく正宗は頑張る。
    が、正宗の天敵といえるべき「千寿ムラマサ」登場。
    実は正宗のweb時代からのファン。
    そのムラマサが戦線布告。
    ムラマサの正体は中二の兼業作家。
    正宗に惚れている。
    以前のように書けなくなったのは触発され続けたムラマサが正宗の作風を変えたから。
    ガチ告白して振られる。
    沙霧は部屋から飛び出して「渡さない」宣言。
    ラノベ天下一武闘会にて、優勝を勝ち取った正宗。
    すぐに執筆にかかる。

    さすがにこれは物語としても行き過ぎではないかと思うのだが。
    うん、男性が作家だとマジで思った瞬間だわ。
    あまり自分は性別を問題にしないのだが。
    面白ければいいので。

  • ライトなラブコメ。
    ライトにエロい。

    和泉正宗 15歳(高1)
    和泉紗霧(エロマンガ先生) 12歳
    神野めぐみ 12歳
    山田エルフ 14歳
    千寿ムラマサ 14歳

    エロマンガ先生が単なるおっさんだとわかる。
    かわいい女の子を見たらスカートの中のぱんつがどうしても見たくなる、とかぱんつがすきらしい。
    究極のラノベはラブレター2回目。

  • 紗霧がエロマンガ先生モードの時のギャップがすごくいい。
    各ヒロインの可愛さが爆発しながらも妹の魅力はダントツでトップクラスだ。

  • 1巻のときに尻切れで変な構成だなあと思っていたが、2巻でも構成を変えてこなかったのを見て理解した、これはモジュラー形式だ! ……いや、小説家の内幕ものなんてイベント数の少ない舞台でモジュラー形式を選ぶのはちょっと理解しがたいが。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『エロマンガ先生』著者。

「2019年 『エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エロマンガ先生 (2) 妹と世界で一番面白い小説 (電撃文庫)のその他の作品

伏見つかさの作品

エロマンガ先生 (2) 妹と世界で一番面白い小説 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする