ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.5 (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.13
  • (8)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048667807

作品紹介・あらすじ

ネトゲで乗り切った文化祭、リアルに乗り切れなかった悲しみの体育祭を経て、大規模アップデートの秋、到来!実装されたのは家を作るハウジングシステム。「私とルシアンの愛の巣がついに…!」妄想大爆発な残念美少女・亜子をはじめ、期待に夢膨らませるネトゲ部一同。自分たちの家だって持てる。そう、ネトゲならね-いやいや世の中そんなに甘くない!攻城戦で金欠状態なネトゲ部メンバーがギルドハウス建築へ向けマネー稼ぎに奔走する中、茜のボロPCがついに逝くッ!?そしてバイトに初挑戦し…アレな結末しか見えませんが、お金はやっぱり大事です。残念で楽しい日常〓(ニアリーイコール)ネトゲライフ、勤労感謝の第5弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネトゲ内でマイホーム的なシステムが実装.
    というわけで購入資金を稼ぐメンバーたち.
    ボスのレアドロップを狙うシュヴァイン,
    相場操作で儲けようとするアプリコット,
    参加しないセッテ,
    地味に雑魚を狩り続けて稼ぐルシアンとセッテ.

    ゲーム内通貨って稼ぐの大変だよな.
    どこかのネトゲなんてRMTで通貨を買わないと
    二進も三進も行かないという噂もあったり.

    リフォームの匠の技はさすがですねwww

  •  今回はハウジング。ギルドのホームを持とうと金策に走る話である。
     今回も楽しませていただいた。展開の楽しさとシーン単位での楽しさ、両面において隙がなく、相変わらずの面白さである。
     終盤の展開も、それそれのらしさが出ていて、それがきちんと展開を捻る手立てになっている。お見事な手前である。

     今回も文句なしに星五つ。良い読書をさせていただいた。もうすぐ出る次巻も楽しみにしたい。


    ※2016年5月21日の再読の感想を転載しておく。

     今回は前回の攻城戦での散財を引きにしての金策と、金策の目的であるところのハウジングシステムが描かれている。
     そうした意味で、物語は二重底と言うか、前半と後半で別個に展開している物語なのだけど(もっと言えばさらまんだー死亡の一件を加えた三枚底だ)、前半部の教訓的な側面は見逃せない。中高生をメインターゲットに据えたライトノベルと言うジャンルにおいて、こうしたニュアンスを含んだ展開は望ましいものだろう。
     いや、まあ、リフレ的な何かは教育上よろしくないだろうが、そこは時事と言うことで構うまい。

     今回、アコがやる気をみなぎらせて活躍していることもあり、彼らの物語が前進していること(アコの善導が為されていること)が確認できる巻になっている。
     そうしたシリーズ全体での動きも含めて、星五つという評価は初読から変えていない。物語的な収束の美しさも含めて、なかなか楽しませていただいた再読だった。

  • ちと重いのが続いたので気分転換。
    うむ。あいかわらずネトゲネタはいまいちわからんが
    実はハーレムな主人公は爆発していいよな。と。

    読むとやってみようかとも思わないくもないが
    どうせすぐに飽きてしまうのが目に見えるので
    自重。
    やるならどっちかっていうとオンラインTRPGのほうが先だ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第18回電撃小説大賞〈金賞〉受賞。同受賞作『あなたの街の都市伝鬼!』でデビュー。他のシリーズに『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』シリーズがある。

「2020年 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.21』 で使われていた紹介文から引用しています。」

聴猫芝居の作品

ツイートする