美堂橋さんの優雅な日々。 ~恋のオワリと罪のハジマリ~ (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.32
  • (4)
  • (3)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :90
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048667821

作品紹介・あらすじ

その確固たる美意識と優れた頭脳を元に、次々と事件を解決する刑事、美堂橋梓。"異端児"と称される同僚らと共に忙しない日々を過ごす彼には、とある心の癒しがあった。それは、骨董店"sanctuary"。優しい叔父の経営するそこで過ごす時間は彼の宝物だった。しかし、美術品を狙う連続空き巣事件が、幸せだった彼らに悲惨な別れを与え-。これは、摩訶不思議な骨董店の店主、美堂橋がまだ刑事だった頃の物語。そしてこれは、一つの恋の終章で、悲しい運命の序章である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三人の変人たちの過去編。
    刑事時代のお三方が想像より社会人してて驚いた。
    そして烏丸の過去がまた重たかった!!!衝撃!!
    叔父の遥とあかりの謎が結局解明されていないのでもやもやが残ります。
    西洋絵画を主軸に持ってきてるのなら、挿絵なんかもいれてほしいなあ。
    絵画は視覚的に見た方が面白さが増す気がする。

  • 美堂橋さんたちの過去のお話でした。
    今までのちょっと愉快なお話はお休みで、シリアス多めな感じでした。
    問屋さんがどうしてあんな風になってしまったのかもわかっちゃうかも…?

全2件中 1 - 2件を表示

美堂橋さんの優雅な日々。 ~恋のオワリと罪のハジマリ~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

椿ハナの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美堂橋さんの優雅な日々。 ~恋のオワリと罪のハジマリ~ (メディアワークス文庫)はこんな本です

美堂橋さんの優雅な日々。 ~恋のオワリと罪のハジマリ~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする