龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 藤城 陽 
  • アスキーメディアワークス
3.83
  • (32)
  • (37)
  • (49)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 358
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048670272

作品紹介・あらすじ

虐げられる民"言愚"の青い目を持つ涼孤は似顔絵描きと講武所の下働きで糊口をしのぐ。かつて胡同の闇の中で、素性の知れぬ老婆より剣を習い、双剣を授かる。卯王朝、第十八皇女の月華は屋敷を抜け出しては市井を探検する。感情が高ぶると地団駄を踏みながらぐるぐる回る癖がある。涼孤はどぶ川の畔で双剣を持ち"龍を呑む"。月華はそれを目撃し-「妾も剣をやるっ!」鬼才・秋山瑞人が贈る、剣をめぐる物語。古橋秀之とのコンビによるシェアワールド企画"龍盤七朝"第一弾登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ケルベロス』を読んでの再読
    舞台背景が同じでもまったくことなる味わいがありどちらも大変素晴らしい
    あとはもうすこし筆が(ry

  • 秋山瑞人最新刊/ エセ中華武侠もの/ 非常に面白いし古橋とのシェアワールドの展開も興味深い/ が、完全に活動停止してらっしゃるので残念/ 辛いものが食べたくなる

  • どうもまだ完結してないようなので、終わってから読もうかなと思っていたけど機会があったので1巻だけ。
    秋山作品飢えてるのでこの文章読めるだけでなんかうれしい。
    一巻だけだけど恐ろしく作りこまれた世界を感じる。そしてあいかわらずのうんこ。うんこ出てくると安定の秋山ワールドみを感じてしまうのは私だけだろうか。なんだろう、罵倒とかギャグのためだけでない、世界観に基づいた汚物というか…。
    続きが楽しみだけど、まだ2巻しか出てないので手をつけるべきか悩む。

    ただ一つだけ、ベルカとかジャンゴとかどうしてもその読み方が違和感しかなかった。

  • 10年経って最終巻となる予定の3巻が出ず、これはもう一生書く気ない、あわよくば死後に誰かが勝手に引き継いで完結させてくれればいいと考えていると取りましたので、一旦2巻までで感想を書きます。

    本書は古橋秀之氏の 龍盤七朝・ケルベロス シリーズと世界観を同一とした作品で、龍盤七朝の世界の中で秋山瑞人、古橋秀之両氏で話を作り上げる企画になっています。
    龍盤七朝・ケルベロスは未読です。そのうち読む予定ですが、古橋秀之氏も筆が遅いことで有名で、龍盤七朝・ケルベロスも7年ほど前に"壱"が出て以来"弐"が出る気配もないです。
    本書も次巻が出ることを期待する方は購入をお勧めできません。

    内容は、それでもさすが秋山瑞人といった感じで、読みやすく面白いです。
    ただ、2巻で止められると誰も報われず、意味深に広げられた風呂敷が片付けられずはためいたままとなってしまうので、早く完結させて欲しいと願うばかりです。

  • 中華ファンタジーもの。 久しぶりにこの作家の文を読んだがなんだろうこの筆力。喚起力のある文章にクラクラした。盛り上がりとしてはちょっと鈍いかと思ったが、ミナミノミナミノで免疫がある。スロースターターなのがこの作家。それでもうまい。 来年この本の続巻がでることが決まったようだ。めったに本を出さなくなったのに大変珍しい。このまま筆を折るのかと思っていた。量産しろとは言わないが年に数冊でいいので出し続けて欲しい。 しかしこの題名はまったく内容にそぐわない。

  • 圧倒的。読ませられる。
    各章の、最後にピースがバチッとはまる感覚がたまらない。
    どれだけの試行錯誤、工夫を経てこういう小説が編めるのだろう。

  • 中華ファンタジーなのでやたら漢字が多くて読みにくいのは仕方がない(笑)
    蔑まれ差別される側の少年とその少年・涼孤
    涼孤の剣の技に惚れたお転婆なお姫様の18皇女・月華。
    まるまる1冊物語のプロローグって感じなので次の2巻目に怒涛の展開を期待(^_-)-☆

  • 久々に引き締まった文章
    最近は行間がないだらだらとした文章が多い中で嬉しい限り

    身分違いの恋愛となるのかどうなのか
    月華は剣に目覚めるのか、ジャンゴから教わるのか
    続きが気になる

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    虐げられる民“言愚”の青い目を持つ涼孤は似顔絵描きと講武所の下働きで糊口をしのぐ。かつて胡同の闇の中で、素性の知れぬ老婆より剣を習い、双剣を授かる。卯王朝、第十八皇女の月華は屋敷を抜け出しては市井を探検する。感情が高ぶると地団駄を踏みながらぐるぐる回る癖がある。涼孤はどぶ川の畔で双剣を持ち“龍を呑む”。月華はそれを目撃し―「妾も剣をやるっ!」鬼才・秋山瑞人が贈る、剣をめぐる物語。古橋秀之とのコンビによるシェアワールド企画“龍盤七朝”第一弾登場。

    ----------------------------------------

    龍盤七朝シリーズの第1作。中華風ファンタジー。ラノベかと思っていたが、新聞書評がかなり好意的だったので興味をもって読んでみることに。
    で、これが実に面白い。青い目の涼狐(ジャンゴ)は身をやつしているが、龍の双剣を継いだ若者。そして世間知らずで高慢なお姫さま月華(ベルカ)も、やはり只者ではない剣技の才能を秘めている。
    キャラクター造形的には『星界の紋章』のジントとラフィールのような感じでもあるのだが。なかなか設定も魅力的で、構成もしっかりしていて、ぐいぐい読ませる面白さがあった。
    長いシリーズにすることも可能だろう。(全3巻完結らしいが)

  • 導入編で終わり.これから何が起こるのか,そのわくわく感のみが募る第1巻といった感じ.世界観は中世の中国がモデルだと思うけど,人物名はもちろん,小史や寓話まで作り上げるところはさすが.漢字とその読み方が非常に読みにくい…
    帯に「鬼才」と書かれているけど,圧倒的筆力はまだ出し惜しみしているのかもしれない.

全27件中 1 - 10件を表示

龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 (電撃文庫)のその他の作品

秋山瑞人の作品

龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする