烙印の紋章〈2〉陰謀の都を竜は駆ける (電撃文庫)

著者 :
制作 : 3 
  • アスキーメディアワークス
3.90
  • (24)
  • (26)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 216
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048673471

作品紹介・あらすじ

初陣で勝利を飾り帝都へ凱旋したオルバ。都では皇帝の専横が目立ちはじめていた。反皇帝派の不穏な噂を耳にしたオルバは、真相を探るため建国祭の大剣闘大会に出場することになる。反皇室派のほかにも、ガーベラからの使者ノウェ、ビリーナに敵意を燃やす皇太子の義妹イネーリ、オルバを操ろうとするフェドムなど、帝都は様々な思惑の坩堝と化す。そんな中、オルバは皇太子と剣闘士、二つの役割の間で揺れ動く。一方、ビリーナはオルバへの複雑な想いと、異国の姫という立場の間で思い悩む。はたして二人の関係と帝都を舞台にした政争の行きつく先は-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バカ王子と入れ替わった剣闘士.
    今回もなにやら陰謀に巻き込まれて大活躍ですね.
    巻き込まれたというよりは首を突っ込んだ感じだけども.
    徐々に頭角を現してきた偽皇子,
    そろそろあちこちから警戒されてきますよ.

  • かつてのオルバと同じ境遇に置かれた剣闘士パーシル。
    フェドルに見出されなかったらオルバが進んでいたであろう道を行く彼との戦いを乗り越え、オルバはまた歩みを進めます。
    今回はビリーナとの"共闘"。
    反発してばかりの二人だけど、少しずつ違ったものが芽生え始めたようで。
    ビリーナはいつ気づくのか。今後も楽しみです。

  • わりと重厚な話なんであらすじを書くのがめんどい。
    えーと、皇帝の専横により政情不安に陥りつつあるメフィウス。有力貴族の暗躍、他国からの干渉、陰謀渦巻く帝都を舞台に、主人公オルバはときに皇子として、ときに剣闘士として智を尽くし、力を尽くして立ち向かっていく。
    ひとえに、たった一つの目的である、復讐を果たすために・・・。見たいな感じか?( ゚д゚)
    とりあえず、面白い。
    かなり辛めに採点をしているこの私的読書録の中でも、それほど悩むことなくすっと五つ星をつけたくなるほどに面白い。
    ただ、話がストイックすぎる。ストイックだからこそ面白いんだが、俺がライトノベルに求めるのは単純な面白さだけってわけじゃないんだよね。
    こう、ライトノベルには萌えを求めたいんだ!( ゚д゚)
    萌え萌えの甘ったるいだけのラノベも嫌いなんだけど、ここまで甘味不足だと正直さびしい。おとこくさすぎるぞ。( ゚д゚)ウラー
    もうすこしこー、ヒロイン達にやさしくできないもんかねこの主人公は・・・。
    ビリーナとかイネーリとか、せっかくピンチを助ける場面があるんだから、もっとこう、なにかあるでしょ!?
    かっこいいところが見たいわけよ、主人公の!
    可愛らしいところが見たいわけよ、ヒロイン達の!
    とまあ、軽くリビドーしちゃったわけだけど、内容的には非常に楽しめている。
    このおとこくささ、ストイックさが良いんだ、という気持ちもある。これでいいんだ。
    でもね。もうちょっと甘みが欲しいのよ。きもーち。(; ´∀`)
    絵的には正直、あんまり魅力を感じない。
    ほとんどのキャラがおんなじような顔をしているし、表情的にもあんまり惹かれない。
    イネーリなんか12歳(のはず)なのに、なんか胸に谷間とかあるし、14歳のビリーナとの年齢差を感じないツマラン。
    追記。イネーリの年齢がいまいちわからん。当初、ビリーナと同じ14歳だと思っていたが、どこかの巻でビリーナと2歳違いと書かれていた記憶がある。
    ビリーナ14歳は間違いないのだから、2歳違いで12歳かと思っていたんだが、イネーリの行動を考えるとさすがに12歳は無い。
    てことは、16歳か。主人公と同い年じゃん。それはそれで幼い幼い言ってたのはなんだったのか?という気にもなる。
    気になってイネーリの年齢については注意しているんだけど、これがなかなか出てこない。
    一巻や二巻を読み返せば記述があるとは思うんだが、めんどくさい。

  • 皇子の影武者となった主人公オルバが前巻の戦いで勝利を収め見事凱旋するも,国内の貴族たちの陰謀や,政治が不安定な内に付けねらう隣国たちの陰謀に巻き込まれ,またまた知略の限りを尽くして1つ1つ打破していく.テロ対策から,裏で操る勢力の分析から,自分の復讐を果たす準備まで,オルバのマルチタスクっぷりが半端じゃない.ただし知略の限りを尽くすのはオルバだけでなく敵も同じであり,また王も何やら企んでいる様子で,そのぶつかり合いこそ見所.オルバ無双では決してない危うさが面白い.
    今巻も視点がころころ変わる上に登場人物も多く,相変わらず読みにくい.ただ女性パートはうまく分かれて,特にビリーナの描写がしっかりおり,誰よりも幸せになって欲しいキャラと化している.

  • 能ある鷹は爪を隠す。爪の魅せ方が心地よい

  • 続きが気にはなるがいまいち文章が退屈というかとってつけた感が否めないというか。

  • 人物も関係国も増えて、力関係を憶えるのは大変だけど、全く苦にならない。
    1巻からレベルが落ちない面白さです。

  • 面白かった!

  • 1巻から流れ込むような、物語の展開。
    剣闘士と皇子、ふたつの顔を持つオルバの戦いが切ない。

    ギル=オルバという事情を、殆どの人物が知らないで物語が紡がれていく。
    オルバ自身も『ギル皇子』について疑問を抱いていて。
    何処までが味方で、何処からが敵なのか曖昧な状況。
    面白い!読んでいてこの先への楽しみが深まって行きます。

    ビリーナに見せたほのかな優しさは良い感じ。

    読了 2/3

  • 1巻に感想。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

戦記ファンタジー『烙印の紋章』著者。

「2018年 『叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

烙印の紋章〈2〉陰謀の都を竜は駆ける (電撃文庫)のその他の作品

杉原智則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

烙印の紋章〈2〉陰謀の都を竜は駆ける (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする