とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (3) (電撃コミックス)

著者 :
制作 : 冬川 基 
  • アスキー・メディアワークス
3.99
  • (117)
  • (111)
  • (114)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1671
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048677196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こういう言い方するのも変化もしれないけど、普通に面白い

    というのも原作付き、まあこの作品は外伝的な立ち位置になるのかもしれないけど、そういう作品でここまでのクオリティはなかなかないんじゃないだろうか。絵も上手いしコマ割りや演出も含めて漫画としての完成度も高い。バトルシーンの迫力もなかなかのものだった

    アニメの2期もやってるし良い感じだね

  • 天才と、どうあがいても報われない者たちの苦悩が描かれていてよかった。でもそれだけじゃなくて、ちゃんと前に向かうところまで描いてあるところがさすが。
    この話はそこがメインじゃないですけどね。先生の話よりも印象に残ったので。

    それにしてもなぜあんな胎児の姿になるのかは確かに謎だな。化け物にもほどがあるw

  • 幻想御手編決着。
    犯人の背景が非常にシリアスで良い。学園都市という舞台設定がそこに暗部を作ることに向いている印象で、独特の設定を活かしながら巧く酷い過去として見せられる印象。それでいて美琴のキャラ性を活かして明るめの結末に持って行くのも良い。初春との関係も面白いのだが少々初春の心情描写は足りない気がした。
    幻想御手の使用者についての詳しい話を扱うのも学園都市のシビアな話として良いテーマである。ただ、本編で使用者が何人か出ているのにそのキャラを使わずに様々な個人を使っているのは勿体無い。これはこれで面白い部分もあるが、彼らの救済も見たかった所。
    巻末には黒子と初春の過去が描かれた特別編が掲載されている。本編中ではあまり失敗せず、失敗しても自力で補償できるキャラとして描かれる黒子の過去の失敗が描かれているので違った魅力がある。
    なお、本編でやって欲しかった気もするが黒子が美琴と出会ってからの思いが綴られたカバー裏の日記は黒子ファン必見である。

  • 木山センセのエピソードはアニメで見てたけどなんか感動

  • クライマックスらしく、アクションシーンかっこいいです。
    あとアンチスキルの人達がやっぱり好きです。この人達の日常編みたいなスピンオフ作品はないですかね…!

  • 9784048677196  209p 2009・10・26 7版

  • レベルアッパー編の完結までと、門限やぶりでプール掃除する話、初春と黒子のちょっと昔の話。が収録されてます。全部アニメで映像化されてるエピソードです。

    レベルアッパーのエピソードは、さすがにアニメ版の方が迫力がありますね。かなり動かしてましたし。でも、こっちも頑張ってていい感じです。
    他のショートエピソードもいい感じにまとまってますね。

  • レベルアッパー編おもしろかった。黒子の変態っぷりも好き。絵の線が好きなのだが1、2巻の方が良いような。気のせい?

  • こっちは初見。結構面白かった。

    びりびりがレベル5になるまでの話が読みたいでs

  • ライトノベルのスピンオフマンガ第3巻。
    美琴の決めゼリフと表紙裏の黒子の発病過程が
    お気に入り。

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (3) (電撃コミックス)のその他の作品

鎌池和馬の作品

ツイートする