とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (3) (電撃コミックス)

著者 :
制作 : 冬川 基 
  • アスキー・メディアワークス
3.99
  • (117)
  • (111)
  • (114)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1669
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048677196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 繝ャ繝吶Ν繧「繝?ヱ繝シ縲、IM繝舌?繧ケ繝育キィ繧らオゆコ??ゅ◎縺ョ蠕梧律隴壹??摩髯舌d縺カ繧翫?鄂ー縺ィ縺励※縺ョ繝励?繝ォ謗?勁縲∝?譏・縺ィ鮟貞ュ舌?譏碑ゥア縺ェ縺ゥ縲ょッョ逶」縺輔∪縲∵怙蠑キ縺」縺吶?

  • 常盤台の超電磁砲。やっぱカッケーっす!

  • 主要キャラの活躍もそうだけど、モブ…本当にモブなのかは分からないけど…の皆さんも頑張ってる。
    みんな傷だらけになっちゃうところは、本編と変わらないけどね…。
    しかし、あの痛い状況でちゃんと能力使えたのね、黒子さん。
    それなら本編のあの場面でもなんとか…とか言うのはまた別の話なのかな。

  • ※感想は第8巻のレビューに。

  • こういう言い方するのも変化もしれないけど、普通に面白い

    というのも原作付き、まあこの作品は外伝的な立ち位置になるのかもしれないけど、そういう作品でここまでのクオリティはなかなかないんじゃないだろうか。絵も上手いしコマ割りや演出も含めて漫画としての完成度も高い。バトルシーンの迫力もなかなかのものだった

    アニメの2期もやってるし良い感じだね

  • 黒子と初春の出会いの番外編が好き!

  • 天才と、どうあがいても報われない者たちの苦悩が描かれていてよかった。でもそれだけじゃなくて、ちゃんと前に向かうところまで描いてあるところがさすが。
    この話はそこがメインじゃないですけどね。先生の話よりも印象に残ったので。

    それにしてもなぜあんな胎児の姿になるのかは確かに謎だな。化け物にもほどがあるw

  • 幻想御手編決着。
    犯人の背景が非常にシリアスで良い。学園都市という舞台設定がそこに暗部を作ることに向いている印象で、独特の設定を活かしながら巧く酷い過去として見せられる印象。それでいて美琴のキャラ性を活かして明るめの結末に持って行くのも良い。初春との関係も面白いのだが少々初春の心情描写は足りない気がした。
    幻想御手の使用者についての詳しい話を扱うのも学園都市のシビアな話として良いテーマである。ただ、本編で使用者が何人か出ているのにそのキャラを使わずに様々な個人を使っているのは勿体無い。これはこれで面白い部分もあるが、彼らの救済も見たかった所。
    巻末には黒子と初春の過去が描かれた特別編が掲載されている。本編中ではあまり失敗せず、失敗しても自力で補償できるキャラとして描かれる黒子の過去の失敗が描かれているので違った魅力がある。
    なお、本編でやって欲しかった気もするが黒子が美琴と出会ってからの思いが綴られたカバー裏の日記は黒子ファン必見である。

  • マンションで読む。再読です。萌えとしては失格です。でも、SFとしては悪くないです。読破してみようかな。

  • 好きなキャラが活躍してない巻ですね

  • ・木山先生の台詞が容疑者Xの献身でみたきがした
    ・美琴が武器にする砂鉄が錬金術っぽい
    ・この漫画の絵柄成人誌みたい

  • 木山センセのエピソードはアニメで見てたけどなんか感動

  • “「しっかし脳波のネットワークを構築するなんて突拍子もないアイデアをよく実行にうつそうと思ったわね」
    「複数の脳を繋ぐ電子的ネットワーク『学習装置<デスタメント>』を使って整頓された脳構造
    これらは全て君から得たものだ」
    「は?
    私そんな論文書いた覚えないわよ」
    「そうじゃない
    君のその圧倒的な力をもってしても抗えない……君も私と同じ――」”

    カバー下がキチガイでした。

    Thanks to H.R.

    “○月☆日
    うわさの『超電磁砲』とやらを初めて目撃しましたの。
    知名度のわりにどこかの大派閥に属するでなく、自分で派閥を立ち上げるわけでもなく、聞いていたイメージとは大分違う印象を受けましたわ。
    しかし外見と中身が一致しない人間など何人も見てきましたし、油断はできません。
    案外人望が皆無なだけかもしれませんわね、ケッケッケ。”

  • 一つの事件が解決して、黒子の過去のエピソード。一応伏線もあったので次の巻からの展開が楽しみ。本編に絡んでくるんだろうか。

  • 4巻が書店にもネット通販にも転がってなくて手に入らない現時点で
    これが僕の中の最新刊。
    前回の事件が収束するわけですが
    学園都市の暗部の存在がチラリと露呈することとなった。
    しかしまだまだそこはわかんないんだよね、楽しみです。
    後半はアニメで今あってるような学園ものやってます。

  • クライマックスらしく、アクションシーンかっこいいです。
    あとアンチスキルの人達がやっぱり好きです。この人達の日常編みたいなスピンオフ作品はないですかね…!

  • 個人的には、後日談は結構好きです。
    洗脳されていた子たちが、なんか良い様に変わっていく、なんか素敵でした。
    あと、寮長、こえぇぇぇ!!!
    今回のは割りとほのぼのしていてほんわかしました。
    黒子と初春のコンビもなかなか好きです!

  • 9784048677196  209p 2009・10・26 7版

  • 2010 4/20読了。富士書店で購入(古書)。
    カバーを取ったら出てくる黒子の日記(?)が・・・なるほど、そうしてお姉さまにはまるに至ったのかー。

  • レベルアッパー編の完結までと、門限やぶりでプール掃除する話、初春と黒子のちょっと昔の話。が収録されてます。全部アニメで映像化されてるエピソードです。

    レベルアッパーのエピソードは、さすがにアニメ版の方が迫力がありますね。かなり動かしてましたし。でも、こっちも頑張ってていい感じです。
    他のショートエピソードもいい感じにまとまってますね。

全36件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (3) (電撃コミックス)のその他の作品

鎌池和馬の作品

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (3) (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする