江戸「粋」の系譜 (アスキー新書)

著者 : 奥野卓司
  • アスキー・メディアワークス (2009年5月8日発売)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 16人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048677332

江戸「粋」の系譜 (アスキー新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • 美を目指して生きて来た日本人ルーツの嗜好性が垣間見える入門書。

  • [ 内容 ]
    現代の日本のライフスタイルや文化・産業の原型は、すべて江戸時代にある。
    そこには町民たちが大事にした美意識「粋」が息づいていた。
    歌舞伎・からくり・浮世絵・黄表紙…。
    絢爛たる江戸文化に流れる「粋」の系譜を追いながら、それらを鏡として現代社会を読み解き、私たちが生きる近未来を見通す。

    [ 目次 ]
    プロローグ 歴女、源内に会う
    第1章 江戸時代のメディア・プロデューサーたち
    第2章 江戸時代に成立した日本型資本主義
    第3章 江戸の「モノづくり」は「モノ語り」づくり
    第4章 時をめぐる少年少女たち
    第5章 江戸と上方の動物観
    第6章 ジャパンクールのルーツ―粋・通・連
    エピローグ なぜ「江戸」がブームになるのか?

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • アスキー・メディアワークス発行って時点で「ん?」と思ったんですがいやあ恐ろしい本でした。とりあえず最初の小節のタイトルが「歴女は江戸をめざす」^q^・・・?

    内容としては今江戸にはまってる人たちに、もうちょっと本当の江戸ってもんに眼を向けてみようぜ?あんたらが今楽しんでる文化も江戸と繋がってるんだぜ?って促してる感じの本で、軽いテイストで読みやすかったです。
    しかし蔦屋が「東海道中膝栗毛」と「南総里見八犬伝」もプロデュースしたってのは間違いだよね?うむむ?私の読解ミスか?

    あと歴女歴女連呼するので非常に心臓に悪い・・・。著者は現代のサブカルチャーにも造形が深いようで、コミケ・mixi・初音ミクなどの話題にも触れています、mixi登録してるのかこの人・・・ラブリンとか亀さまとか・・・それにしてもこの著者「歴女」を二つのタイプに分けていて「戦国武将萌え」と「江戸文化萌え」らしいのですが・・・え、江戸文化萌え歴女ってそんなにいるの??




    はやく歴女って言葉滅びないかしら・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

奥野卓司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

江戸「粋」の系譜 (アスキー新書)はこんな本です

ツイートする