GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (2)上 (電撃文庫)

著者 : 川上稔
制作 : さとやす 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2009年6月10日発売)
4.20
  • (89)
  • (72)
  • (46)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :815
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・本 (905ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048678483

作品紹介

重奏世界の末世救済の鍵となる9つの大罪兵器のひとつを身に宿した少女・ホライゾン。彼女を聖譜連合から奪還した航空都市艦"武蔵"の総長トーリ達は、二番目の大罪兵器の譲渡を請うため日本海上空に浮かぶ島・英国へと向かう。しかし同時に、大内家と融合し西中国地方を支配する三征西班牙も、来るべきアルマダ海戦の歴史再現に先駆け、行動を開始していた…。中世の日本と各国が同居する学園ファンタジー世界"極東"を舞台に繰り広げられる壮大な「GENESIS」シリーズ、第二話スタート。

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (2)上 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本を読めば考える力がつきますが、この本なら腕の力もつきますよ!

  • ※アニメ2期全話視聴済。
    きゅ、きゅうひゃくぺーじくらいでやっと序盤が終わったような感覚…?で、ふるえる。そして2下の厚さにもわななくもののアニメの話の流れを思い出すとこのくらいあって当然か…と納得できてしまってさらにふるえる。
    描写のクセが強いのと、そもそも馴染みのない世界観だったり、ぱっと頭に浮かばないモノが多いのとで、理解に時間がかかったりキャパオーバーしてヒイヒイなのは1上下から変わらず。でもそのぶんきちんと考えられている物語をじっくりじっくり浸透させてるかんじがあってすごく楽しい。
    あと登場人物が皆一生懸命善く動いている印象があって皆好きになれて嬉しい。「悪い」人がいないなあと思えてにこにこ。
    アニメから入った人間なので、アニメで描写された部分は想像しやすく、省略された部分が補完できるのがすごく贅沢でありがたいことで特に「こういう心の動きがあったのかー!」が補完できるのがすごくしあわせでこれから先の補完も楽しみ。

  • 救済を待ち望んでいたのだと。

  • とりあえず、トーリがほぼ全裸だった。
    シリアスなはずが全てギャグシーンになっていく感じ。
    1巻の上、下、そして2巻上、と順調に厚くなってきます。
    単行本1冊を読みきるのに1週間かかるとか、もはやライトノベルじゃない。
    ただその分、読み応えがあって、とても面白い。

  • 2の上巻。イギリス編

  • 図書館より借出で読了。
    やっと読み終わった。

    1巻と違い、アニメ2期見れてない状態なので(最後の3話は見たけど)、自分の脳みそ的についていけるか心配だったが…案の定大変だった。
    日本史とメカニック大好物ですが、カタカナ苦手、政経、地理苦手。
    英国史はネタ的大好物で、カタカナ得意だった中学生くらいまでに結構読んだ筈何ですがね…綺麗さっぱり忘れてる。
    勢いで読める部分と理解するのに時間かかって脳みそパーンとなって止まる部分が交互にくるので、読み終えた疲労感凄い。
    そんな2巻上でした。

    あと、誤字というか、校正されてんのか?ってくらい間違い多い…こんなに間違い多い小説初めて読んだ。
    「Jud.」と「Tes.」の間違い致命的だと思うんだけどな…。
    読んでるの再版分でしたが、訂正されてない(泣)。
    …それも読むの遅くなった原因かも。





    しかし、ベルさん可愛い。癒やし。

  • 第2巻〈上〉を読破。

    ホニメ第2期も無事終わったので、ストーリー補完のために原作を読み始めました。

    相変わらずの分厚さですが、相変わらずテンポよく読めますね。

    無事ホライゾンを処刑から救出した武蔵一行は、さらににぎやかになっていました。

    トーリとホライゾンのやり取りがww

    スポーツドリンクがスポーツコーンスープとかww

    トーリの体と命をはったボケに腹筋崩壊ですね。

    今回はたくさんのキャラが登場しますね。

    三征西班牙側や英国側の学生さんたちとか。

    っていうか、そうか。

    武蔵は18歳までだけれど、他国は年齢上限がないんでしたっけ。

    ぶっちゃけ武蔵の学生たちが結構フツーに見えてくる、そんな濃いメンツばかりでしたね。



    あとここの世界、幽霊もフツーに学生やってるのか……。

    読んでびっくりしました。

    房栄さんも幽霊だったとは……。

    三征西班牙の総長兼生徒会長がただの掃除夫と化している件についてww

    あっれ?

    総長とか生徒会長って雑用係なのか?

    爆笑

    でもなんだか憎めない人だなあ、とは思いました。

    前回で武蔵に負けてしまい、さらには大罪武装まで奪われてしまった宗茂さん。

    襲名解除ってことは、宗茂さんが宗茂さんでなくなるわけで。

    そうなると誾さんの旦那さんも変わるわけですか?? とか思ってしまいました。

    宗茂さんと誾さんの出会いというか、関係が甘いのか壮絶なのか……。

    戦って、腕斬られたって……。

    毒盛ったってのは失敗じゃなくてわざとだったとか……。

    なにこの夫婦、すごすぎる。

    英国では点蔵に金髪巨乳属性がww

    あと女子の風呂覗きのシーン。

    逆だろww とか思ったら、誤変換ひどいwww

    これはひどいwww

    は、腹痛いwwww

    と草がいっぱい生えてしまいました。

    分厚さもあって語りたい内容とかいっぱいあるのに、どこをどうやって語ればいいのか。

    あ、ウッキー殿がかっこよかったです!

    めちゃくちゃそのシーンを想像してしまいました。

    今後、さらなるウッキー殿の活躍を楽しみにしたいと思いました。

    こうバカやるときは全力でバカやって、それでも全力で戦ったりしていて。

    ホライゾンの登場人物たちは本当に魅力的だなあと思いました。

    やっぱり賢姉が好きだなあ(*´▽`)

  • 重奏世界の末世救済の鍵となる9つの大罪兵器のひとつを身に宿した少女・ホライゾン。彼女を聖譜連合から奪還した航空都市艦“武蔵”の総長トーリ達は、二番目の大罪兵器の譲渡を請うため日本海上空に浮かぶ島・英国へと向かう。
    しかし同時に、大内家融合し西中国地方を支配する三征西班牙(トレス・エスパニア)も、来るべきアルマダ海戦の歴史再現に先駆け、行動を開始していた……。
    中世の日本と各国が同居する学園ファンタジー世界“極東”を舞台に繰り広げられる壮大な「GENESIS」シリーズ、第二話スタート!


    ***


    今回は読むのに時間が掛かりました。何故なら、序盤が武蔵に三征西班牙が攻め入ってくるシーンだからです。戦闘シーンには一切興味がない私ですので、もうつまらないことつまらないこと!
    地摺朱雀とか負け犬ナルガとか…ていうか今「ナルガ」と入力しようとした際の予測変換に「ナルガクルガ」があったのですが…!すげぇなあいほん!←
    試しに「あおあ」って入力したら「アオアシラ」って出たー!まじすげー!
    クルペッコとかジンオウガも出よるぞ…!あ、ゲリョスは出なかったやったね!

    …話がずれましたが、もうとにかくどうでもいいので読む気が起きない。でもちょこちょこ小ネタ挟んでくるから飛ばすのもなあ、と思うわけで。途中のナルガと東の話にどれだけ救われたことか…!

    まともに楽しめるようになったのは輸送艦が英国に落ちてからですよ。ページにして約300ページ。大体三分の一くらい。どんだけ読みにくいんだ…!

    それを超えてからは読む気が起こり、またちょこちょこ読み出す流れ。
    中年男性もあるていどいける私ですが、今回良かったのはフェリペさんんんんん!!!!苦労中年とか好きだなぁ。へろへろなよなよよろよろしてる人が好きなんですよ、うん。

    そしてやっぱり正純かわいいいい!苦労人も好きだったりするんだよねぇ。
    アデーレもかわいいよーー!
    浅間さんも変に苦労してる人だよなぁ。でも射撃巫女とか呼ばれるのは自業自得だと思うなー。

    変に苦労人好きが目覚めてしまった感がありますな。ええ、正しいと思われます。

    そういやネイトの貧乳回避がなかったな…下巻か!下巻だな!?

    後、喋る武器達が良いと思うのです。ネイトの銀鎖とか、二代の蜻蛉切とか。なんかなのはのレイジングハートとかバルディッシュとかのデバイスを連想させますな。
    前者は日本語でゆるゆるですが後者は英語でスタイリッシュという明確な違いはありますが。
    自分の武器とおしゃべり出来たら楽しそうだし楽そう。ていうか銀鎖が楽そう。手の代わりになったりやたら万能。

    点蔵と傷有りについてはアニメで見ちゃったからなあ。そんなに期待してはいない。現状、お互い他の人よりは気にしてるかなぁって感じで、恋愛に至ってはおらぬようですが。

    早く誾さんと宗茂さんが武蔵に来ないかなっ、くらいしか気になるとこないぞこれ。
    つーわけで☆3!
    戦闘なかったらもっと評価良かったのになー。多分。

    ていうか下巻て三征西班牙の超祝福艦隊とか出るじゃんよ。興味なさ過ぎて辛いお…!(ーー;)

  • ようやく読み終わったなぁと。
    と思いつつ、アニメも終わってしまうなぁと……。
    やはり、小説の方が詳しく書いてある部分というか
    省かれていない部分が結構ありましたね。
    それがわかりやすくもわかりにくくもありと。
    くどくない文章のつながりなど、勉強になる所多々あり。
    ただ長い文章でなく、きちんと空きが来ずなおかつ
    理解度を得られる文章を作りたいものですね。

  • 英国前編

    大罪武装を集めるため、まずは英国へ向かうが、
    その途中で三征西班牙の奇襲にあう。苦戦のなか、悲嘆の怠惰を撃って、重力航行で逃げる。
    英国到着直前にはトランプの4人、ダッドリー、セシル、ベンジョンソン、シェイクスピアに襲われる。武蔵川はナルゼ、ウルキアガ、ノリキ、アデーレ+ペルソナ遅れてネシンバラで迎え撃つ。
    ネシンバラはシェイクスピアにマクベスの呪いを受けピンチで、強引に英国領内へ突っ込む。その影響で輸送艦が英国へ墜ちることに。そこで点蔵と傷有り=メアリが出会う。
    まずは、英国ハワード、ベンジョンソン、ウォルシンガムと、武蔵のシロジロ、ハイディ、正純で通商会議。合同学園祭の実施を決める。
    トーリとホライゾンは武蔵の方針決定のためデートへ。一方トランプの8人がそれぞれ相対で襲ってくる。

    メアリは処刑されるのか?
    王賜剣一型と鞘の行方は?


    登場した武装
    聖譜顕装(テスタメンタアルマ)=7つの枢要徳の新代と旧代に対応
    身堅き節制(クルース・テンペランティア)旧代: 弘中隆包
     相手の時間を倍に引き延ばす
    身堅き節制 新代: ベラスケス
     相手側の能力を使用回数だけ分割減する
    三征西班牙旗機 道征き白虎
    大罪武装 嫌気の怠惰(アーケイディア・カタスリプシ): フアナ
     「自分にとって悪である」と理解する箇所を束縛する
    巨きなる正義(ブラキウム・ジャスティア)旧代: ドレイク
     英国の正義を乱そうとするものは失敗する
    大罪武装 拒絶の強欲(アスピザ・フィラルジア): シェイクスピア
     通常駆動 防盾
     超過駆動 自分が受けた攻撃を流体に転換、使用者の内燃拝気とする

全37件中 1 - 10件を表示

川上稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (2)上 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする