9S(ナインエス)〈10〉true side (電撃文庫)

著者 :
制作 : 増田 メグミ 
  • アスキーメディアワークス
3.72
  • (13)
  • (20)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 251
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048680141

作品紹介・あらすじ

最果ての地シベリアで未曾有の事態が発生する。地球上のあらゆる生命体を脅かす生物が独自の生態系を築き始めたのだ。それは最悪な形での遺産汚染だった。その頃、由宇は地下深くの牢獄に自ら閉じこもっていた。闘真との決別は彼女から希望の全てを奪ってしまったのだ。今の彼女には誰の声も届かなかった。己を知るため真目家に戻った闘真。そこに「ロシアにいるクレールの母に会え」との要請がくる。クレールのため、そして禍神の血の本質を知る者に会うため。闘真とクレールは恐るべき未来が待つとも知らず、ロシアへと旅立つのだった。二人の再会はいつ!?驚展開の新章突入。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011.12.20読了

  • 12冊目で新章突入。絵師が変わって雰囲気が変わってしまったのがちょっと残念。シベリア編導入というところ。由宇と闘真の直接な絡みがなかった。マモンが無駄に可愛く書かれてるなあ。クレール親子の再会はほっこり出来ました

  • ロシアの天才、セルゲイ・イヴァノフ。勇次郎の遺産技術を応用した彼の研究は珪素生物という化け物を生んだ。由宇を離れた闘真は従妹のクレールの母親を見つけるために、シベリアの奥地へと向かう。そこで出会ったのはクレールの母親と珪素生物に追われた難民だった。遺産犯罪を嗅ぎ付けたADEMは岸田博士、八代、マモンを送り調査を開始する。

    本巻から新たな物語が始まります。
    ミラージュ、ミネルヴァ、七つの大罪と闘ってきたADEMが、今度は新種の生物と対面する。国家の軋轢で思うように情報収集ができない中、人類駆逐へのカウントダウンが迫るというはらはらドキドキの展開。

    海星事件で捕えられたマモンが司法取引によってADEMのメンバーになります。八代とマモンのコンビ好きだなー。

    イラストが今での山本ヤマトさんから増田メグミさんに代わっています。山本さんのイラストも9Sの世界観をよく表していたけれど、増田さんのイラストはそれに輪をかけて特にシベリア編のイメージにぴったりきます。ちょっと少女漫画ちっくなのだけれど、なんと言っても絵が綺麗。ゴーゴリと会食するシーンのマモンがかわいいです。

  • 新シリーズ開始。
    ここまでのシリーズがスピード感あふれていただけに、説明が多く物足りない。今後に期待。

  •  この人、多分っていうか機械書けないのかな・・ 山本ヤマトさんに戻って欲しい・・ 
     けど、無理ですよね。。

  • テストかも,しれない"コメント"

  • 新しい展開「true side」。まだ序盤のため盛り上がりにかける。珪素ベースの無機物生命体との攻防。ロシアの裏の勢力の思惑がまだくわしく見えてこないのでこれからって感じかな

  • ちょっと間延びした感がある。ケイ素生命体は敵としてあまり魅力的ではない。

  • 八代とマモンを応援したい^∇^

  • 9S最新作!
    まあ、シリーズ新章ということで。まだまだ序盤です。
    早く二人が再開したらいいなあ、と。
    イラストレーターさんが変わりましたが、これはこれでありかなって言う程度で特には。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

電撃文庫『9S<ナインエス>』が大ヒットし、現在も続く長期シリーズとなっている。大胆な設定と躍動感あふれる筆致には定評あり。幅広いジャンルで活動中。

「2018年 『0能者ミナト<11>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

9S(ナインエス)〈10〉true side (電撃文庫)のその他の作品

葉山透の作品

9S(ナインエス)〈10〉true side (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする