すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
3.30
  • (18)
  • (35)
  • (63)
  • (19)
  • (5)
  • 本棚登録 :397
  • レビュー :53
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048682206

作品紹介・あらすじ

太平洋の真ん中、赤道直下に浮かぶ、名前のない小さな島。そこには教会があり、神父とわずかな島民が暮らし、訪れるどんな二人も祝福され、結婚式を挙げることができる。同性愛、近親愛、不倫愛、そこではあらゆる愛がゆるされる-その二人が、ほんとうに愛し合っているかぎり。その島を訪れる、父親と娘。それから姉と弟。ある者は愛の存在証明のために。またある者は不在証明のために。様々なものを見失って渇いた者たちの、いのちと時間がその場所で交錯する-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語というのはあらゆるものを真とする

  • 愛の物語ではなく、呪われた愛からの解放の物語といった方が、たぶん適切なのではないかと感じました。

    太平洋に浮かぶ小さな島に、同性愛であれ、近親愛であれ、不倫愛であれ、結婚式が挙げられる教会がありました。2人が本当に愛し合っていると神が認めれば、教会の奥にある扉が開くと言い伝えられています。

    この島を訪れた2組の男女が、この物語の主役です。一方は父と娘で、もう一方は姉と弟です。父は藤岡学といい、周囲の人びとに「先生」と呼ばれている小説家です。娘は藤岡咲希といい、先生とその愛人の間に生まれた娘でした。父は、愛など少しも信じてはいませんが、娘に引きずられるようにこの島にやってきます。父は教会の神父に出会い、教会が、愛してはならない人を愛してしまった人びとの想いを、信仰によって支えていることを教えられます。「神の名において強迫し、快不快の物差しを造りかえること。幸せを再定義すること。それが信仰です」。

    しかしそれは、愛を信じない「先生」にとっては真実でも、愛してしまった娘にとっての真実ではありません。「愛していいかどうかを決めるのは愛する側です。愛される側ではない。だから信仰が力を持つんです」。

    教会の扉を開けることのできなかった娘は、島から帰り、先生の妻のもとに引き取られて育ちました。彼女は「先生」の愛を求めて、異母弟の直樹とともにふたたび教会を訪れます。島に残された「先生」の手がかりをたどりながら、2人は教会の真実を突き止めます。そして彼らが教会の扉を開けて目にしたのは、「先生」の残した小説と、聖書に刻まれた父と娘の名前でした。父もまた、彼なりの仕方で、娘への愛を再定義し、そこに自分自身をつなぎとめていたのでした。

    エピローグでは、咲希と直樹の娘・藤岡愛が教会を一人で訪れ、「愛する人がそこにたしかにいると、感じられるだけでいい」という決断を下すことで、3世代にわたった呪われた愛からの解放を実現することになります。

  • 最後に時系列がよくわからなくなった。途中までは適度にグロテスクでじとっとした感じがよかっただけに、残念。

    『ほんの一ミリグラムの望みは、絶望の千倍つらい』

    『幸せを再定義すること。それが信仰です。』

    なかなか好きなフレーズを書いてくれてました。

  • 群像劇かと思いきや、してやられたので★+1です。

  • 太平洋の真ん中の名もない島。
    そこは同性愛、不倫愛、近親愛などあらゆる愛が許される命と時間が交錯する島。

    杉井さんってこんな作品も書けるんだなぁという感想しかないな。
    組み立ても上手いし、まとめも上手いんだけど、登場人物に名前が基本なく、感情移入が出来なかった。
    でも、そこが味なのかもしれないけど。

  • 6月15日B

  • 二層構造の奇跡

  • 予想以上に構成が凝っていて面白かった。
    小説ならではの仕掛けに驚かされるのは心地好い。
    ただ、主要なテーマになっている近親相姦が、単に奇をてらうためだけの題材の域を出ていないように思えた。
    1と2とか、その辺りは面白かったのだけど。

  • 老師の語る信仰の話が面白かった。
    個人の快不快によって、それが許されるものなのか、許されないものなのか判断されるのは、愛に限ったことでもなさそうです。
    ゆるされた愛が造った未来は、あまり幸せには見えなかったので、ゆるされないほうが良いって事もあるんじゃないかと思ったり。
    考えれば考えるほどキリがないテーマにも思えます。
    時間軸が交錯した謎めいたストーリー展開がすごく好みです。
    短いけれど深い物語でした。

  • 『すべての愛が ゆるされる島』
    200ページを切る分量の小説。
    冒頭から引き込まれました。

    設定がボク好みでした。(なんともエロティック)

    個人的に、孤島や絶島を舞台にしたものを『島物語』と勝手に分類しておりますが。

    表紙カバーとタイトル名で、選んでしまいました。
    設定もいい、あとがきもよろしい。

    最後が少しもったいなかったような気がします。

    それ故に、読了後、そこを自分の想像力を働かせて、
    オリジナルストーリーを膨らませることができました。余地を残してくれた作品と言えそうです。
    (END)

全53件中 1 - 10件を表示

すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)のその他の作品

杉井光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする