鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 2 (シルフコミックス 9-2)

  • アスキー・メディアワークス
3.88
  • (31)
  • (29)
  • (33)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 429
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048682381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鳥籠荘で一人暮らしをする17歳の衛藤キズナは、同じ鳥籠荘の住人である新鋭画家・浅井有生の専属モデルのバイト中。
    ある日、鳥籠荘で奇妙な盗難事件が発生。怪しい人影に付きまとわれたキズナを救った有生は、乱闘の中で利き腕を怪我してしまい…。

    今回はだいぶ恋愛面が動いた感じ。ミナコの名が出たところで話は何とも重苦しく複雑な感じに。
    由起の方が今回は割と押してきてます。
    原作だと鳥籠荘自体にスポットを当てているので、キズナ達以外の住人も細かく描写されているけど、この漫画版はそこら辺は綺麗さっぱりそぎ落として、あくまでもキズナ、有生、由起の三人に焦点を絞って進む模様。
    それはそれですっきりして読みやすく、ああメインである彼女たちの話はこんな感じだったかと再確認させてくれた。
    ただ省かれたせいで、掃除人とか華乃子ちゃんとかが原作読んでないと、何だったの?ってレベルでよく分からないキャラに。猫パパみたかったなー。

  • 続き読みたい。

  • ヘレンさんって、こんな人だった?

  • 由起カッコいい!!笑
    普通に、由起みたいな男友達ほしいなあ、なんて。
    鳥籠荘……どこにあるんだろう……?
    住んでる住人を見る限り、家賃も高くなさそうだし……住みたい……

  • 由起さんに惚れる。続きがものすごく気になります。

  • 09/11

  • んー・・・絵は大変好きなのですが、ストーリーは原作読まないと面白さが分からないのかもしれない。お約束の展開というか・・・(もごもご
    あと、いまいち世界観が良く分からないのも。せっかく奇人変人がイパーイなんだから、そこら辺も見せて欲しいなっとか。

    壁井ユカコさんが原作とのことなので、ちょっと買ってくるです。

  • 物語が有生の過去にツッこんでいって徐々に深みが増して面白くなってきた、かも? 相変わらず、雰囲気はとても好みなものの設定がとても分かりづらいですが、“これはこういうもの”として割り切れば問題ないのかな。…つか、原作読め、ってことなのか? ともあれ、またあまりなところで“次巻に続く”となっているので、先がとても気になります。

  • “「私は “ミナコ”の 使い捨ての 代替品?」
    「………
    まぁ そういう とこかな
    どうする? モデル もうやめる?
    センセイがまた 使い物にならなくなる まで続けてくれたら こっちとしては ありがたいけど
    やめても いいわよう
    自分から やめたほうが 傷つかないで 済むものね」”

    絵が綺麗だなー。
    っていうか、華乃子ちゃん可愛いよ華乃子ちゃん。

    “「ねぇ もう一つ 聞いても いい?」
    「嫌だ」
    「衛藤キズナは モデルをクビに なったの?」
    「……… 別に
    クビになんて してない」
    はぁ
    「なぁんだ 残念
    そろそろわたしを モデルにして くれるかと 思ったのに」
    「しないから 犯罪だから それ」”

  • 次巻が凄く気になるひき

    絵がこのみ

    話もすき

全14件中 1 - 10件を表示

鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 2 (シルフコミックス 9-2)のその他の作品

宝井理人の作品

鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 2 (シルフコミックス 9-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする