よつばと! 9 (電撃コミックス)

  • 角川グループパブリッシング
4.61
  • (914)
  • (328)
  • (89)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 5078
レビュー : 272
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048682473

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012 10/3読了。WonderGooで購入。
    なぜか最新刊からさかのぼって買っているシリーズ、9巻。
    くまのジュラルミンと気球が出てくる巻。
    でも個人的に面白かったのはよつばとがよていを立てる巻。予定たてるのに一生懸命で予定立てた時間を過ぎてるとか小さい子あるあるw

  • 焼き肉屋での乾杯がつぼった(笑)!しかもアイスかよ(笑)!
    ジュラルミン…よつばがどんどん女の子になっていくなぁ
    やんだはよつばと一対一だといじめっ子だけどジャンボととーちゃんと居るといじられっ子だなぁ
    気球すごい…作者さんの画力で読者まで感動!

  • 1巻から最新巻までをずーっと無限ループで読め!、と言われても一向に困らない希有なマンガ。

    何ということのない日常を描いていながら質が高い。
    あっぱれ、です。

    9巻は、えなちゃんがさらにいい子。やんだvsよつばもさらに磨きが。

  • よつばとを読まないなんて、人生損してる。
    特にでっかいことなんてない。
    と、思ってしまうのは、実は自分がすでにこどもの心を忘れかけているからかも。
    よつばにとっちゃ、毎日が冒険なんですね。

  • なんともない日常のはずが、ここまで新鮮な目線で描けるものかと感動します。背景の描写だけでも一見の価値あり。面白い人たちだな~、友達になってみたいな~、と思う、好感度な作品。9巻のお気に入りはジェラルミンかなー。

  • とーちゃんと結婚したい。

    とーちゃんいいキャラすぎだろ!
    子供の心を忘れない大人げない大人だいすきだ。
    そして子供の対応の仕方、見習いたいほど理想的。
    ジャンボもいいよね。
    やんだが今ひとつ子供の対応がへたくそなのは、なんか伝わってくるよね。イマドキ若者。

    あとあさぎねーちゃんが、なかなか付き合いが良くていいね。
    美人のくせに、ぐるぐる希望か。いいな。
    あのバルーン大会はきっと地元に取材に来たんだと信じたい。

  • 変わっていく季節、変わらない毎日。

  • テディベアのジュラルミンを買ってもらう。そこから毎日一緒に連れて行動しているのがお気に入り感出てる。

    バルーンフェスティバルの話がとても好き。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 夢でとーちゃんにお菓子を食べられる。涙目でとーちゃんの腕をどけるとこがかわいい。
    予定をする話。予定の意味がよくわかっていなくて、やたらタイトなスケジュールだったり、洗濯ものが乾いていないのに「予定だからしょうがない」ととりこんじゃうのがおもしろい。
    買い物。とーちゃんはコーヒーメーカーを購入。よつばはぬいぐるみを買ってもらう。買い物回のわくわく感はいつも良い。とーちゃんが「買ってあげるから良い子に~」と言い出したら、いつの間にか話がずれて、「かってかって!」「いや買うって、買わないなんて言ってねーよ」となるのがおもしろい。お会計のとき、「あ、それ、こいつが抱いて帰るんで」と言うのがなんかかわいい。
    とーちゃん初コーヒー。綾瀬家にジェラルミンを見せに行ったら、恵那のおさがりの車をもらう。風香にとーちゃんのコーヒーの話をしたので、持って行くことに。とーちゃん、「多分多少こぼれると思うけど、出来るだけこぼすな」と諦めてる顔で言うのがお父さんぽい。全然手元を見てなくてしゃがむたびにこぼすのが、もーかわいい。新しいものが一気に増えたから(ジェラルミン、車、コーヒー)、全部に気を配りきれないという感じか。結局、テーブルに置いた瞬間、カップを倒してしまう。その後、半泣きで唐突に車のお礼(とーちゃんにお礼ちゃんと言っとけよって言われたから)。
    ジャンボが焼肉屋の奥さんに半額キャンペーンを教えてもらったので、みんなで焼肉。とーちゃんと「にくだーにくだーやきにくだー」と手遊びをして、やんだが「それ俺ともやろうぜ」と言うと振り向きもせず「いや、やらん」と言うのとか、車内で、何もしてないのにやんだの頭を叩くとことか、やんだに塩対応なのがすごくいい。
    よつばさんの乾杯の音頭「はっけよーい、のこった!」
    とーちゃんの料理で好きなものを聞かれて、カレーと「ソーセージ丼(ソーセージ、目玉焼き、のり)」とーちゃん、あんまり料理しない人だけど精一杯頑張ってる感じが出ていていい。ソーセージ丼は確かにおいしそう。
    大人達が、よつばの前だとちょっとテンション高めで、どんどんボケを重ねていくのがおもしろい。
    やんだにジェラルミンがしゃべるところを見せようとして、「しゃべるのに」というニヤリ顔→しゃべらなくて途方にくれてる顔→半泣き→「しゃべったー!」とテンション高い顔、どの顔もかわいい。
    綾瀬家。あさぎに気球に誘われる。コーヒーのことを思い出して持ってこようとするが、玄関でコケてぶちまける。で、「ふーかがうちにくればいいでしょ!」気球の件、あさぎが「お父さんなんて言ってた?」と聞いて、よつばが「よつばのいうことがぜんぜんわからんっていってた」というの、かわいい。
    小岩井家。3姉妹が掃除や片付けをしだす。とーちゃん、ニ階から降りてきて気付く。よつばは積み木。「みんながお手伝いしてくれてるのにお前は何してる」「…つみき」
    とーちゃん、コーヒーを淹れる。「俺の入れたコーヒー、そんなにうまかった?」「まだ一度も飲んでません、よつばちゃんが全部こぼしちゃったんで」
    再度気球の話をして了承。風香は試験勉強のため不参加。皆の後ろで風香が淡々と積み木をしてるのが笑える。
    早朝出発。とーちゃんが起こそうとするのを不機嫌に振り払って、枕を顔に乗せてまた寝るのがおもろい。とらの車に全員乗れないことがわかり、急遽綾瀬母の車を借りることになったのだが、あさぎが恵那に「悪いけど…」と不参加を強要するように見せかけて、さりげなく車の交渉を押しつけたのが、さすがあさぎって感じ。
    会場に到着。立ち入り禁止テープのところで「よつばでもはいったらだめ?」「よつばでもだめだ、何?君偉い人?」とーちゃんのツッコミのキレがいい。
    土手を登るのに、あえて階段を使わずくさむらにつっこむの、なんかわかる~。
    気球を下から見上げるアングルのスケール感がいい。
    気球に乗って、「そらになりかけ」と言うのが、なるほど。小さい頃、絵を描くときに、画面の一番上まで地面を描いたら変じゃないかとか、地面のすぐ上に空を描いたら変じゃないかとか悩んだことがあったな。その感じと似てるかも。
    ジェラルミンを落とすが、とらが無事回収。
    竹トンボ。とらがとーちゃんより上手くて、とーちゃんが悔しがるのがかわいい。とらのと交換を持ちかけて、あさぎが「うわー男らしくない」とツッコミ。しかしその後も試行錯誤してコツをつかんだのがえらい。

全272件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あずまきよひこ:マンガ家。代表作『あずまんが大王』『よつばと!』

「2018年 『よつばと!(14)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あずまきよひこの作品

よつばと! 9 (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする