スイート☆ライン〈3〉オーディション編 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 如月 水 
  • アスキーメディアワークス
3.61
  • (5)
  • (13)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048684040

作品紹介・あらすじ

アニメ業界注目のビッグプロジェクト「セブンティーン」のオーディションがついに始まった!自信がなくて涙目の新島永遠を花沢正午が励まして、永遠は勇気を振り絞ってオーディションの会場へと向かう。でもそこで永遠を待っていたのは、何だかちょっと変わった審査で…。一方、天才声優の姉へのライバル心で頑なになってしまった神楽坂はるかもオーディションに参加するが…。16歳の無口な新人声優と、熱血少年が贈るハッピーラブコメディ、第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 永遠のオーディションをもっと書いて欲しかったなぁ。次巻以降、永遠とはるかと千秋もまじえてラブコメ色が強くなりそうだ。

    あとシックスティーンのスピンオフはげしく希望。

  • 9784048684040 285p 2010・3・10 初版

  • 2010年12月24日読了。人気声優たちとそれを応援する主人公のライトノベルシリーズ第3作。前作で思わせぶりな過去を匂わせて終わったヒロインの一人・はるかが抱える葛藤とそれと向き合う過程・・・。作者の得意な格闘アクション(ちょっとあるか?)も変態キャラも出てこないが、とても楽しめた!「秀才が天才にどう挑むか」というテーマは深いし、今後の展開が(難しそうだが)楽しみ。アニメ製作・声優のレコーディング・小説執筆の内幕などのうんちくネタも適度に挟み込まれており、是非とも長期人気シリーズになってもらいたいものだ。(もうなっているのかな?)

  • はるかの苦悩と成長を描いた巻。

  • 少しシリアスになってきたけど、やはり面白い

  • 本気で頑張っている秀才が忘れがちなものを思い出させるお話。

    現在、そういう状況に陥っている人に読んでほしい物語でした。

  • 相変わらずの安心して読める数少ない作家さんのシリーズの3巻!!
    永遠よりもはるか派なんですが…最初から…お姉さんは正直びみょうです。完璧人間は好きではないので…。後はクールな千秋は意外と気になる…トンガちゃんの活躍は…wwwwww

  • やっぱりこの主人公は好きだな。真っ直ぐというか読んでて爽快感がある。周りも(いろんな意味で)いい人が多いし。特に大人が魅力的。好きこそ物の上手なれとはよく言ったものですね。あと、嫉妬する永遠が可愛かった。

全8件中 1 - 8件を表示

スイート☆ライン〈3〉オーディション編 (電撃文庫)のその他の作品

有沢まみずの作品

ツイートする