「エロイカより愛をこめて」作品舞台を巡る世界の旅 「エロイカ」の歩き方

  • 50人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 青池保子
  • アスキー・メディアワークス (2010年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048684880

「エロイカより愛をこめて」作品舞台を巡る世界の旅 「エロイカ」の歩き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽しい雰囲気が伝わってくる。

  • 地球の歩き方のような感じでイラストがほぼ原作から取られているというもの。
    ファンにはたまらないだろうなって思います。

    昔から細かい背景だなって思ったけどこんな詳細だったのかと驚きを新たにしました。
    懐かしさと同時に、ここに行きたかったって思っていたことも思い出しました。

  • 新刊の横に置いてあったので、思わず手に取ってしまいました。
    舞台になった各都市を緻密な青池イラスト(といってもほとんどアシさん画か?)で紹介してあるけど、
    それと現地の比較写真はあまりなく、旅行ガイドとしては使えない。
    エロイカファンが、エロイカ舞台巡礼に行くときに見るだけなら
    コミックスでいい気も…。
    都市の情報や観光に役立つ情報はあくまで普通の旅行ガイドを見ればいいというスタンスか?
    なので新しいものはほとんど無く、青池先生コメントもちょっとだけ。
    使い回しの絵ばっかりで、もうちょっと新しいものが無いと
    この値段払うのはキツイかな。
    現地と比較して、このアングルが同じとか、ここがエロイカポイントだとか
    そういうことが分かるといいけど、ただ漫画の二次使用を多用して
    解説をちょっとだけ付け足したくらいではね。
    ファンは甘く見てるんじゃないだろうか。
    ファンが自分でツアレポ作ったらもっとましなものが出来たと思う。
    不満の残る一冊となってしまって残念。

  • 誤記誤植が散見するが、エロイカファンには楽しい1冊。
    ストーリに引っ張られてじっくり見てなかった背景がこんなに細かく描き込まれていたとは…。
    昔はエロイカ読んで、この国やあの町に行きたいと思ったもんだわ。
    引用されているエロイカが比較的最近のものばかりなのが、少し残念(昔は背景とかあまり正確に描きこんでいなかったということか?)。

  • この本と37巻を予約するのに、書店のお姉さんに何度も何度も「エロイカより愛をこめて」と、
    ちょいと恥ずかしいタイトルを言わせてしまった・・・ごめんね。
    37巻分、少佐と伯爵の活躍の舞台となった世界各地(主にヨーロッパ、アジアには来てくれてない・・・)を紹介♪
    作品舞台もいいけど、登場した乗り物、っていうのがおもしろい。
    馬に自転車、ソ連(あ、時代が・・・)の原潜にミグ、戦車レオパルド、国際列車イル・ド・フランス、真っ赤なフェラーリ、漆黒のベンツ、ゴンドラにカヤック・・・ああ、楽しい♪

全6件中 1 - 6件を表示

青池保子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「エロイカより愛をこめて」作品舞台を巡る世界の旅 「エロイカ」の歩き方に関連する談話室の質問

「エロイカより愛をこめて」作品舞台を巡る世界の旅 「エロイカ」の歩き方はこんな本です

ツイートする