花とミツバチ、秘密の関係 (B‐PRINCE文庫)

  • 18人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 眉山さくら
制作 : 一馬 友巳 
  • アスキーメディアワークス (2010年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048685368

花とミツバチ、秘密の関係 (B‐PRINCE文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「花とミツバチ、秘密の関係」
    著者 眉山さくらさん B-PRINCE文庫

    一人称単視点(受)
    「受」→僕
    「攻」→俺

    【プチあらすじ】
    大学院生受×生物学者&准教授(後に教授)攻

    教授の私物を片付けていた受は、その中に、フィルムでパウチされた美しい花の写真に魅了されてしまう。
    教授にその花のことを詳しく聞き、この花の研究をすべく、さっそく生息地へ同行してくれる人を探すが、やっと見つけた同行者の研究生がとんでもないヤツらだと知り、預けたお金を取られた挙げ句、強姦されそうに。
    危ういところを攻に助けられ、一番一緒に行ってほしかったフィールドワーク経験豊富な攻が同行してくれることになったのだが、条件を出されてしまい……。

    【プチ感想】
    お金持ちのお坊ちゃんで、周囲から浮きまくっている受が、誰よりも研究熱心で研究者としての資質が垣間見られる場面がナイス!
    野性的でワイルドな攻も萌えまくり♪
    侵入者を許さない部族に受が捕まり、そこで初めて知る攻の父親のエピソードも良かったですw
    「生意気で世間知らずな受」「研究オタク」「遭難」「族長からの求愛」このキーワードが好きな方は楽しめる作品です♪

  • 大学教授×研究員の物語。

    ワイルドな岩見教授とピュアっこな主人公がサバイバルで愛を見つけちゃうお話です。

    ハラハラの冒険に比重を置きすぎで心理描写なんかが弱いなと感じたのでこの評価で。逆にBL要素があまり強くないものをお探しの方には合うかもしれません。

  • (あらすじ)
    大学で植物の研究に夢中な恂哉は、
    美人だが気が強くて世間知らず。
    新種の蘭に魅せられた恂哉は、新進気鋭の准教授・岩見に、
    南半球の孤島まで一緒に探しに行って欲しいと頼む。
    しかし、引き受けてもらう代わりに、
    とんでもない条件を出されて!?
    研究の為に渋々頷いた恂哉は、傲岸不遜な岩見に翻弄されつつも、
    次第に彼の真摯な仕事ぶりに惹かれ始め…。
    初めての恋と蜜のように甘い快楽を教えられる旅。

全3件中 1 - 3件を表示

花とミツバチ、秘密の関係 (B‐PRINCE文庫)のその他の作品

眉山さくらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花とミツバチ、秘密の関係 (B‐PRINCE文庫)はこんな本です

ツイートする