ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―極東終戦 (電撃文庫)

制作 : きむら じゅんこ 
  • アスキーメディアワークス
3.96
  • (9)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048686983

作品紹介・あらすじ

猛吹雪の中、津波のように押し寄せる幻獣軍の前に、5121小隊をはじめ自衛軍は後退を重ね、八戸市を最終決戦の地と定め、起死回生をはからんとしていた。すでに日本の戦力は枯渇し、戦争継続のための物資も底を尽きかけていた。この間、東京では幻獣との戦争継続を望む軍産複合体に大原首相が対決を挑んでいた。政治・軍事・外交に及ぶ日本政府の大博打、欧亜作戦は、果たして戦争終結、そしてその最終目的である幻獣との恒久平和を実現することができるのか?どこかの誰かの未来のために-。戦場に突撃行軍歌が響き渡る。感動の最終巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逆襲の刻シリーズ完結。長かった幻獣との戦いに一応の終止符を打った。しかし、この後も外伝が何巻でそうな気配がある。このシリーズでは仲間のために戦う姿に何度も涙した。それほど熱いストーリーだ。いつかまたはじめから読み直したい作品だ。

  • すごい濃い最終巻だった。最近いるのかいないのか分からなかったヨーコさんの裏方支えぶり。来須の活躍と気になるその後。国会議事堂の混乱。森さんの壊れっぷり。山川彼女のフラグ回収。
    勝てる気がしない絶望感が読者にも伝わってきて、すごく良かった。
    5121部隊はこれからも戦争に引っ張りだされるんだろうな。かわいそうに。

  • 北海道独立、というキーワードに引っ掛かり2Kシリーズより購入しました。
    面白さにひかれ、既刊を購入しようとしましたが、これがなかなか大変でした。
    なかには既に廃刊になったものもあり、新刊購入はおろか中古でもなかなか見つからない巻が多数…。
    そして、やっと全て揃えることが出来ました。
    元々はゲームをノベライズ化したもののようですが、気にせず楽しく読み進めることが出来ます。

  • 全てのキャラクター達におつかれさまでしたと、榊先生、きむら先生にありがとうの言葉を。

  • おわっちゃったかー。残念だけどよかった。

  • これで榊ガンパレもひと段落かな

  • 他に戦争小説を読んだことはないと思うけれど、これは戦争小説。
    苦境に立ちつつ頑張る姿は、現在涙脆くなっている私には危険だった。
    特に電車の中とか・・・。

    兵器について詳しい訳ではないけれど、
    長い間読んで来ているので大体戦闘シーンの想像がつく。
    挟み込まれているマップはあるが、本文中の地名が見つからない。
    普通の地図見ながらの方が良かったかな?

    で、これ続くの?
    どっちとも取れるのですけれどw

全8件中 1 - 8件を表示

ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―極東終戦 (電撃文庫)のその他の作品

榊涼介の作品

ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―極東終戦 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする