ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉 (電撃文庫)

著者 : 上遠野浩平
制作 : 緒方 剛志 
  • アスキーメディアワークス (2010年8月10日発売)
3.66
  • (17)
  • (32)
  • (36)
  • (6)
  • (0)
  • 399人登録
  • 26レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048687676

作品紹介

どん底に落ちる-人生で必ず一度や二度は起きることよね。それは尖った杭を胸に突き刺されるようなもので、とても苦しいけれど-でも忘れないで。苦しみの中にこそ突破口が開けているのよ。あなたはそのための犠牲を払えるかしら。未来をすべて捧げる覚悟が-熾烈な魔女戦争で致命的な一撃を受けた霧間凪。ビートと浅倉朝子の助けを借りての逃避行中にも統和機構の刺客は容赦なく襲いかかる。織機綺は葛藤に苦しみ、勝っているはずの氷の魔女アルケスティスも不安に駆られる…封じられたはずの炎の魔女ヴァルプルギスが企む大逆転が既に始まっていたのだ。超未来の『奇蹟使い』をも巻き込む謀略が世界を歪ませるとき、弱り切った凪は己の正義を取り戻すことができるのか…?"炎の魔女"の物語、第三幕。

ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話は大きく展開してきたが、ついて行けない部分もあって多少気持ちがだれた。

  • やっと読了。何故か積読山脈の底に埋もれてた。

    外伝とはいえ、ブギーポップの関係者が総動員されている話。
    ちょっとクロスがすぎて、作者全作を追いかけていないとわからない
    部分があるのはどうなんだろう。

    とはいえ、最後でどんでん返しでラスボスが判明。
    最終巻も一気読みの勢いがあったりする。

  • 挿絵だと「胸に杭が刺さっている」というより胸の谷間に棒を挟んでいるように見えてこれは……

  • 感想は最終巻で。すごいスピード(自分比)で読み終えた……

    1~3巻にこんなに熱中できると思っていなかったので、まだ最終巻買ってない。話を忘れないうちに買って来よう。

  • 深みに嵌る第3幕。

    凪、綺、正樹の3人が別々の立場に分かれる。
    自らの意思など皆無に。

    ブギーポップとは違って外伝の話は熱い!

    "炎の魔女"ならぬ"氷の魔女"となった凪と合流した綺、凪に殺意を抱き始めたビートと合流した正樹、ヴァルプルギス率いる統和機構の集団。

    あー次の最終巻が気になる!


    ただし今回はここまでー

  • ブギーポップシリーズで好きなキャラが“炎の魔女”こと霧間凪。彼女の中にいた本当の“炎の魔女”ヴァルプルギスと、宿敵の“氷の魔女”アルケスティスとの熾烈な「魔女戦争」もこの巻で急展開を迎える。敵も味方も正義も悪も、過去と未来までもが渾然一体となって突き進むこの物語はまだ続く。形勢逆転し、意外な展開で一区切りつけた魔女たちの物語、果たしてどんな結末をつけるのか?

  • このシリーズ、作者の他の作品に比べて妙に読みやすい。
    ストーリー的には、ココに来て遂に属性反転とかすげー展開になってきた感じ。
    ようやく敵が誰なのかはっきりしたし、クライマックスに向けて盛り上がっている。
    キャラクターもマキシム・Gやフェイ・リスキィなど魅力的な新キャラも出てきたし、釘斗博士が何かみなぎってきていて良い。

    個人的には釘斗博士もMPLS化して世界の敵になるんじゃないかと期待していたけど、最後の最後で小物的にやられちゃいそうな気もしてきた。
    引き続き、彼の運命に注目していこうと思う。

  • なんというドンデン返し!
    先が気になる…ドキドキ。

  • 結局のところ、「やっぱり凪が最強!!」って話?

    魔女をも恐れず、魔女にすら恐れを抱かせる…!
    どこまでもマイペースで己を失わない凪が格好良い^^
    次は『氷の魔女』になった凪の反撃が始まるのかな?
    ちょっと楽しみ♪

    それにしてもw
    ブギーポップ以外のシリーズにまでリンクしてくるとは思わなかったなぁ…。
    このシリーズ以外は未読なのだが、読むべきかどうか…とても悩むところだ(-"-;)

全26件中 1 - 10件を表示

ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉 (電撃文庫)のその他の作品

上遠野浩平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする