ニートの恩返し (電撃文庫)

著者 :
制作 : 明坂 いく 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048690454

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 町中で罠にかかっていた鶴を助けたところ,しばらくして居候させてくれと美少女がやってくる.特に何をするでもなくダラダラ過ごす鶴の化身?に業を煮やす主人公だが,その裏にはいろいろと事情があるらしく….前半はどういう方向に話が進むのか分からず,キャラクター同士の個人的な問題に終始するものかと思っていたが,動物保護といった方向性に話が発展したのはやや意外だった.自分は小さい虫などにも情が入って,危機から抜け出すのについ手を貸したりする場面もあるので,カニを助ける場面がないという主張は必ずしもそうでないと思ったが,親近感を持ちやすい動物かどうかで,相手に対して仮想的な人格を感じるかどうかは確かに変わると思った.あとはペットが擬人になるのも驚きだが,その擬人が特に問題もなく飼い主と一緒に学校に通っていて,飼い主の兄妹ということになっているというのも,どうなっているんだろうと思うところ.著者の他作品に比べるとあまりギャグ要素がなかったように思った.個人的にはやはりツシマヤマネコさんが好き.

  • 男が罠に掛かった鶴を助けたら
    その晩に美しい娘が訪ねてきて今夜泊めてほしい,と.
    さらに部屋に篭ってる間は決して覗くな,と.

    で,なんだかんだで覗いちゃうとそこには
    お菓子をつまみながら寝そべってゲームをして
    ダラダラと過ごす娘の姿が!

    そう,娘はニートだったのです.

    そんな感じで.
    やっぱヒロインがニートだと魅力が無いね.

  • 発想は良かったけど、やっぱりヒロインがニートやと
    魅力ないわ。

全3件中 1 - 3件を表示

ニートの恩返し (電撃文庫)のその他の作品

丸山英人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする