白銀のソードブレイカー (3) ―剣の遺志― (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.85
  • (1)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048691116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 次巻で終わってしまうのがもったいないほどの、相変わらず素晴らしい作品だった。
    初めは剣聖たちの圧倒的な力に戸惑うばかりだった主人公が、物語が進むに連れて一人前の剣士として成長していくのが印象的。
    豊富なキャラクターがこの作品の魅力で、主人公以外の登場人物は女性ばかりだけど、キャラがかぶっている人物が全くいないのは作者の創作力の賜だと思う。まだまだ目が離せない。

  • 今巻も一応レベンスの活躍シーンあったけど、何もしていない印象なのはなぜだろう。メインに絡んでないからなのか、そもそもキャラが薄いからなのか。気づくとエリザの討伐対象増えてて、どうオチをつけるのか気になる。裸イベントは必要?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都出身。代表作に『雨の日のアイリス』『白銀のソードブレイカー』シリーズがある。(いずれも電撃文庫)

「2017年 『魔術監獄のマリアンヌ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松山剛の作品

ツイートする
×