失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~ (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.60
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048691826

作品紹介・あらすじ

この道立宇田路中央高校には、まことしやかに伝えられる「不思議な噂」がある。失恋探偵。それは、正しく終われなかった恋を終わらせてくれる探偵なのだという。幼馴染への失恋をきっかけに「恋する気持ち」をなくしてしまった少女・零は、失恋探偵を名乗る優しい少年と出会う。彼の助手となった零は、いくつかの恋の終わりに立ち会い-青春のいたみを優しい視線で、しかしあざやかに描き出す、青春"失恋"物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「恋する街」
    消えてしまった彼への恋心。
    好きだったからこそ、どんな事も楽しい思い出として残ったのだろうな。
    それにしても、あの距離を苦に思わず通い続けた彼女は凄いな。

    「菫の選択」
    脚本に隠された彼女の真意。
    相手を想う気持ちがあるからこそ、怖じ気ついてしまうのだろうな。
    ただ、これは遠回しに伝え過ぎではないだろうか…。

    「眼差しのラピスラズリ」
    突然言い渡された別たの言葉。
    普通なら変だと思うことも、慣れてしまえば第三者に助言されるまで何も気付かないのだろうな。
    相手を想う気持ちが無いからこそ、自分の思い通りにならなければ激高するのだろうな。

    「白い声」
    彼が想いを寄せている相手は。
    自分を振った相手と以前のように接するというのは、お互い気不味いだろうな。
    調査のためとはいえ、そんな事が出来る彼女は強い人なんだろうな。

  •  女子高生 零はある日、小学校からの幼馴染である秋人に自身の思いを告げるが、振られてしまう。零は振られたショックで落ち込み、食事ものどを通らなくなる…かと思いきや彼女は普段通り、いやむしろまるで秋人への想いが嘘だったかのように感じている自分に困惑する。そんな彼女は学校内で噂になっている失恋探偵 那由他に自分の想いは本当に恋であったのか解明してほしいと依頼する。
    そして那由他のおかげで「失恋」を実感した零は恋について考えるため失恋探偵の助手を志願する。しかし舞い込んでくる依頼はそんなに甘いものばかりでなくて…。

     大概は小説内の恋は甘いものと感じがちだが、「失恋」をテーマにした本作は恋愛に含まれる苦い部分も多く描かれていて個人的に内容が深いなと感じた。特に最後の話は様々な人の思惑が絡んでおり読んでいてこういうこと現実でもあるんだろうなと感じ、自分はこういう恋愛したこと全くないなと自身の過去を振り返った。
     あとがきで作者が初代失恋探偵(本作に出てくる人の過去)を描いた作品をこれより前に出していると書いていたのでそちらもぜひ読んでみたい。

  • (収録作品)恋する街/薫の選択/眼差しのラビリンス/白い声

  • 【終われぬ恋をすくう探偵と、恋をなくした見習い助手の織り成す、青春“失恋”物語。】
     この道立宇田路中央高校にまことしやかに伝えられる、「不思議な噂」がある。
     失恋探偵。それは、正しく終われなかった恋を終わらせてくれる探偵なのだという。
     幼馴染への失恋をきっかけに「恋する気持ち」をなくしてしまった少女・零は、失恋探偵を名乗る優しい少年と出会う。彼の見習い助手となった零は、いくつかの恋の終わりに立ち会い、そして……。
    「……どんな気持ちも、いつかは消えてしまうの?」
    「恋は、終わり際が肝心なんですよ」
     青春のいたみを優しく、しかしあざやかに描き出す、青春“失恋”物語。

  • “失恋探偵があなたの恋の終わりをお手伝いします”

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

第19回電撃小説大賞〈電撃文庫MAGAZINE賞〉受賞。同受賞作『失恋探偵ももせ』でデビュー。以降、電撃文庫・メディアワークス文庫で青春小説を中心に執筆。

「2019年 『三角の距離は限りないゼロ4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

岬鷺宮の作品

失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする