やさしいセカイのつくりかた (6) (電撃コミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.41
  • (16)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048692113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    朝永悠が女子高講師となって約一年。一学期の終業式後にアメリカへ戻る悠と、葵やハルカら教え子に別れの時が近づいていた。残された時間に背中を押されるように悠、葵、ハルカたちはそれぞれの想いを胸に行動を起こす。彼らが選び、見つけた未来に在る「やさしいセカイ」とは――。女子高を舞台に紡がれるセンシティブストーリー、ついに完結!!

    【感想】

  • 学問は美しい

  • 2016/03/10:再読。イイハナシダナー。うるうるした。自分も前向きになれるような気がする。そういえば、アレが好きだなぁ、だなんて、心の中で押し殺していたやりたいことを少し思い出した。

  • 最終的にとても気持ちよく物語がまとまりいい読後感。プラス読者の背中を押してくれるメッセージも感じました。

  • 広瀬のほうだと思っていました

  • 完結巻。
    なんだかんだみんな収まるところに収まってよかったね。このロリコン共が。で、メインヒロインは結局誰だったんだw
    アニメ化しないのかなと思ってたけど、特になにもないまま終わってしまったのは残念。次回作も楽しみに待っています。

  • 全6巻全体の評価としての星5。
    メインの女子高生4人の友情って、ものすごく理想的な形だと思います。現実はなかなかこんな支えつつ踏み込まずにはなりませんよね。
    今後おすすめの漫画を聞かれたら間違いなく挙げるだろう作品です。

  • 優しくない世界を過ごしやすい世界に変えるため、葵が殻を破る。
    皆頑張ってハッピーエンドでした。

  • 朝永最後の日、やっぱりそういう結論になるよなーなんて思ったら、エピローグで実にオタク向け漫画っぽい大団円なラスト。誠実で直情な人がモテるのかそうなのか。

  • ハルカが主人公かと思ったら葵が主人公だったでござる

全11件中 1 - 10件を表示

やさしいセカイのつくりかた (6) (電撃コミックス)のその他の作品

竹葉久美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする