独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) (電撃文庫)

著者 :
制作 : 森井しづき 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.83
  • (13)
  • (40)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 265
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048692694

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014年1月のvol.35掲載の「参上!次元監査官!」が文庫でどうなっているか知りたくて購入したが、収録されていない。野崎まどの才能は文庫には収まりきらなかったようだ。

    面白くゆかいな本ほど、短時間で読み終わるが、笑いすぎてページをめくる手が止まるのは初めてであった。笑いながら机を叩いて、ティーポットが倒れたので、カーペットのクリーニング代を請求したい。

  • 隅から隅まで手を抜かないこのテンションは見上げたものだわ。後書きですら作品の一つ。その後書きが終わってもなお待ち構えてる巻末ミステリー。そしてさらにダメ押しは裏表紙の“あらすじ”いや!油断するな!カバーの裏も見よ!野崎まどに対峙する時は全力でぶつからんと駄目だねw。そしていい具合に脱力させていただけます。もうどこまでも付いて行きますよ。

  • シュール笑いは評価が難しいなと思いました。個人的には1の方が好き。

  • 独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) (電撃文庫)

  • カフェの軒先に置かれた一言メッセージ入りの黒板10日分だけで1話。
    大相撲の実況解説をフィギュアを使って(写真で)やりきる1話。
    巻末の広告枠を(文字通り)そのまま活用した館モノで1話。
    雑誌(他社含む)でボツになった原稿を載せたものが6話。
    あとはQRコードが文中に挿し込まれたり電子書籍の画面(読者コメント付き)が挿し込まれたり猫の写真(ただし猫は写っていない)だけ延々と続いたり、する一冊。

    筒井康隆が好きな人にオススメ。

    ライトノベルかくあるべし。

  • 人を食ったタイトルだが、内容も然り。小説の自由律、とでも言いたくなる短編の数々は、まずその様々な挑戦が面白いが、楽しめるか否かは人を選びそう。薦め難いが自分は面白い、という小説の中でもサブカルな立ち位置にある感。

  • ・カフェ
    ・ソムリエ
    ・二十人委員会
    ・人妻悦料理
    ・ワイワイ書籍
    ・大相撲秋場所フィギュア中継
    ・麻雀
    ・ねこさんぽ
    とっても面白かった。表紙も可愛い!

  • ギャグ、遊び心満載の短編集

  •  もはや小説と呼んでいいのかすら謎なものもたくさんある野崎まどさんの奇想天外な短編集の続編。

     まずはカバーイラストのみの作品(?)にはじまり、店の看板、チャット、QRコード、ドキュメンタリー、果ては他社用のボツ原稿まで掲載するという暴挙。今回も笑わせていただいた。でも、どの話もじっくり下調べしているなあと感じる。それだけにホント才能のムダづかいだと思うけど、そこが好き。

  • ソムリエしりとりw

    何気に「インタヴュウ」が好き。「クウ!」も最後でジワっとくる。
    (前作よりも「これぞ!」と引っかかる作品が全体的に少なかった)

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2009年『[映]アムリタ』で、『メディアワークス文庫賞』の最初の受賞者となりデビュー。2013年に刊行された『know』(ハヤカワ文庫JA)は第34回日本SF大賞や、大学読書人大賞にノミネートされた。その他の作品に『2』(メディアワークス文庫)、『野崎まど劇場』(電撃文庫)などがある。

「2018年 『正解するカド(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) (電撃文庫)のその他の作品

野崎まどの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする