空の彼方〈3〉 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
4.08
  • (42)
  • (44)
  • (25)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 315
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048700443

作品紹介・あらすじ

春。アルとソラは、トラマンテ通りで平穏な日々を送っていた。だが、突然事件は起きる。防具屋シャイニーテラスに営業停止命令が出されたのだ。それは、有力貴族であるアルの父が、息子を連れ戻すために出した警告だった。ソラは店のために自由を捨てる必要はないと言うが、アルは店とソラを守るため、父とひとつの"賭け"をする。そして、長い旅に出ることになるのだが-。不思議な防具屋を舞台にした心洗われるファンタジー、感動の完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 話の流れは、最後まで読まなくても、心配はしていなかった。思ってたとおりの結末。

    それでも、1巻から通してほっこりと読めるものでした。
    アルフォンスと兄の対面シーンが、どこも好き。
    父も出てくるかと思ったけど・・・
    最後、マリアベルも出てくるかなと思ったけど・・・
    ほかのメンバーたちも、ビアンカたちの結婚式も、
    気になる伏線とキャラクターたちが多すぎます!

  • 地味といえば地味なんだけど
    最後まで優しい雰囲気で
    読んでいてほんわかした。

    主役の2人もそうだけど
    脇役のその後も気になる。

    最後、花に委ねちゃったのは
    ちょっと残念だったかな…
    まぁきれいなお話ではあるんだけど。

  • 好きな人と一緒に生きたい。ただ、それだけ。その想いだけ。
    さまざまな運命に導かれた二人は、これから共に未来を生きる。
    とても優しくて切なくて温かくて美しい物語。

    ――いってきます。

    ――いってらっしゃい。



    追記:電撃スマイル文庫にて、ソラとアルフォンスの結婚式が描かれる。

  • 貴族の父親の横暴により想い人のお店が営業停止に追い込まれたのを主人公が何とかする話.運命という都合の良い単語により,かなりあつらえたような展開だけど,このくらい軽い方がスッキリ読めるのかもしれない.待つ側がメインというだけあって,冒険譚のクライマックスですら僅か20ページなのは,逆に考えればいいバランスだと思う.
    自分の重大な決断をモノに委ねたり,屈折した愛情表現というオチには全く共感できないけど,何はともあれハッピーエンドなのは良いことだと思う.

  • 2010年12月当時の日記転載

    時を超えて君を愛せるか 

    ほんとうに君を守れるか

    空を見て考えてた 

    君のために今何ができるか


    ~小田和正『たしかなこと』より抜粋~




    いやいやいや…。名作断言ですよこれは…。 
    第一巻から名作だとは思ってたのですが。
    この三部作を終えてあらためて名作だなと感じました。

    硬派な感じの、いまどきではない異世界ファンタジー。
    ファンタジーの設定イメージとしては「マリーのアトリエ」とかが近いのかな?(古っ!!ww)

    で、上の引用は3巻を読んでて浮かんだだけなんでお気になさらずw
    読んだ人の半分くらいは共感してくれるんじゃないかな?かな?w


    ただ感情の赴くままに突き進む若い頃があってもいいでしょう。
    何かを手に入れるために何かを壊してしまうこともあるでしょう。

    ただ、何かを守る時には、そんなやり方ではどうでしょう?

    大人になるっちゅーのは、何かを守れるようになることなんかなぁとか、5歳も年下の作品にあらためて気づかされましたww

    切なくも美しい終幕でした。素晴らしかったです!
    自作も正座でお待ちしておりますw

  • アルフォンスが自分自身と向き合う巻。今まで、憎いと思っていたことが、その行為が、見方を変えるとすべて愛情だった。今まで見えなかったこと、想いが見えてくる。そんな部分が面白かったです。

    マリアベルとアルフォンスのお兄さんの話が外伝か何かで読みたかったです。

  • ソラが前に進めて良かった。

    「わたしは、そう思う」というセリフが多いのが途中から気になった…

  • 全3作の完結本。ちょっと切ないけれど読んだ後にほんのりと優しい気持ちになる。1冊目を読んだ時はまぁいいなぁくらいだったけれど、3冊読み終わって考えると素敵なお話だったと思う。
    2011/9/8

  • 3巻では、お店に危機が…。3巻目にして、ここまで!という二人の進展ぶりにニヤニヤしてしまいました。

  • 「空の彼方」も最終巻。
    てかアルの貴族としての地位が高すぎで目が潰れるw

    アルフォンスの父親によりソラの防具屋「シャイニーテラス」が業務停止に追い込まれてしまう。アルはソラとシャイニーテラスのため新たな旅に出る――

    アルとソラがそれぞれ過去と向き合い、そして進んでいく姿に心が暖まる。マリアベルやラヴィアンといったお馴染み(?)の登場人物達も自分や人と向き合いそれぞれの答えを出していたと思う。

    「いってきます」、「おかえりなさい」という言葉がここまで身に染みた事はない。改めて見ると素敵な言葉だ。

    これで終わりとかもったいなさ過ぎる。でも、私達もそれぞれの道に進もう――「いってきます」

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

菱田 愛日(ひしだ まなび)
1985年、東京都生まれ。2009年、『空の彼方』で第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞し、メディアワークス文庫よりデビュー。
代表作に、『夜のちょうちょと同居計画! 』シリーズ、『』シリーズなど。
本業はアパレルショップ店長で、兼業作家。

空の彼方〈3〉 (メディアワークス文庫)のその他の作品

菱田愛日の作品

空の彼方〈3〉 (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする