野村総合研究所のやる気を引き出すチーム改革 (アスキー新書)

  • アスキー・メディアワークス
2.88
  • (1)
  • (5)
  • (12)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 78
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048700856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 業務改善、PDCA、とどの企業にもつきもの。
    トヨタのカイゼン方式などもあるが、やはり、それぞれの社風や文化もあるのて、NRIでは独自の視点でやったよという一冊。

    自由裁量権を与えて、自主的に考えさせるってのが、良い組織やチームを作っていくのだろうな。
    旧態依然のトップダウンだけで良い時代は過去のもの。と、言いたいところだが、実際はそういった旧式なところが多いんだろうな。
    はぁ...

    読むひとによっては、奮い立たせられるかもしれないが、人によっては、げんなりさせられるかもしれません。

  • 競合企業を知ろう第一弾
    俗人化・労働集約的という課題はNRIでも同じで、トップダウンではなくボトムアップでどう取り組むかが大切であるということ

  • 卒業生からの推薦寄贈図書。

  • 作業の感想が多め。もう少し具体的な細かい話がよりよかった。

  • システム保守担当者の悩み、モチベーション維持に立ち向かうはなし。エンハンスと呼ぶことで会社の重要な収益源であることを強調、定量評価によって客観的に捉え改善のサイクルをまわす。
    なにかにとりくむにはトップダウンのうごき、ボトムアップの動き、双方がうまく機能するひつようがある。

  • 社内の報告書レベルの内容で出版に値しない気がするのだが。社長とパートナー企業のインタビューは綺麗事フィルターを通しながらも興味深く読めるが、肝心な本文の程度が低い。■コレをやったら成果が出ました、がひたすら繰り返される。ソレを「どのように」やったのかが一番知りたいところなんだけど。そういう会議体やツール導入などは、皆やった方がいいと思っていて実際やってもみるのだけど、思うような成果が出なくてうやむやになってしまう…。そういうのをどうやって克服したのか、その辺が全く書かれていない。現場の声がほとんど載っていないからかなぁ。

  • チーム改革のポイントは?

    →1.見える化と情報の共有化
    情報活用の場までセッティングする
    2.意識向上
    ボトムアップにすることで当事者意識を持たせる
    3.属人化の解消
    属人化は問題であるという共通認識から
    また、各人が自分で考え行動することが大事

  • #031 野村総合研究所のやる気を引き出すチーム改革
    英語やったり新しい仕事やったりで、読書もちょっと間が空いちゃった。また読まなきゃ。
    久しぶりのレビューは、研修でもらった本。NRIさんで、システム保守をテーマに社内改革した話。内容的には、目新しくないけど泥臭いことを地道にやった話で、その結果がシステム障害を4年間で8割減らしたっていうからパンチは強い。まあ昔が多過ぎたんじゃね?ってうがった見方もできるけど、こういった改善活動をきちんと続けて成果を出した、ってのは評価されるべきでしょうな。
    NRIさんではなかなか日の当たることの少ない保守業務を、エンハンス業務と名前を変える事で社員の意識を向上させて自律的改善活動が回るようにしたそうな。もちろん名前を変えただけじゃなくていろんな苦労をしたそうで、大変だったろうけどいい仕事してますねという感想。保守に閉じなくても、組織運営の参考書としてもいい感じだろう。究極の保守づくりにもいいヒントになった。

  • 新規開発に比べて、地味なイメージの保守を、自社のコアコンピタンスとして、定着させていく過程に、希望を感じた。

  • 半分仕事で読みました。うちの会社に適用するにはいくつも壁がありそう。ボトムアップのためにはトップの真剣な姿勢がないと、よっぽどできたひとの集団でない限りは改善持続しない。

全15件中 1 - 10件を表示

野村総合研究所のやる気を引き出すチーム改革 (アスキー新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする