シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)

著者 : 有川浩
  • アスキーメディアワークス (2011年1月25日発売)
4.00
  • (969)
  • (1546)
  • (824)
  • (58)
  • (11)
  • 9314人登録
  • 1012レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048702805

作品紹介

「2年間で、劇団の収益から300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」-鉄血宰相・春川司が出した厳しい条件に向け、新メンバーで走り出した『シアターフラッグ』。社会的には駄目な人間の集まりだが、協力することで辛うじて乗り切る日々が続いていた。しかし、借金返済のため団結しかけていたメンバーにまさかの亀裂が!それぞれの悩みを発端として数々の問題が勃発。旧メンバーとの確執も加わり、新たな危機に直面する。そんな中、主宰・春川巧にも問題が…。どうなる『シアターフラッグ』!?書き下ろし。

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまりにも大きくなり過ぎて
    あえて最近避けていた(笑)有川さんの魅力を、
    今一度読み解こうじゃないか月間の第二弾。


    前作がかなり好きだったので
    不安もあったけど、

    なんのなんの
    忘れかけていたキャラたちが鮮やかに蘇り
    面白過ぎて
    もう一気読みでした(笑)


    借金返済のため
    前へ前へと進んでいく
    シアターフラッグの劇団員たち。


    今回は一人一人の劇団員の心情と恋愛に
    スポットを当てたストーリーにより
    読ませる読ませる。


    シアターフラッグの看板女優、牧子に憧れ
    目標とする千歳と

    女優としての実力は認めつつも
    焦がれる巧が夢中になる千歳に
    女として複雑な感情を抱いてしまう牧子。

    この女優二人の
    斬るか斬られるかの緊張感あふれるやりとりは
    今作のキモであり
    読み応えアリ!
    (特に牧子の心情が切ないんよなぁ)


    そして関西弁のゆかりと
    二枚目担当小宮山の
    まさかのムフフな展開と
    二人の心情を吐露した
    嬉し恥ずかしい電話での会話には
    悶絶させられました(笑)
    (有川さんのキャラはすべて甘え上手。気の強い女の子やぶっきらぼうで媚びない男がたまに放つ優しい言葉や柄にもない気遣い、勇気を出した弱音や甘え方がとにかく上手い。ギャップ萌えの威力を誰よりも解ってる人なんだろうな笑)

    諦めさせるために
    全力のサポートをする司のスタンスがまた
    カッコ良すぎなのですよ…


    それにしても
    牧子といい、ゆかりといい、スズといい、
    これだけの劇団員を上手く書き分け
    血の通ったキャラを紙面狭しと駆けめぐらす
    有川浩恐るべし!


    実はファンシーグッズ好きなスズや
    料理上手なゆかり、
    意外にいい男な小宮山、
    いつの間にかテレビの再現ドラマに出てる秦泉寺(笑)、
    パジャマの裾はズボンにイン派で(笑)
    ホットケーキやアップルパイが好きだった司など

    前作より遥かに深く
    劇団員のパーソナルな部分が描かれ
    ファンにはたまらないだろうし、
    続編としては申し分ない出来なのではないでしょうか♪


    次がいよいよ最終巻ということで
    借金返済の結末は勿論だけど、
    個人的には
    司と千歳の淡い恋の行方や
    牧子の想いにようやく気付いた(笑)巧は
    どんな決断を下すのかが
    非常に気になるところです!

  • 劇団を主宰する巧くんと、彼の劇団がつくった借金を2年の期限付きで肩代わりした兄、司さん。

    前作よりも劇団のお金に対する感覚が現実的になってきて、無駄も減ってきた。お金だけでなく、巧が団員の出番に気を遣いながら書いていた脚本も無駄がそぎ落とされてますます面白くなってきた。
    このまま、とんとん拍子に完済の日を迎えられるのかと思っていると、次々に小さな事件が起こって・・・。
    どいつも、こいつもしょうがねーなーと思うようなことだけど、現実にはそういうことが小骨のように引っかかるものなのだよね。


    毎日は、まるで昨日と同じように続いていきながら、ほろ苦さや辛さを含むできごとがあって、ときおり訪れる甘酸っぱい気持ちや湧きあがるような喜びで彩られている。
    もちろん、それはたまになんだけど。だから、いいんだけどね。
    そういう彩りをより鮮やかに読ませてくれる読書の楽しみ。

    有川さんは、人の弱さや関係性からくる辛さはありつつも、いい人たちが集まるコミュニティーを描いてくれる。ひとりひとりが魅力を持ち、君とお近づきになりたい、お話ししたいという気持ちにさせてくれる。
    それは表面的な人物造形による長所ばかりが並んでいるのでは決してなくて、その人の持つ弱さや短所と思えるような側面さえもかわいらしさに見えてくる。
    結局有川さんの人に対する視点の温かさによるものなのかもしれない。
    ときおり有川さんや三浦しおんさんのお話に浸りたくなるのは、
    ちょっと人を責めたくなってしまう自分の弱さを受け止めて、
    どいつも、こいつも、いいやつだね~と、
    人を信じて、しゃんと生きていきたいという気持ちの表れなのかもしれない。

  • 有川さんだ~!と思っていそいそ借りたら、2でした。でも2からでも全然問題なし。
    劇団員て身近にいないな~と思ったけど、そう言えば学生時代に演劇サークルみたいなのはあって。
    そこで監督をしているのが友達の彼氏だったので何度か見に行ってたんだった。

    いかにも国文学専攻の男子学生特有の太宰めいた暗い世界観に「あー、はいはい」みたいな気持ちでシレーッとさめた目で見ていた私と対照的に彼女はうっとりうるうる「こんな世界を作る○○さんて、、、ステキ!!」みたいに恍惚としていたわけです。

    ○○さんに感想を求められ「別役実とか、いしいしんじ、お好きでしょ?」と訊いたら「え、なんで分かるの?そもそも君みたいなキャピっとした子はそんな作家は知らないはずじゃ、、、」なんて失礼な反応をされ、だから見た目で判断する奴は好かん!と憤慨しきり、だったのです。

    巧の場合は泣き虫だめっ子でも、人の本質を見抜く目は確かなようですが、、、ほんに主催とか監督って人種はモテますのう。
    古田新太さんもモテモテですし。あそこまで有名な売れっ子劇団ならともかく、熱血宰相に泣きついて借りた300万円を2年で返せなければ潰れてしまう貧乏中堅劇団シアターフラッグ。

    なんだろーな、最近有川さんの心情描写、過剰に思えてしまう部分が。。
    このあたりがラノベっぽいって言われちゃう部分なんだろうなぁ、とようやく分かりました。

  • 鉄血宰相が堂上教官とかぶるのはわたしだけだろうか。
    そして鉄血宰相を「好きだなあ」と思ってしまったあたり
    わたしは堂上教官が好きなのだと再認識。
    でも堂上教官のほうがすこし大人ですこしわかりやすい、気がする。

    1を読んだときはものたりなさを感じていたから
    2はどうだろうと若干1のときよりも期待度が低くなっていたのかもしれない。
    2はよかった。1よりもページをめくりたくなる気持ちが加速させられた。
    登場人物が多いけれど、わかりやすい。
    (わたしは多いのは苦手です)

    1を読んだからこその2でのおもしろさだから
    2から読んでもそれなりにおもしろいだろうけれど
    やっぱり1から読むことをオススメ。
    3もいつかでるようで楽しみ。

  • 表紙が司、巧、千歳の3人だった1作目は
    あくまでも3人を中心にストーリーが展開していたけれど、
    表紙に他の4人が登場したこの2作目は
    シアターフラッグのみんなが、それぞれの悩みやこだわりを抱えて
    より生き生きと動き出して、楽しい。

    取るものもとりあえず、神戸まで巧を迎えに行った牧子の
    「何で牧子が迎えに来たのって訊いて」 とか

    ふだん頼りない弟よりも、意外にファザコンの司の
    「すごいな、君は」 「声だけで俺を救っちゃうんだな」 とか

    転げまわっちゃうくらい胸がきゅんきゅんするセリフ満載です♪

    高飛車な支配人が君臨する大手劇場を蹴って
    特設会場を設営して挑む舞台が描かれるであろう第3巻、
    とてつもなく楽しみです!

  • シアター・フラッグ借金返済計画第二弾。
    10人の役者の色がはっきり出てきて面白かった。それぞれの目線で話が進み、とても読みやすい。
    次回で完結。

  • 率直な感想としては、キャラが多い…。演劇なので当たり前かも知れないが、読んでいくたびに「ん?」と初めのイラストの劇団員紹介に戻ってしまう。

    今回は、1ではあまり焦点が当たらなかった人が当たっていて真新しく感じた。

    1が演劇で、借金を必死で返していたが、2は恋愛多し!!!!


    3を早く読みたいー(●^o^●)いつ出るのだろうか…。

  • さあ、劇団「シアターフラッグ」は300万円を返済できるのか?

    と思って読み始めたのだが──。
    これで終わりじゃなかったんですね。
    てっきり、この“2”で完結するものだと思って読み始めたのに、中盤まで来てもまだ公演がだいぶ残っている。
    あれれ、と思っていると、とうとう最後まで来てしまった。
    なーんと、まだ続くんじゃないですか。残念というか、楽しみというか。
    巧君がテアトルワルツを自分から断るところなど、みんな世渡り下手だなあ、と思ったけれど、こんなところが愛しいのでしょうね。
    大人であって、子供のようで、譲れないところはけして譲れない、みたいな。

    *結局、総論的な感想も書けないので、このレビューは今までの自分のレビューのなかで最も短い……。
    早く“3”を書いてくださいな、有川さん。

  • 終わると思っていたのに、続きが気になるじゃないですか有川さん。完結したところでまとめて読めば良かったかも。ただただ好きなだけでやっていた劇団、しかし背負った借金と現実に劇団の将来を考える。喧嘩したり泣いたり笑ったりしながら、劇団員がひとつにまとまってきます。返せるのか借金、いつになるのかシアター!3。

  • 面白かった。
    有川浩さんの話ってキャラが感情を伴って私の中を駆け回ってくれるから好き。
    さぁーシアターフラッグは続くのか。
    巧と牧子、司と千歳の恋はどうなるのか?
    シアター!3が待ち遠しい!!

全1012件中 1 - 10件を表示

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
有川 浩
冲方 丁
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする