とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (6) (電撃コミックス)

著者 :
制作 : 冬川 基 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.16
  • (109)
  • (102)
  • (52)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 1302
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・マンガ (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048703505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 御坂美琴の自責の念に苛まれる姿がつらい。

    圧倒的な力で御坂妹を殺していく一方通行が恐ろしい。

    クローンたちを殺すことを強要するハゲ研究者に反吐が出る。

    だけど、一番不快だったのは御坂妹を診察する女性研究者だった。
    一見、一般的な価値観を持っているようであるし、御坂妹との受け答えもまともに見える。
    しかし、胸が痛むと聞いても心のことだと考えが及ばず、本人を前にしてクローンに対する不快感を口にする彼女たちは何を考えているのだろうか。
    少なくとも御坂妹の気持ちを考えてはいないだろう。彼女たちはきちんと人の気持ちを理解してコミュニケーションをとれる人物であろうが、御坂妹を誰よりも自然に人間と判別していないのだ。
    レディオノイズ編では常規を逸した非人間的な人物が多い中、まともに見える人間が一番怖いのだ。なぜならそれは我々自身にも起こりうる考え方になるからだ。

    己がまともだと思っていることへの危うさを考えさせられる「とある科学の超電磁砲6巻」でした。

  • 冬川さんって漫画凄い上手いんだなー、と思わされた。どれ位上手いかって言うと……『上条さんまじかっこ良すぎる!!ノベルやアニメだと、
    (上条さんなんて主人公補正で何やっても死なないし、一級フラグ建築士だしネタ主人公じゃね?)、
    なんて思ってたけど!うわこれは美琴も惚れるわ!ってか惚れなきゃ頭おかしいよ!なにこのイケメン!
    畜生女に生まれとけば上条さんとフラグ建てられたのになんで俺は男なんだよ畜生ぉぉぉぉ バンバン!!』…って位上条さんがかっこ良く見える漫画。絵が上手いだけじゃなくて、台詞回し諸々含めて「漫画が上手い」って思えました。読んでて楽しい!

  • 辭ア縺?●縲∽ク頑擅縺輔s?

  • こちらにもしっかり現れたな、上条君。
    禁書目録の裏側というか、御坂さん視点というか。
    今回はそっくりそのまま本編のエピソードをなぞります。
    上条君対一方通行の場面は、御坂さんいない所もあるけれど、きっと描きたかったのね、作者さんが。

  • 978-4-04-870350-5 241p 2011・2・26 初版

  • ※感想は第8巻のレビューに。

  • 上手いよなぁ、普通に面白いもん。スピンオフとはいえコミカライズとしては破格

  • 上条さんすごい!
    妹達が処理されてるのは見ててつらいです・・・。

  • 上条△

    アクセレータ編。補正率がハンパない。中学生を惚れさせるテクニック講座。

  • 上条さん大活躍。そりゃ美琴も惚れますよ。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (6) (電撃コミックス)のその他の作品

鎌池和馬の作品

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (6) (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする