facebook使いこなし術 パワーユーザーが明かす「楽しむ秘訣」 (アスキー新書)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
2.74
  • (1)
  • (7)
  • (15)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 133
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048703741

作品紹介・あらすじ

6億人が使う世界最大のSNS、facebook。ところが、始めてはみたもののどうも使い方がわからない、面白さがつかめない、という人が多いようだ。本書では、雑多でわかりにくい機能の要点を整理し、コミュニケーションを加速するコツを丁寧に解説。最終章では、人気大沸騰中のゲーム「CityVille」の攻略法も伝授。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フェイスブックの面白さがいまいちよくわからない。そんな方のために書かれたような本です。僕もみようみまねで今、フェイスブックを使っておりますが、この本を読んで疑問に思っていた箇所がずいぶん氷解しました。

    登録させているユーザーはいまや6億人とも7億人とも言われる世界を変えるほどの力を持つメガSNSフェイスブック。その使い方を解説した本です。といってしまえばそれまでなんですけれども、新書の厚さでここまで詳しく使い方が書かれているのはほかにあまり知りません。僕もフェイスブックのアカウントを持っている関係上、いま、勉強の意味も含めてフェイスブックの使い方に関する本を結構読みあさってはいるのですけれども、新しく出たものに関する本なので、玉石混交だという感が正直、否めませんでした。

    しかし、この本は新書のサイズと値段で、一通りこれを読めばビジネスやプライベートにかかわらず、フェイスブックというものがどういうSNSで、これを基本的に使いこなせるに足る内容がしっかりと網羅されております。

    フェイスブックはあるに越したことはないのですが、取り立ててインターネットやWEBに関する専門知識がなくても、個人の思うようにカスタマイズができますし、どういう風に使っても(公序良俗に反しない限り)いいのですが、この本をガイドラインに使えば、より効率的に自分のやりたいことを強力に推し進めるツールとして、あなたのために動いてくれると確信しております。

  • またもやFacebook本。マケプレで購入。

  • わからない人向けの入門書。
    なんとなくわかります。なんとなく。

  • Facebookのリストとグループがわかってきた。

  • これが導入するときにひと悶着あった機能を使ったアプリか、と別な面で考えてしまった・・

  • facebookで多くの友達をつくるメリットはわかった。

  • フェイスブックの楽しみ方、役立て方、などと書いていながら、「とにかくやって、フォローが付いたら、とたんに楽しい。だからやってみな。まずは100人のフォロー」という良く分からない本。
    読むのは時間の無駄。

  • 利用方法のわからなかったところがわかった感じですね。
    私はFBは基本リアルで知り合いの人中心にお友達構成ができています。友達の友達も中にはいますが。その範囲で充分楽しく利用していると思っています。特に学生時代の友人たちががんばっている姿をみて、パワーをもらっている感じですね。先日FBのおかげで同窓会もやりましたし。FBの使い方も人それぞれ。目的も人それぞれ。

  • リストを使って投稿内容を制限する機能があるのか・・・facebookを一般の人が利用する場合の入門書的な本。

  •  twitterもうそうだけど、Facebookも何がおもろいのか判んなくて借りてみたけど、やっぱり良く判らない。ブログ前の、自分で自分でしこしこサイト作っていた頃が一番面白かったかもしれない。
     一応やってみようとは思うけど。

全17件中 1 - 10件を表示

根岸智幸の作品

facebook使いこなし術 パワーユーザーが明かす「楽しむ秘訣」 (アスキー新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする