ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)

著者 :
制作 : 越島 はぐ 
  • アスキーメディアワークス
3.78
  • (1768)
  • (3699)
  • (2757)
  • (381)
  • (50)
本棚登録 : 20718
レビュー : 3133
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048704694

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 噂に違わない面白さ。キャラの立ち具合、ほどよいレベルの謎解き、古書のうんちく、構成の巧さなど、エンタメ系の物語として抜群の安定感を誇るのではないか。
    本のことは語りまくるけどそれ以外は超引っ込み思案の古書店店長と本が読めない「体質」のバイト青年という取り合わせなど、ほぼお約束通りの設定でも陳腐にならず、うまく機能してる。

    人と古書を結びつけるエピソードが4つ。人に人生があるように、本にも「本生」というか、印刷所から生まれ出て何人かの人の手を渡る間に、個々の本が引き受けざるを得なかった運命のようなものがある。
    それらは、あるいは地味な物語だったり、残酷さやほろ苦さを含んだ話かもしれないけれど、当人たちにとってはかけがえのない物語だったりする。
    思い返せば、人生なんてそんな地味な話の連続ではなかったのかと気がついて、ほっこり癒されるような読後感だった。
    もちろん地味なばかりではなく、ビブリア古書堂店主・栞子さんの命にかかわるようなピンチもきっちり作られていて、手に汗握るシーンもあるのでお楽しみに。

  • 読了、75点。

    **
    鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。
    「Bookデータベース」より
    **

    ドラマ化ということで、積読にしていた本を崩しました。
    本作品の楽しめる要素は主に3つ、ミステリとしての謎やその解明へ繋げるロジック、キャラクター小説的な要素、さらに本好きが好むシチュエーションや薀蓄だろうと思います。
    薀蓄に関しては、古書堂を舞台にしているだけあって好みでもあり、また割合新鮮な印象を持ちました。
    そして一番の売りはやはりキャラクターとその人間関係。

    古書店で出会う、という出会いから本好きにとってある種の理想的なシチュエーションでもありますし、そこで勤める様になってからの栞子さんと五浦の関係は、ややあざとさを感じないではありませんが、良く出来ていると思います。

    一方でミステリ要素は、このネタを仕入れるのに著者が非常に苦労しているだろうことは容易に想像できますが、目が覚めるほどの出来ではないのも事実と言ったところ。

    それでもこれを読んだ後すぐに続刊を読み出したぐらいに面白い作品であると思います。

  • 1~3巻までまとめて書きます。長いです。

    父親から「人の死なない推理小説。若い人の間でこういうのが流行ってるらしいから」と手渡されて読み始めました。
    今まで文庫本やラノベ系は全く手を出した事がなく、普段は漫画だけしか読まない自分。

    そのことを父親も知っているはずなんですが、なぜか薦められたので読みました。
    自分は活字な超がつくほどニガテなのですが、1巻から2巻の半分まで実家で一気に読みました。
    それくらい一般人に読みやすく、分かりやすい書き方でした。
    そして、父親に「自分の家に持って帰って良いか」と聞き「もう読まないからあげるよ」と許しを得て、さっき自分の家で読み終わりました。

    「人が死なない」と言うだけあって、もちろん人が死ぬ描写や辛い場面は一切描かれていないのですが、何度かゾッとする場面があり、さすがミステリーといった感じ。
    ですが内容は、ハートフルだったり切なかったり。
    親子の絆が描かれていたり、夫婦間の愛やそれぞれの心情だったり、ひとつの本に対する執着などが描かれていたり……と、各ストーリーに色んな思いが見られる、そんな小説でした。

    ただ、これは個人的な問題ですが……自分自身、古書どころか有名だと言われる夏目漱石や司馬遼太郎などは恥ずかしながら一切目にした事が無く、この小説ではそれがメインなんですが、それらの本がどういうものか一切分からなかったんです。
    お話はとても好きなんだけど、肝心のメインが一切分からない……なので、星4つにさせてもらいました。
    でもこれは、きっとある程度誰でも分かる有名どころの本をピックアップして、しかもどういう内容の本かを簡潔に教えて描いてくれているのにも関わらず、今まで文庫本に一切触れていなかった自分ではお話の良さを何となくしか理解できなかったせいです。
    きっと、元々の本の内容を知っていたら、また違った感想が出てくるんだろうなーと。
    この本に対して賛否両論はあるかとは思いますが、自分にとっては文庫本・ラノベに対する意識を変えてくれたのと、これから本屋さんで文庫本を手に取るきっかけを与えてくれた貴重な本です。

    このお話の続きと、これから出会うであろう小説本を楽しみにしています。

    • chabu-daiさん
      ぐっとくるレビューでした。これから、いろんな小説、本に出会えるといいですね。
      ぐっとくるレビューでした。これから、いろんな小説、本に出会えるといいですね。
      2013/02/22
  • いわゆる”ライトノベル”ってやつ。
    ちょっとバカにしてたけど(ゴメンなさい!)、結構面白いじゃん!
    というのが率直な感想です。
    昨年の本屋大賞にノミネートされた実績はダテじゃなかったということ。

    長い黒髪、清楚な出で立ち、華奢なのに巨乳。
    いかにも!という設定の彼女・栞子さんと、
    分けあって本が読めない、でも本好きの青年・大輔。
    この2人をメインとした、鎌倉の古書店が舞台の日常ミステリーです。
    「古書」というのがポイントで、各章ごとに1冊の本が登場し、
    その本を絡めてストーリーが展開していきます。
    だから書店員さんウケが良かったのかもね。

    うんちくの勉強にもなります。
    例えば「せどりや」。本を安く仕入れて高く売る、そんな職業もあるのね。
    本についてる紐状のしおりを「スピン」って呼ぶんだって。へーって感じ。
    「アンカット」という袋とじみたいになって、自分で切って開いて読む希少本もあるらしい。ふむふむ。

    ミステリーなので古書を介した謎が提示され、それを栞子さんがズバっと解決。
    特に第3話の、ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』を売りたいと持ち込む初老の男性と、
    主人の大切な本だから買わないで!と後に来店する年の離れた妻の、
    夫婦愛をからめたミステリーが1番面白かったです。
    そんなにも大事な本をどうして旦那は売ろうとしたのか??
    その結末に心が温かくなりました。

    ある意味もう一人の主役は「本」なわけで、
    難しい本、固苦しい内容も意外にざっくりした説明で終わるので、
    さくっと読める、その読みやすさも魅力でした。

  • すごく読みやすかったです。テレビドラマ第1話の前に目を通すことができました。

  • 前から気になっていた小説。TVドラマ化されるということで、そのイメージができてしまう前に、読めて良かった。
    文学作品をテーマに、謎解きを絡めたストーリーは新鮮でおもしろかった。最後の章を除いて、謎解きの対象がほわっとしたものであるのも、落ち着いて読めた理由だと思う。
    とりあえず、続編も一気に読もうと思う。

  • ちょっと変則的でしたが、2、3を読了してから本作を読了。頭の中でのイメージは固まっていたし、本作がどう続くかも分かっているからすんなりと読めました。

    古書を巡る不思議な謎。誰かが殺された、といった物騒な?話は全く無いけれど、しっかりとミステリしている。北鎌倉を中心とした舞台設定も(私自身が知っているだけに)とてもしっくりくる。

    何より、このシリーズを通して語られる古書に対するウンチクが非常に興味深い。自分が買うときはついつい新作に目が行ってしまうので、こういった稀覯本の世界は新鮮に感じる。

    原作の登場人物とはイメージを異にするドラマ化については賛否両論のようですが、さて?個人的には、著者の三上さんがそれでOKしているなら、一つの表現としてアリだと思っているのですが。

    私がそれを観たいかどうかは別にして(笑)。

  • 友達に薦められて読んだ1冊。ジャンルはラノベで古書が持つ謎と秘密を解き明かしていくミステリー。表紙の古書堂の店主である人見知りな栞子さんが、体育会系の体格をもち、本が好きだけど活字が苦手で読めない大輔と出会い、様々な人の持つ謎や秘密をその人の古書から解いていく・・・。この巻では栞子さんはけがをしているため、安楽椅子探偵風です。本に関する内容が多いため、本が好きな人は引き込まれる内容でした♪

  • ずっと気になっていたもの…です。
    図書館になかったので、思い切って買ってしまいました。
    でも、買って正解!…です。

    推理ものを活字で理解するのは苦手だけれど
    この本は、説明が分かり易くて、楽しめました。

    収録されている四話は、別々のお話のようだけれど、最後には全て繋がる…
    こういうリンク系は、驚きがあるので、大好きです。

    個人的には坂口夫妻が、見ていると微笑ましいので、好きです。



    推理役の篠川さん。
    あんな風に、賢くて頭が切れる人は、きっと
    無意識の内に、人を動かしてしまうんですよね…

    最後、本を読まなかったのも、妹に電話をさせるため…
    だったのかもしれないと、思ってしまいます…

  • 気軽に読めるお話。話に出てくる書籍を知っていると、また少し違った面白みも出てくるかもしれない。

全3133件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

三上延の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする