ロウきゅーぶ! 1 (電撃コミックス)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
4.16
  • (26)
  • (28)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 262
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048704793

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱり小学生は最高だった。
    デフォルメが死ぬほどうまいのとコマ割りが丁寧なのとでロリ感が爆発していてこれは…ありがたい… ただそれに巻き込まれてすばるんまで可愛くなってるのには感心しないが。
    あと筆ペンは神。

  • 紙媒体で持っているけど埋もれてしまって発見できないので漫画喫茶で読みました。

    昴が男バス戦のコーチを引き受けて作戦を考え始めるまで。

    小学生は最高だぜ!
    ってセリフが超絶有名な漫画(原作はラノベ)だけど、実は意外と真面目にスポ根モノだったりする。
    (ちなみにこの台詞が登場するのは2巻。)
    ちゃんと小学生っぽい。



    ちなみに小学生が最高なんて少女漫画の世界じゃ普通だったりする。
    『ぼくの地球を守って』では最終的に小学生男子と女子高生のカップルだったし、『カードキャプターさくら』なんて小学生にマジ指輪を贈る教師がいるのに公共放送で放映されたという。

  • 雑誌"電撃G's magazine"に連載されていたたかみ裕紀の"ロウきゅーぶ!"の第1巻です。蒼山サグ原作の同名ライトノベルのコミカライズ化。2011年、2013年にはアニメ化もされました。原作準拠で、ほぼ完璧に原作の面白さをコミックで再現しています。これって凄いことなんですよね。媒体が変わればそれぞれの特性があるので微妙に違和感が残るんですが、これについてはあまり感じないです。このまま小学生が最高な感じで突き進んで欲しい。

  • 高校名門バスケ部に入部直後に謹慎となりバスケができなくなった高校生と廃部をかけて戦う女子小学生の物語。ちゃんとバスケしてるところが好き。萌え要素いらないとおもた

  • 部長が起こした事件により、長谷川昴が所属するバスケ部は休部に。失意に飲まれた昴は、叔母であるミホ姉こと篁美星によるきっかけで、小学校の女子バスケ部のコーチに就任することに。昴は、女子小学生達と交流をすることになった。

  • 健全なスポーツ作品です。私はバスケに関して知識ばかりの頭でっかちですが、バスケ漫画で一番面白い作品は何かと尋ねられたら迷うことなく「ロウきゅーぶ!」と答えるでしょう。
    これほど優れたコミカライズを他に知りません。

  • 買うた

  • ロウきゅーぶ!の最も良いところは萌えやロリ要素ではなく意外とガチバスケなところ。ただこのメンバだとポジションに悩む。身長的にはC:アイリ、PF:サキ、SF:マホ、SG:トモ、PG:ヒナ。だけどサキはPG向きだしそうすると一つずつずらすしかないんだけどそれだとオイシクない。まったく、小学生は最高だぜっ。

  • 丁寧な図柄で問題ない。可愛いさがほぼ全てなので及第かと。話もテンポ良く不満点は少ない。
    バスケ描写は次回。

  • アニメよりも原作通りに描かれている。
    アニメではカットされた細かい描写がされているので、原作を補完する意味でも、アニメしか見ていない人も楽しめる内容だと思う。
    絵のレベルもなかなか

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年生まれの秋田県出身。『ロウきゅーぶ!』で第15回電撃小説大賞《銀賞》を受賞、同作にて作家デビュー。『ロウきゅーぶ!』及び次作の『天使の3P!(スリーピース)』は共にテレビアニメ化を果たす。

「2019年 『ぽけっと・えーす!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蒼山サグの作品

ロウきゅーぶ! 1 (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする