電波女と青春男 1 (電撃コミックス)

  • アスキー・メディアワークス (2011年5月27日発売)
3.09
  • (2)
  • (8)
  • (14)
  • (9)
  • (0)
  • 190人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048704823

電波女と青春男 1 (電撃コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文字少なくて読みやすい(笑)
    予想外に、萌え。
    続巻、買う。

    内容的に、絵だけじゃなく、話自体が面白いので、ラノベを買ってもいいかもしれない、と思った。

  • 岐阜などを舞台とした作品です。

  • うーん。

  • “「私…… 私は 宇宙人
    いえ…… 宇宙人の 血をひく 調停監査官なの
    ………
    「私の使命は 地球人類の 査定と 宇宙側の人間が 地球に接触した 痕跡を消すこと
    この街は宇宙人の 実験場であり 地球の引力からの 解放区でもあるの」
    「…… あっそ」”

    エリオ可愛いなエリオ。
    等身が少し微妙…?
    一話で夕飯が描かれてたり消えたりするのが少し気になった。
    前川さん可愛いいなぁ前川さん。

    “「だいたい お前 なんで 海まで 来たの?」
    「海<ここ>に… わたしの 全てがあるから 調査してるの」”

全6件中 1 - 6件を表示

電波女と青春男 1 (電撃コミックス)のその他の作品

入間人間の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする