はたらく魔王さま!〈2〉 (電撃文庫)

著者 : 和ヶ原聡司
制作 : 029 
  • アスキーメディアワークス (2011年6月10日発売)
3.83
  • (40)
  • (93)
  • (64)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :641
  • レビュー :61
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048705479

作品紹介・あらすじ

店長代理に昇進することになり、ますます張り切る魔王。そんなある日、魔王城(築60年の六畳一間)にご近所さんができる。隣の部屋に、和装の女の子が引っ越してきたのだ。魔王に恋する女子高生・千穂と、魔王の命を狙う勇者は、いろんな意味で心穏やかではいられない。時を同じくして、魔王が勤めるファーストフード店の向かいに、競合他社が進出してくる。売り上げで負けたら減給だと言われた魔王は戦慄し、店長代理の職務を全うするため奔走することになる。謎の隣人とライバル店の登場で、魔王城は大混乱!?フリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー、第17回電撃小説大賞銀賞受賞作第2弾。

はたらく魔王さま!〈2〉 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分達しかいなかったアパートに隣人が!?

    ものすごく古風な感じで、ライバルか?! と思ったら
    別の意味でライバルでした。
    バイト先のライバルも出現してますし
    これは大変な状態。
    しかし食料は、と思っていたら、そこにも罠。
    そしてどんどんと主夫化していく参謀…いいのか。

    今回、無駄遣いネットぽちり、が役に立ちましたが
    あの金額はない!
    外に出られなくなったのは己のせいなのに
    これはない! というニート一名。
    それ以上にない、というのが、今回の黒幕。
    変態というより、変質者。
    これが上司、と思ったら、彼女がいたたまれません。
    いや、彼女がとった行動もあれですが…まぁ後での
    修復が利くからおっけー?

  • 新キャラの異界聖職者クレスティア・ベル(鈴乃)は、僕的にかなりおしメン。時代劇だけで日本を勉強してきたから、オール和服&毒入りおせち弁当って設定勝ちでしょ。エピソードゼロではトカゲ食材を料理しまくりの食い道楽。新規オープンのセンタッキーとの集客数対決の前に、勇者エミリアが、魔王城の鬼門13階段から転げ落ちる場面から始まる第2巻。同じ13階段でも死刑台じゃなくて、ボロアパートのボロ階段でホッとする。そして見取り図の和式トイレに涙。悪魔と天使の都庁最上階対決のあとには、ささはた七夕祭りや階段落ちの伏線も回収されて、六畳一間のハッピーエンド。これはいい出来。アパートは笹塚の菩薩通り商店街、つまり観音通り商店街の裏らしいから、ホントに毎日、勇者せりペコちゃんと散歩してるところだよ。どーりで時々、人間の姿をした堕天使を見かけるわけだ。この前も駅前で一万円札をかすめ取られたし。。ルシフェル、金返せ~。

  • 2013年読了

  •  やや評価の難しい二巻である。内容的に言えば、新しく登場した鈴乃を軸とした物語である。
     評価の難しさの主因は、全体的に焦点が絞り切れていないところである。この作品そのものがそうではあるけれど、あれもこれもと詰め込みすぎていて、ここぞという見せ場に欠けてしまっているのだ。
     たとえばバイト生活を描くのならもっとそちらにスポットを当てるべきだし(実際、そうした内容が望ましいストーリーラインでもある)、鈴乃の葛藤を主軸とするならこの演出(謎の解明の仕方)が相応しかったかは一考の余地があるし、割くべき分量もいま少し増やすべきだったのでは、と思う。
     上手くスムーズに展開させている一方で、流れてしまっているとも思うのである。

     とはいえ、それも高いレベルでの話だろう。基本的には楽しませていただいたし、星四つと評価しておく。

  • この作品までがアニメ後編になっているのかな。
    ギャグセンスはアニメの方があるけれども、これはこれで面白い。

  • 図書館で結構待ちました。
    アニメ化するほど人気なのですね。
    魔王だったひとが日々生きるのに一生懸命で、同僚からも慕われていたりしている。
    勇者はそれをいいのではないかと思いはじめていたりして、日本になじんでしまっているようです。
    異界からのゲストキャラが、千穂ちゃんをさらってまおうが駆けつけると言うのは今後のパターンになるのかな。

  • 2巻までがアニメで流れた内容だと判明。

    ■よかったところ
    魔王と勇者が手を組むことになるという構図は大好物。
    元元は正義側が勇者の敵になるというのもありきたりかもしれないけど、王道でいいと思う。
    構図がわかりやすい。

    ■悪かったところ
    アニメとどうしても比べてしまうのだけれど、原作の方が無駄が多いというかテンポが悪い気がしてならない。
    動画の方がすんなり頭に入るのはどうしても仕方ないとはいえ、文章でつっかかることがある。

  • 登録番号:11040 分類番号:913.6ワ(2)
    生徒リクエスト

  • テレビ放映があった範囲の後半。
    まぁなんだかなというところはないわけでもないけど、
    総じてなかなかさらっと読ませてくれた。

    続巻に期待の★3つで。

  • 設定も構成もうまいしキャラのやりとりもおもしろいしなによりもじり企業名の元がわかるとニヤリwしてしまう

    大家さんの写真対天使用最終兵器につかえるんじゃまいか?w

全61件中 1 - 10件を表示

はたらく魔王さま!〈2〉 (電撃文庫)のその他の作品

和ヶ原聡司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はたらく魔王さま!〈2〉 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする