アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト)〈2〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 笹森 トモエ 
  • アスキーメディアワークス
3.46
  • (3)
  • (12)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 111
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048705905

作品紹介・あらすじ

「私はまだ、"φ"のままなんだ。…こんなふうに思うのは、きっと君に出会ってからだ」あの事件から数ヶ月。文化祭のクラス劇で、雪名はヒロイン役に抜擢された。俺には少しずつ心を開いているものの、ずっと孤独に生きてきた彼女はなかなかクラスに馴染めずにいる。そんな時、俺は再び"歪んだ無次元数"を見ることになる。連なる赤い数値の鎖で繋がれた、奇妙な人間たち-。平和になったはずの東京に現れた、"集合"の災厄の数。"無限の力"をも喰らおうとする、雪名の天敵。新たな戦いに身を投じる雪名に、俺は何ができるのか。"数"の異能力アクション、第2弾開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「数」の異能バトル,第2弾.
    やっぱりアレだよな.
    2本目って1本目に比べて
    センセーショナルなアレが減る分とか製作期間的なアレとかで
    面白さが下がるような気がするよな.

    ほら,亜城木先生も言ってただろ.
    「勝負の二話目」って.
    確かに2巻読んだ後で更に続きを買うかどうか迷うことあるわ.

    もっとドキドキを.
    ヤックデカルチャーを.

    というわけで,どうしようかなぁ….

  • 在り来たり感があったけど、ラストのクラスの友情は好き。
    ヤンキーでもいい人な明津かっこいいし、タデウスのギャップ可愛すぎる。
    記憶残してくれるなんてサービスにも感激。

  • 小難しい数学単語が出てくる普通のバトルものラノベ。今回はやたら“写像”という言葉が出てくるけど、やっぱり言葉のネタ元として引用しただけな印象。
    主人公とヒロインのキャラがいまいち掴みにくいけど、虐待と友情とツンデレと、という構図はとても分かりやすく、テーマの割には展開は直球勝負。

  • 雪名(白)が妙にかわいい。妹はどこへ行った!? 最後に登場したタデウス(黒、ブロンド髪)の今後の展開も気になります。笹森トモエさんの陰のある風味の美少女イラストが素敵。

  • おもしろかったけど明津の手のひら返しはええ

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

第17回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞作家。電撃文庫『アンチリテラルの数秘術師』にてデビュー。

アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト)〈2〉 (電撃文庫)のその他の作品

兎月山羊の作品

ツイートする