ラッキーチャンス! 9 (電撃文庫 あ 13-33)

著者 : 有沢まみず
制作 : QP:flapper 
  • アスキー・メディアワークス (2011年7月8日発売)
3.65
  • (4)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 85人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048705950

ラッキーチャンス! 9 (電撃文庫 あ 13-33)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <内容>
    天草当主を巡る争いも佳境へとさしかかっている。

    <感想>
    トトの強さが計り知れない。

  • 9784048705950 239p 2011・7・10 初版

  • あまりにも変態ばかりで、ストーリーがまったくわからない。とっちらかったまま

  • 主人公が強いのが爽快。沙代がとにかくかわいい。

  •  二乃宮速彦、旧作品における某変態大魔道士よりも理屈抜きでおかしい怪物になっている気がする。何というかヤバい。本当に色々とおかしい、雅人が現実逃避してしまうのが何となく解る。あれは間違いなく化物だ、実際に出てきた化物よりも化物だ。
     仮名さんが出ると面白くなるという謎のジンクスが相変わらず発動している。今回の巻で仮名さんのトラウマが塗り替えられたかもしれない。神すら相手にした男が、今最も恐れている相手はただの人間(変人だが)である。何か哲学的な惨状な気がする。
     しかし一部の台詞に関してだが、最初はやりすぎだと思ったけど挿し絵を見て納得した。凄い納得しながら爆笑した。なんだあれ、なんという変態だ。私は狂ったように笑った。
     そしてだんだんと物語が雅人自身の秘密に近付いている。何か今までの雅人の不幸――本人は不運と言っていたが――を見ていると死神とか疫病神とかに関わる話になるのではないかと予測しているが如何なるものだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

ラッキーチャンス! 9 (電撃文庫 あ 13-33)のその他の作品

有沢まみずの作品

ラッキーチャンス! 9 (電撃文庫 あ 13-33)を本棚に登録しているひと

ツイートする