アクセル・ワールド 01 (電撃コミックス)

著者 :
制作 : 合鴨 ひろゆき 
  • アスキー・メディアワークス
3.96
  • (13)
  • (22)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 232
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048706308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙で手に取らない人がいるかと思うと損してるなー
    各設定にゲーム文化に裏付けされた説得力があっていい感じ

  • いじめられっ子がアクセルワールドにデビューするまで

  • ラノベ版はほぼ全巻持ってる。大ファンなラノベ「アクセル・ワールド」のコミカライズ版。よく出来てるので、結構オススメ。

  • 9784048706308 191p 2011・7・27 初版

  • 買ったのを忘れていて、とりあえず読んだけど、やはりウチはこの作品ストライクだわ。思わずアニメを見直したくなり、気がつくと8話くらい見ていた(^^;漫画版もイメージ壊れる事無くさらっと読めるから、アニメから入ったウチでも違和感無しでした。続きを買いに行かねば・・・

  • ラノベ原作の常として、回が進む毎にGDGDに…
    ということで、この頃はまだおもしろいです。

  • でもアニメの原画のが好きかも。

  • 黒雪姫かわいいよ!

  • アニメより丁寧。きっと原作はもっと深いのだろうが、読まないのでわかりません。
    主人公の心替わりが相変わらずよくわからない。姫に肩入れするのもやや説明不足。
    絵は可もなく不可もなく。特には気にならない。チェックはおまけのおっぱい。

  • 借りて読了。動きがあることが予想以上に分かりやすかった。ただ、途中の省略は致し方ないのか。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

川原 礫(かわはら れき)
群馬県出身の小説家。2002年から九里史生(くのり ふみお)名義でオンライン小説を発表しており、『ソードアート・オンライン』で人気に。2007年に小説投稿サイト『Arcadia』で連載していた『超絶加速バーストリンカー』は『アクセル・ワールド』として改題され、第15回電撃小説大賞大賞を受賞、同作でデビューする。
2011年10月、アスキー・メディアワークス創立20周年記念作品として、『アクセル・ワールド』と『ソードアート・オンライン』のアニメ化とゲーム化が同時発表。両作ともに代表作・ヒット作となっている。

アクセル・ワールド 01 (電撃コミックス)のその他の作品

川原礫の作品

アクセル・ワールド 01 (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする