レトロゲームマスター渋沢 (電撃文庫)

著者 : 周防ツカサ
制作 : 彩季 なお 
  • アスキーメディアワークス (2011年8月10日発売)
3.26
  • (3)
  • (3)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :83
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048707329

作品紹介

学級委員長・早坂ちひろは、不良生徒の渋沢を更生させるため、彼がサボりに使う旧宿直室、通称「隠れ家」にやってきた。…はずだったのだが、渋沢が持ち込んでいた旧式の家庭用ゲーム機の魅力にいつの間にかずっぽりハマった彼女は、今では放課後単にゲームをするために足しげく「隠れ家」へと通うようになってしまった。堕落の一途をたどる委員長の"レトロゲーム師匠"に就任した渋沢は、ゲーム初心者の彼女による質問攻めにげんなりしつつ、導き方(?)を模索するが…!?優等生の真面目堅物(+天然)美少女と、能天気不良生徒の、ゆるゆる青春ゲームラブコメディ登場。

レトロゲームマスター渋沢 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不良少年を更生させようとしていた学級委員長は
    彼の持つレトロゲームにはまってしまっていた。

    なんとなく、何のゲームをしているのかは
    ものすごくヒントが出ているので分かりますw
    必死になってそれを頑張る学級委員長は美少女で
    素直で頭が固くてまじめさん。
    言われた通りの事をしてみるため
    サービスショットが多いです。

    懐かしゲームと、美少女と、さらに増えていく美少女。
    視界的にうはうはの楽しい感じで、危険はなし。
    最後の最後だけ、少年が冒険というか
    無茶をしてくれている、で終了です。

  • 地味可愛いクラス委員長と毎日放課後隠れ家でレトロゲームをする話。そういうものだと割り切ればつまらなくもない、かな。ヒロインのクラス委員長が二次元テンプレ的美少女で、生きている感じがしない。男の子に都合の良いように、萌え系反応を返してる感じ。女の子は制服のスカート姿で体育座りなんかしません!
    ヒロインがハマるのがレトロゲームでなきゃいけない理由がない。レトロゲームでなくたって、アナログゲームだってライトノベルだって、大人が推奨しないものならなんだっていいんだ。レトロゲームでなきゃいけない理由がないし、レトロゲーム愛が伝わってこない。
    娯楽を知った優等生を愛でる学園コメディと言ったらいいのか。レトロゲームに焦点を当てたのはいいが、女の子の可愛さに頼っていて発展がない。及第点。

  • 著者の前作と似通った作品なのかと思ったら、主人公とヒロインの性格が異なっていた。自分はこっちの二人のほうが好み。
    生真面目な委員長タイプなヒロインと少し不良な主人公というのは王道でよい。
    内容自体は可もなく不可もない話なので、レトロゲームのパロディに興味がある人は読んでみると元ネタがわかれば楽しめるかも。

  • 学校の隠れ家(空き部屋)でゲームをしていた主人公を更正させるため委員長が注意をしに行ったがレトロゲームに嵌ってしまう日常系ラブコメラノベ。

    初代マリオ、ワギャンランド、ドラクエ3など伏字ではあるけどファミコン時代のタイトルが並んだのはスゴク懐かしさを憶えた。
    その魅力を伝える作者も相当なゲーム好きなんだろうなと思えましたね。
    委員長も可愛いし、秋葉(変わり者のM女)は面白いしね!

    だけど、展開がちょっとぬるすぎる印象。
    日常系の難しさですかね?

  • かなり唐突にひたすらレトロゲームをプレイする。
    けっこう変わったお話。レトロゲーやったことがあるなら「あるある」や「そんなゲームあったのか?」な気持ちにさせてくれる。面白い。
    でも試験の日ゲームミュージックをかけるために放送室を占拠するのはどうかと。強引でヒロインの結果には結びつかないだろう。
    この作者さんは相変わらずオチが弱い。

  • 隠れ家(旧宿直室)にレトロゲームを持ち込んで放課後を満喫する不良学生の渋沢。
    そんな渋沢を更生させようとする学級委員の早坂ちひろはすっかりレトロゲームに嵌ってしまい隠れ家に通う毎日。
    ゲームを心底楽しんでる雰囲気が出ててよかったです。
    ただ、物語はまったく進展がないので、ストーリー重視の方にはお勧めできない(^^;

  • うおー マリオ、ファミスタ、スーパースターフォース、ワギャンなど名作ファミコンをまじえたストーリー展開は、もうそれだけでたまらない。
    ニヤニヤしっぱなしだー 内容としては、『隠れ家』の心地よさが伝わってくるのが大きい。
    ゲームどうこうは別にしてw、そういう場所があると少しだけ日々が楽しくなるよなあと。
    あと、ベギラマをこよなく愛する気持ち、ちょうわかるw 理屈じゃないのですw

  • とあるゲーム番組を見ているので
    レトロゲーム世代じゃなくても
    ある程度ネタが分かるかなぁと思い読んでみた。
    実際「あれのことかなぁ?」ぐらいだけど
    ネタが分かる部分もあった。

    ただ内容という内容はほとんどない。
    いわゆるラノベという感じ。
    だから軽く読む分にはちょうどいいかも。

  • キャラ薄めで盛り上がりもなかった。扱われるゲームのジャンルは違うけど、同じような話なら俺はゲー戦の方が好きかな。

  • こういった事件も何も起こらないダラダラ系の日常話はあまり好みではないのですが、この作品はオヤジ世代直撃な題材な為か楽しめました。たぶんキャラ萌えも大きい、と自己分析。委員長いいね!
    でも今後どう展開させるのでしょうね?この話…

全10件中 1 - 10件を表示

レトロゲームマスター渋沢 (電撃文庫)のその他の作品

1-B01N2JWNTRの詳細を見る Kindle版 1-B01N2JWNTR 周防ツカサ

周防ツカサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする