悪魔と小悪魔 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
2.98
  • (6)
  • (23)
  • (50)
  • (11)
  • (13)
本棚登録 : 394
感想 : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048708227

作品紹介・あらすじ

人間の願いごとを叶え、その見返りに魂を手に入れる悪魔たち。その中でも、さまざまな手練手管で人間社会を堕落させてきたバルサザーは、地獄きってのヤリ手として広く知られていた。ある日、人間に召喚され地上にやってきた彼が出会ったのは、恐ろしいほど悪知恵の働く一人の美少女だった。彼女の魂を狙うバルサザーだが、思い通りにはいかず-。お互いを出し抜こうとする、イケメン悪魔と小悪魔美少女の奇妙な同居生活を描く、マジカル・ホームコメディ(!?)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まさかの読み忘れ…。ジャケ買いという衝動買いにしては当たりだったと思う。
    ネタはよかったので、もうちょっと読みやすい文体と構成ならと思う。
    次回作に期待してもいいかも。

  • やや読みづらい文体ではあったけど
    悪魔や天使が出てくるファンタジーな内容は
    自分好みでよかったと思う。
    作者の教養が滲み出ていると感じた。

    ただ着地点がわからず読みながら振り回された印象がある。

  • バルサザーの独り語りがおもしろかった。
    やったりやり返したりという展開を予想してたから、やられっぱなしだったのはちょっと物足りなかったけど、
    たくさんの策略がめぐらされている感はとてもよかったと思う。伏線がいかされてるなぁって思いました。

  • 予想していたより面白くてテンポもよく一気に読んじゃった。
    悪魔がやられっぱなしでちょっと不満。笑 もっと互角なかんじを予想してたからなあ…
    でもただの知恵比べじゃなくて後半で色々と明らかになるのがすごく面白かった!ああ!そういう繋がりだったんだ!て伏線が活きてて面白かった!
    あと魔力取り戻すところがすごく印象的^^バルサザーかっこよかった(*ノ∀`*)笑

  • キレ者の悪魔VS悪知恵の働く美少女って帯が気になって購入。

    聖水をかけられて魔力が一時的に失われた悪魔と、自分の魂は危険にさらさず悪魔を呼び出し願いを叶える小賢しい少女との頭脳合戦?

    もう少しやり合うようなシーンがあっても良かったかな。
    どちらかというと悪魔の情けないシーンの方が幅を利かせている気がする。

  •  悪魔として人間に呼び出され、いつも通り、願いをかなえたら、はい、さようなら、のはずが大悪魔のバルザサーの方が振り回されるハメになる。

     まさかの聖水を食らって魔力を失い、人間に戻ってしまうし、人間に戻ったら戻ったで、自分を呼び出した蜜を助けなければならないのに、なかなか思うようにならない。
     そんなわけで、蜜の親友にして隣人の仁緒の家で生活することになるが、仁緒はなかなかの食わせ物でなかなかバルサザーの思う通りには物事が進まない。
     こんなことは初めてで、バルサザーは混乱するし、以前の自分にはありえないような失態も数多くしでかすけれども、実は今の事態には、裏があって……という話でした。

     全然甘くないけれど、実はラブコメ。
     この事態がもっと甘くなるのは、もっともっと先だけど、とても将来に期待できる、いいラブコメでした。

     どっちが悪魔で悪魔じゃないのか、途中でわからなくなるし、割と頭を遣わされたりするし、ネタバラシがバルサザーの絶叫で行われるせいで、「え? どういうこと?」ってなったりもするけど、とてもテンポよく読めました。

     楽しいいちゃいちゃしてないラブコメを読みたい人にオススメします。

  •  本作は本物の悪魔と小悪魔的な少女が織りなす知恵比べが主なテーマとなっている。
    地獄で若いながらもやり手として知られている悪魔 バルサザーはある日地上へと喚起される。そこにいたのは二人の子供、蜜と仁緒であった。バルサザーはいつものように「三つの願いをかなえる代わりに、その魂をいただく」という取引を持ち掛けるが、ひょんなことから悪魔としての力を失ってしまう。その後魔力が戻るまでの間、仁緒の家でハウスキーパーとして働くことになったバルサザーは彼女が極めて珍しい魂‘黄金‘の持ち主であることを知り、何とかしてこれを手に入れようと様々な策を弄する。しかし仁緒はそれらをことごとく跳ね除け反対にバルサザーを陥れていく。
    果たしてバルサザーは仁緒の魂を手に入れられるのか、この知恵比べが行き着く先とは…。
     
     この作品はあらすじを読んでおもしろそうだと読み始めたが、久々に当たりを引いたと感じる。個人的に思うこの作品の良いところはバルサザーの悪魔なのに所々で見せる人間ぽさとパズルのピースがはまっていくように物語が展開していく構成の上手さである。特に終盤では今までの出来事が一気につながって思わず声を出して驚いてしまった。またこの物語は所々にユーモアや数学や文学的知識が盛り込まれていて一度読みだすと次はどんな風に展開していくのか楽しくなって読む手がどんどん進んでしまった。
    各登場人物の性格も一癖も二癖もあって飽きなかった。特に仁緒の憎めなさったらもう何とも言えない。

    この作者の他の作品も読んでみたいと思う。

  • 「バルサザーよ。真実とはこのようなものだ。人間に生まれた以上、恋に勝る喜びはない。悪魔が誇る永遠の自由も享楽も、愛する人なくしてはただただ空しい――」
    「惚れた女が一緒なら永遠の自由や享楽がますます楽しい、というのも真実だろう」
    「まさに然り。悪魔であることにも利点はある」
    (P.292)

  •  新書購入


     ファンタジー。ホームコメディ?

     悪魔召還もの特有の、人間と悪魔の知恵比べ、的なストーリー。
     バルサザーは元人間の有能な悪魔。虫歯の痛みがいやで、18才で悪魔になったというルネサンスっ子(悪魔にとっては若造という意味)。
     六年前にわりと仲のよい、同じく人間出身の大悪魔マルドゥクが犬に呼び出されて、二つしか願い事をしてもらえず、けっきょくただ働きさせられたのを笑ったのだが、今回、エンジェルという魂がとっても天国向きで収穫してもふわふわ地獄を漂って、いつしかするっと逃げてしまう「風船」みたいな魂の「蜜」という子に召還されてしまう。 つまり、苦労しても実入りがない。

     このとっても特殊な蜜を使って悪魔を召還したのは悪知恵に富んだ美少女「仁緒」で、つまり彼女が小悪魔。彼女の魂は黄金で、価値あるものだった。

     蜜は化け物みたいな母親(バルサザー曰く「白クジラ」)に捕まり、鎖につながれて逃げられなくされている。がりがりにやせてるし、このままでは死んでしまいそうだから、助けだすことになるのだが、エンジェル魂の蜜はこんなすさまじい虐待(監禁されて名前もなく、ペット扱い)されていても、家族をそこそこに愛しているので、殺すのはだめ。
     バルサザーは召還早々、白クジラがいつも適当に放つ、悪魔払いの聖水を運悪くクリーンヒットでぶっかけられて魔力を失い、人間になってしまう。
     仁緒に助けられて、仁緒の家(蜜の家のお隣)でハウスキーパーをやりながら魔力の回復を待つことになる。

     そして。
     魔力をなくして役に立たなくなったバルサザーのかわりに、再度かわいそうなマルドゥクが風船の蜜に呼び出され登場。犬は食えないわ、つぎは風船だわ・・・哀れな大悪魔。しかし、さらに悲劇が彼を襲う。
     仁緒は蜜に入れ知恵をいっぱいした。
     三つの願い。
     蜜は三つ目に願った。
    「私とあなたの立場を入れえて」
     白クジラの餌食にされる大悪魔。
     大悪魔になった蜜。

     ・・・なんかこう・・・もしかして主人公はバルちゃんでなく、マルちゃんでは。。。と思うようなかわいそうっぷり。でも、最後は彼はむくわれる。すごーく幸せになる。・・・・やぱり、主人公?

     あちこちに謎はあり、しだいに解けていく。

     それにしても、ハエの魔王は魔界をリストラされて、人間界で清掃会社立ち上げてるし、そんでこの会社・・・たわしも金庫にしまう、備品の徹底管理振り。無意味にすごい。


     人間になったバルサザーもすごい。
     プロのハウスキーパー並みの仕事をやれるのだから。一番落ち着くのがキッチンとか、もう本職では?
     最後のほうではケーキ作ってる。
     仁緒の母親が再婚するからお祝いに。
     ちなみに、呼び出されて一年後で、彼はまだ仁緒の家でハウスキーパーしているのだった・・・・。 

  • 2013/12/17 購入。何となく面白そうだったので。

全49件中 1 - 10件を表示

大坂翠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔と小悪魔 (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×