魔王なあの娘と村人A 2〜牛と勇者とパンプキン〜 (電撃文庫 ゆ)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
3.50
  • (5)
  • (14)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 164
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048708777

作品紹介・あらすじ

あー、どうも。"村人"の佐東っす。なんか前回の騒動を収めたせいで先生たちから信頼されたのか"魔王"竜ヶ峯桜子の本格的な監視を頼まれちまった。なんでも学校で牛を飼い始めたとか。例によって人類殲滅計画なんだろうが…なんで牛?どうやって人類を滅ぼすんだ?…ともかく竜ヶ峯の目的をつかんで、トラブルメーカーの"勇者"光ヶ丘翼の武力介入を防がねば-ってそれって"村人"の仕事なのかよ!勘弁してくれ…。おっと噂をすれば竜ヶ峯。ん?「見た目も魔王っぽくなりたいから服を買いに行きたい」?ほう…え、それ俺も行かなきゃいけないの!?しかも翼も来んのかよ!"魔王"と"勇者"でお買い物なんて嫌な予感しかしない…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桜子可愛い……次巻のロボットさんが気になりますねぇ

  • 天使な魔王と悪魔な勇者(と村人A)のお話。魔王様が可愛いですね。知謀系も一周回ると残念思考に。だがそれがいい。それ比例して勇者の暴君ぶりが…。ここまで粗暴な勇者はあまり見た(読んだ)ことない気がするな。役割替えたらしっくりきそうなのは相変わらず(笑)次の個性者もなかなか強烈な感じです。

  • 魔王っ娘が可愛いっす.
    そして勇者っ娘が邪魔すぎる.
    この本はあれですね.
    魔王っ娘ちゃんの人類滅亡計画にほんわかしながら
    ソレを手段を選ばずにつぶしに来る勇者娘にイライラする話ですね.
    これだから正義の味方なんていう,
    他人が夢・野望に向かって頑張ってる所を邪魔する奴らはダメなんだ.
    正義の味方なんてものはね,
    自分が味方をしないと決めたモノ・敵と決めたモノに対しては
    どこまでも残酷になれるんだよ.
    まぁいいや.
    魔王っ娘ちゃんが可愛いから許す.
    次回は新キャラ・ロボ子が登場するとかしないとか?

  • エロすぎわろた。
    桜子はかわいいんだけど、反応がテンプレというか、マンガのコマをそのまま描写しました、みたいな表現なので、あざとい文章が嫌いな人は向かないだろうなあ。いやかわいいんですけどね。
    あと、絵はもうちょっとだけがんばってもらいたいです。

  • ニヤニヤしながら読んでた。魔王がいろいろ可愛い。やってることが迂遠すぎて人類滅亡の方法がわからないし。勇者とセットでようやく機能する魔王だが、正直勇者はおじゃま虫になってるな。シリーズ化するようで、次巻が楽しみ。

  • 魔王の可愛さがぱなくなっとる。自分の魔王像をちょこちょこと積み立てる様もほほえましい。
    次回出るのが確定? してる段ボール女が楽しみすぎる。なんかエロいw
    それにしても赤人さんの挿絵がけしからんくて素晴らしいのだけど、デッカー先生の絵が一枚もないのは納得できないw

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

「でぃ・えっち・えぃ」シリーズ、「司書とハサミと短い鉛筆」シリーズ、「魔王なあの娘と村人A」シリーズなど、多くの人気作を刊行。

「2018年 『迷宮料理人ナギの冒険3 ~開かない窓の向こうの故郷~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆうきりんの作品

魔王なあの娘と村人A 2〜牛と勇者とパンプキン〜 (電撃文庫 ゆ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×